• はてぶ
  • あとで
福島の隠れアートスポットを探すアート旅おすすめスポット5選

今回の福島のアート旅は、猪苗代湖から喜多方のおすすめスポットをめぐります。隠れた地域の小さな美術館からお寺の美術館とさまざまな猪苗代湖周辺のアートをめぐり、最後は喜多方のアートのおすすめスポットをめぐるアート旅です。では、福島のアート旅ご覧ください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.正雲寺東山美術館(会津若松市)

千田@tonndemosennda
『これから行くところ』 福島の正雲寺 内観堂は内壁に地獄絵図が描かれ 天井には人が死して腐乱し 骨となって風化するまでを描いた九相図がびっしりと描かれている ♪(●^U^●) https://t.co/EBlla3h6c5

2016-03-23

東山ダムのさらに上流にある、お寺にある美術館です。美術館と仏像館があり、珈琲付です(笑

出典:minkara.carview.co.jp
福島のアート旅の初めは、珍しい寺院にある美術館の「正雲寺東山美術館」です。入り口の門もおもしろい形をしているのですが、美術館はご住職の住居を改装して建てられています。展示内容は充実していて穴場の美術館としておすすめスポットです。

基本情報

【名称】正雲寺東山美術館
【住所】〒965-0815福島県会津若松市東山町湯川角仏沢643
【電話】0242-28-1110
【開館時間】4月1日~12月1日08:00~17:00
【料金】美術館一人500円、仏像館一人500円、両館一人800円
【アクセス】【電車】JR磐越西線・会津若松駅車で約30分【車】常磐自動車道:会津若松ICから約1時間

2.はじまりの美術館(猪苗代町)

2014年6月、福島県猪苗代町に東日本大震災でも崩れずに残った酒蔵をリノベーションして「はじまりの美術館」がオープンした。地元住民がコンセプトから運営方法まで主体的に関わりながらつくり上げたアール・ブリュット美術館だ。

出典:www.nippon-foundation.or.jp

築120年の蔵を改築した、小さな美術館です。 人の表現が持つ力や、人のつながりから生まれる豊かさに視点を置き、さまざまな展覧会の場となり、地域の方の起点となる「誰もが集える場所」をめざしています。

出典:www.tif.ne.jp
福島のアート旅の2番目のおすすめのスポットは、十八間の蔵を改装してできた美術館「はじまりの美術館」です。めずらしいアール・ブリュット美術館です。アール・ブリュット(仏語)は「生の芸術」で、美術教育を受けていない人が生み出した絵画や造形のこといいます。

基本情報

【名称】はじまりの美術館
【住所】〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873
【電話】0242-62-3454
【開館時間】10:00 - 18:00
【休館日】火曜日(火曜日が祝日の場合、翌水曜日休館)
【料金】一般500円・中高生250円・65歳以上250円・小学生以下無料
【アクセス】【電車】猪苗代駅から徒歩25分【車】猪苗代磐梯高原ICから12分

3.諸橋近代美術館(耶麻郡(やまぐん))

正直見くびっていました。山道を登ると突然まるでおとぎ話の世界に紛れ込んだような、雪で装飾された洋館が見えてきました。内装も素晴らしく、ダリの作品を集めているとのことでしたが、相当数の作品が展示されており、数時間入り浸ってしまいました。

出典:www.tripadvisor.jp

私はダリが大好きで彼の作品があるこの美術館は最高でした。人もそれほど多くなく、ゆっくりと彼の作品を見ることができました。作品数も多く何時間でもいられますね。

出典:www.jalan.net
福島のアート旅の3番目は、サルバドール・ダリのコレクションの「諸橋近代美術館」です。ダリ美術館(米国フロリダ州)、ダリ劇場美術館(スペイン)に次ぐ規模の美術館でダリ好きにはたまらないおすすめのスポットです。

基本情報

【名称】諸橋近代美術館
【住所】〒969-2701福島県耶麻郡北塩原村桧原字剣ヶ峰1093番
【電話】0241-37-1088
【開館時間】9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】12月~4月中旬休館
【料金】一般950円、高校生・大学生 500円、小・中学生 無料
【アクセス】【電車】猪苗代駅からバス25分【車】猪苗代磐梯高原IC から約20分

4.うるし美術博物館(喜多方市)

館内はけやき造り・総漆塗りで、生涯を漆塗りに没頭した情念の塗師・田中亨の見事な乾漆美術品を展示し、2Fには漆の採取道具や漆器作りの道具を作業工程にそって展示し、漆の知識も得られる。

出典:www.1van.info

漆の作品には魅力が有りますが、なかなか手が出ませんでした。 おすすめは、お箸かなとおもいますが、お椀も良い物がありました。紅葉も栃木はまだまだでしたが、福島県側はちょうど良い見頃の始まりの様です。

出典:travel.biglobe.ne.jp
福島のアート旅の4番目は「うるし美術博物館」です。県内一と云われた大地主・風間善九郎邸の離れ屋敷を博物館にしています。けやき造り、総うるし塗りの美術品と作業道具を工程順に展示してあります。うるし美術に触れられる数少ないおすすめのスポットです。

基本情報

【名称】うるし美術博物館
【住所】〒966-0051福島県喜多方市東町4095
【電話】0241-24-4151
【開館時間】9:30~16:00
【休館日】無休
【料金】大人300円、小人200円(小中学生)
【アクセス】【電車】JR喜多方駅から車10分

5.喜多方市美術館

べっこー仮面@bekkokamen
会津の豆知識だべこ!「喜多方市美術館」喜多方で焼いた瓦を使用し 煉瓦蔵を積んで建築されていて概観がおされだべこ 家族で楽しめる展覧会も毎年企画されているから要チェックだべこ♪

2016-03-20

町からは少し離れますがかなり大きな美術館です。今回はロダンが展示されていましたが、常時ここだけの独自な企画展が行われているようです、よい美術館です。

出典:www.tripadvisor.jp
福島のアート旅の最後は、穴場的なスポット「喜多方市美術館」です。煉瓦蔵をイメージして作られた小さいですが町に溶け込んで趣のある美術館です。展示も地元に密着した作家の展示の企画などをしています。ラーメンを食べに来た時に気軽によれるおすすめスポットです。

基本情報

【名称】喜多方市美術館
【住所】〒966-0094喜多方市字押切2丁目2番地
【電話】0241-23-0404
【開館時間】10:00~18:00(展示室への入館は閉館の30分前まで)
【休館日】毎週水曜日、年末・年始
【料金】一般300円、大・高校生200円、小・中学生100円
【アクセス】【電車】JR喜多方駅から徒歩20分【車】磐越自動車道会津若松ICから 約19kmで20分

いかがでしたか?

福島の隠れアートスポットを探すアート旅おすすめスポット5選は、猪苗代湖から喜多方にかけてのおすすめスポットでした。展示内容、美術館の造りも個性がありとても興味をそそられるスポットでした。ぜひ、ご紹介した隠れアートスポットを訪れてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する