• はてぶ
  • あとで
珍しい、おもしろい三重のアート旅おすすめスポット5選

三重には、世界の珍しくおもしろいアートのおすすめスポットがたくさん。そのなかから5つ選んでアート旅としてご紹介します。 珍しい、おもしろい三重のアート旅おすすめスポット5選ご覧ください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.伊勢和紙館(伊勢市)

伊勢和紙館は、正式には大豊和紙工業と言いますが、とっても素晴らしいところ。神宮で扱っている和紙はほぼ、ここでつくられています。御札とか暦とか。

出典:ameblo.jp

手すき和紙のあたたかみと、写真のコラボレーションを観てきました。スゴイ迫力と芸術性に圧倒されました。

出典:gold.ap.teacup.com
三重のアート旅の初めは、日本の伝統の和紙の展示をしている「伊勢和紙館」です。和紙もそのガラとその和紙で作り上げる作品はアートです。和紙の製作工程も展示してありますのでみて触れてください。

基本情報

【名称】伊勢和紙館
【住所】〒516-0079 三重県伊勢市大世古1丁目10-30
【電話】0596-28-2359
【開館時間】9:30~16:30
【休館日】土・日・祝日定休、第2土曜と併設する伊勢和紙ギャラリーの展覧中は開館
【料金】無料
【アクセス】【電車】JR近鉄伊勢市駅から徒歩10分【車】伊勢自動車道・伊勢西ICから5分

2.ルーブル彫刻美術館(津市)

つきおさん@tanoko_3
三重県のルーブル彫刻美術館と大観音寺は、一度は行く方がよいと思われ。奇石もたくさんあります。 https://t.co/OiBrJSB2AD

2016-03-19

凛太郎@rintasoyama
ルーブル彫刻美術館。軽い感じかと思いきや、がっつり美術館。 まさかの黒川紀章デザインの建物だったそうで。。 最後の最後で、屋根の形に氣付く… https://t.co/0MSDMS4o0b

2016-03-19

入口を入ると、いきなり『ツタンカーメン王の黄金のマスク』『サモトラケのニケ』吹抜けから『十一面千手千眼観世音菩薩』いわゆる千手観音のお出迎えを受ける。ほぼこの3つで世界中を旅した気分になれます。

出典:www.jalan.net
三重のアート旅の2番目は、とてもおもしろい寶珠山大観音寺の境内にあるルーブル美術館公認の「ルーブル彫刻美術館」です。ルーブルの実物から型を取って実物と同じ大きさで再現しているそうです。必見の価値ありです。ぜひ、ご覧いただきたいおすすめスポットです。

基本情報

【名称】ルーブル彫刻美術館
【住所】〒515-2621  三重県津市白山町佐田1957
【電話】059-262-1111
【開館時間】9:00~17:00
【休館日】年中無休
【料金】大人:1,500円、子供:800円
【アクセス】【電車】近鉄榊原温泉口駅前下車徒歩【車】西名阪上野東I.Cから榊原温泉口駅前

3.式年遷宮記念神宮美術館(伊勢市)

伊勢神宮参拝の後に寄りました。広々とゆったりとした館内に迫力ある作品が並んでいました。工芸品が素晴らしく、目が釘付けになりました。

出典:www.jalan.net

平山郁夫画伯の「興福寺の月」といった日本画をはじめ、陶芸作品、漆塗りの棚、友禅訪問着など工芸作品も数多く展示。懐かしく感じるふるさとの風景、そこで暮らす人々、日本の優美な自然環境、ただただ美しい。

出典:ameblo.jp
三重のアート旅の3番目は、三重に行くなら必ず訪れて欲しい「式年遷宮記念神宮美術館」です。伊勢神宮の前回の20年式典の時に建てられた美術館です。ここは、もう何もいうことはないので、とにかく一度行ってみて感じてください。
【名称】式年遷宮記念神宮美術館
【住所】〒516-0016三重県伊勢市神田久志本町1754-1
【電話】0596-22-5533
【開館時間】9:00~16:30
【休館日】木曜(祝日の場合はその翌日)、年末3日間、臨時休館あり(展示替等)
【料金】単館券(美術館の観覧が可能)大人:500円、小中学生:100円、共通券(美術館と徴古館・農業館の観覧が可能)大人:700円、小中学生:200円
【アクセス】【電車】伊勢市駅からバスで「内宮前」で下車)【車】伊勢西ICから車で約5分

4.マコンデ美術館(伊勢市)

丁寧な解説つきで、ひじょうに見やすく展示されています。タンザニアのマコンデ族の美術品、彫刻は生命力にあふれていて、引き込まれました。絵画もカラフルで、かわいかったです。

出典:www.tripadvisor.jp

20年くらい前から気になっていたマコンデ美術館にようやく行くことができました。不思議な造形のマコンデ彫刻とカラフルでかわいい絵画が印象的でした。ミュージアムショップもあります。また機会があれば行きたいです。

出典:www.jalan.net
三重のアート旅の4番目は、かなり珍しい美術館「マコンデ美術館」です。展示してあるものがタンザニアのマコンデ高原に住んでいたマコンデ族の彫刻でとても珍しいものです。なかなかユニークな姿をしているものが多く、デートとかにはおすすめスポットです。

基本情報

【名称】マコンデ美術館
【住所】〒519-0601 三重県伊勢市二見町松下 三重県伊勢市二見町松下1799
【電話】0596-42-1192
【開館時間】9:00~17:00
【休館日】火曜日(但し祝日の場合は翌日に振替)、6月・12月の第2月曜日~金曜日
【料金】一般1,000円、高校生800円、小・中学生600円、幼児 無料
【アクセス】【電車】JR鳥羽駅三重交通バス伊勢市方面行きで池の浦下車徒歩3分
【車】伊勢道伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン経由20分

5.パラミタミュージアム(三重郡)

この美術館の名称は、メインコレクションである池田満寿夫氏による「般若心経シリーズ」から名付けられたとの事。

出典:www.zenbunka.or.jp

イオンの創業者が創設した岡田財団が運営する、この地方では有数の本格的なミュージアムです。常設の池田満寿夫「般若心経シリーズ」の他、常に企画展が開催されていて、レベルの高い作品が集められるいます。

出典:www.tripadvisor.jp
三重のアート旅の最後は「パラミタミュージアム」です。常設には、池田満寿夫の作品が展示され、企画展がとてもおもしろいのでお見逃しなく。また、パラミタガーデンがあり草花の中でくつろぐことができます。

基本情報

【名称】パラミタミュージアム
【住所】〒510-1245三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
【電話】059-391-1088
【開館時間】9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】年末年始
【料金】一般1,000円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
【アクセス】【電車】近鉄湯の山線「大羽根園駅」下車。西へ300m、【車】東名阪四日市I.C.から約6.5Km

いかがでしたか?

珍しい、おもしろい三重のアート旅おすすめスポット5選は、個性派のアートがそろっていました。ぜひ、三重のアート旅をお楽しみください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する