死ぬまでに一度は行きたい!日本国内の“神秘的すぎる滝”5選

近くで見ると迫力満天な滝ですが、眺めていると不思議と心が洗われるような感じがしますよね。全国には滝を愛して止まない“滝マニア”が存在しますが、今回は、そんな滝マニアがオススメする日本国内の“神秘的な滝”を厳選して5カ所ご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

日本の絶景に、会いにいってみない?

日本国内には、自然が作り出した美しい絶景がたくさん存在します。大自然には、日々の悩みも不安も何もかも忘れさせてくれる不思議な力がありますよね。
高いビルに囲まれた都会で、毎日時間と〆切に追われた生活を送っているあなた。自然不足には、なっていませんか?
遠出をするのは面倒くさいかもしれませんが、大自然に触れると、なんだか心がスッキリした気持ちになれますよ。「明日もがんばろう」って思えるかもしれませんよ。

① 真名井の滝《宮崎県》

宮崎県・高千穂にある「真名井の滝」は、国の名勝・天然記念物にも登録されており、太陽の光が射すと神秘的で美しい光景が目の前に広がります。
遠くからの眺めも絶景なのですが、ボートに乗って滝の側まで近寄ることも可能です。下から見る滝も、これまた絶景!(※ボートは大人気なため、数時間待ち&早めに受付終了している場合多し)
高千穂の渓谷×17mの滝×新緑のコラボは、他ではなかなか見ることができない絶景!曇りでも十分綺麗でしたが、やはり晴れの日に行くのがベスト。

② 鍋ヶ滝《熊本県》

某お茶のCMで使用されたことでも有名な熊本県の「鍋ヶ滝」は、無数にある日本の滝の中でも第1位に輝いたことのある有名な滝です。
鍋ヶ滝の魅力は、なんといっても滝の後ろにまわることができるということ!目の前には水野カーテンが張っていて、滝ごしに見る森の緑が、これまた絶景。ゴーーーっという水の音にも癒されます。

③ 濃溝の滝《千葉県》

インスタグラムに投稿された一枚の写真が「神秘的で綺麗すぎる!」と話題になった、千葉県にある「濃溝の滝」。秘境感が漂う滝ですよね。
太陽の光が洞窟に差し込んだときには、もう別世界であるような信じられない絶景が目の前に広がります。癒しを越えて、感動すら覚えます。
今回紹介している滝の中でも、濃溝の滝は都心から約1時間ほどの距離にあるため、なかなか時間を取ることができない人にもオススメです。

④ 那智大滝《和歌山県》

全国にある滝の中でも、特に素晴らしいと有名なのが和歌山県にある「那智大滝」です。日光の華厳滝、茨城の袋田の滝と共に“日本三名瀑”に数えられています。
高さ・水量ともに日本一であると言われており、近くでみるとその迫力や威圧感が伝わってきます。写真ではなかなか伝わりにくいため、ぜひ生の滝を見に行ってみてください。

⑤ ピナイサーラの滝《沖縄県》

沖縄・西表島へ行ったら絶対に外せないのが「ピナイサーラの滝」です。車で行くことはできず、カヌーを30分ひたすら漕がなければいけないというのもこの滝の特徴。
カヌーで30分は少し大変かもしれませんが、マングローブの中を進んで行くので道中も楽しめると思います。ツアーに参加していくのがGood!
滝つぼは真下まで行くことができ、滝つぼに飛び込むことも出来ちゃいます。マイナスイオンを感じながら食事をとることも可能で、訪れる人が声を揃えて「よかった!」というのがここピナイサーラの滝です。

日々の疲労、ちゃんと取れてる?

仕事に追われた生活をしているあなた。たまには雄大な自然を眺めて、心からリフレッシュする時間も大切だとは思いませんか?週末は家に引きこもっているという方も、ぜひ一度壮大な滝を見に、遠くへ足を運んでみてください^^

このまとめ記事に関して報告する

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事