• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
神秘の力の通り道!最強パワースポット「セント・マイケルズ・レイライン」って?

「レイライン」とは、古代遺跡やパワースポットを繋いで描かれる直線のことで、神秘的な力が通っていると言われています。世界中に数あるパワースポット群「レイライン」の中でも最も有名なのが、イギリスの「セント・マイケルズ・レイライン」。ストーンヘンジなどの強力なパワースポットの数々がつながったルートをたどれば、きっとパワーがもらえるはず!

このまとめ記事の目次

「レイライン」って?

「レイライン(ley line)」とは、古代の遺跡群をつなぐように描かれる直線のこと。古代の遺跡は神秘の力の道に沿って建てられたと考えられ、東洋でいう「龍脈」や、日本の「太陽の道」に似た考え方。

レイという名称は、たまたま線上にレイと着く地名が多かったということ
また、語源的には「光」や「まっすぐな道」という意味もあるそうです

出典:mandalaya.com

賛否両論、諸説あり。

「レイライン」は1921年にイギリス人のアマチュア考古学者「アルフレッド・ワトキンス」によって発表されましたが、その真偽に関しては、賛否両論、様々な説があります。いまだに正しいとも正しくないとも証明されてはいませんが、有力な説には、「ニューエイジ」、「懐疑派」などがあります。

考古学: 考古学の新領域である考古測地学は、測地学を有史以前のものに適用し考古学的な知見を得るものである。近代測地学が優位であるのは一面にはその測量技術がある。測地学を用いて解析すると、レイラインと呼ばれるものは古代人が測量し、所有権を主張するために引いたか単に一般的な街道を作ったかしたものであろうと推察される。時代の新古を問わず多くの社会において、重要な地点同士を結ぶまっすぐな線は作られており、考古学者はこうした伝統があることを指摘している。近代的な測量により、地形においてもこうした直線性があることも確認されている。人の建造物と活動拠点の並びが、人が直線というものを利用していたということを反映しているのは妥当だといえる。

出典:ja.wikipedia.org

文明論: 多くの文化において、特徴的な地形を横切る直線というものは発見できる。南米では山頂を結ぶ直線がしばしば見受けられる。ナスカの地上絵は古代の長大な直線を語る上で有名な例だといえる。このまっすぐな道というのは今日ではメキシコのテオティワカンにある遺跡にも存在する。古代の道の上に作られた近代の道は二つの巨大なピラミッドの間を今は通っていないが。ニューメキシコ州北西のチャコ文明(Chaco Culture)においては、道をまっすぐに作るために砂岩絶壁を階段状に切り開いている。

出典:ja.wikipedia.org

ニューエイジ: レイラインやレイライン同士の交点は、風水・ダウジング・UFOのようなものを含む神秘的、超自然的なエネルギーに共鳴する地点だと考える人々がいる。およそ、UFOはレイラインに沿って航行する(車が道路を利用するように)、という風に。こうした主張はレイラインが電磁気的なエネルギーを有しているという想像の元に仮定されている。

出典:ja.wikipedia.org

懐疑派: レイラインの存在に懐疑的な者は往々にしてレイラインを疑似科学に分類する。彼らは古代文明がレイラインというものを意図的に作ったという説に懐疑的であり、レイラインなるものは超科学や疑似科学を必要とすることなしに説明できるだろうと考えている。

出典:ja.wikipedia.org
信じる信じないはそれぞれの自由ですが、実際に直線的に並んでいる遺跡群を見ると、神秘的な力が働いている可能性も一概に否定はできないな、とも感じます。

最も有名なレイライン「セント・マイケルズ・ライン」

そこで今回は、世界で最も有名なパワースポットの直線「セント・マイケルズ・レイライン(St. Michael's Ley Line)」を紹介します。

セント・マイケルズ・マウント

「セント・マイケルズ・レイライン」はその名の通り「セント・マイケル=聖ミカエル」にまつわる遺跡や教会が多く存在するラインですが、そのスタートとなるのがこの「セント・マイケルズ・マウント」。「モン・サン=ミシェル」とよく似た姿ですが、実際にケルト民族の信仰に根ざした由緒正しき聖地です。

グラストンベリー・トー

伝説や神秘的な逸話の多く残る聖地「グラストンベリー」、そしてその丘にたたずむ「グラストンベリー・トー」は、イギリス最大級のパワースポットとして有名。ここももちろん「レイライン」の直線上にあります。

アーサー王の墓が発見されたと言う修道院があったり、キリストの聖杯が隠されているといわれていたり、異界への入口と信じられていたりと神秘的な伝説に包まれる町

出典:tripplanner.jp

エイブベリーのストーンサークル

ストーンサークルと言えば「ストーンヘンジ」が有名ですが、エイブベリーのストーンサークルはそれよりもさらに巨大なサークルになっています。神秘のパワーも倍増している、かも?

「セント・マイケル・ライン」上に「エイブベリー」という、ストーンヘンジの親分のような遺跡があります

出典:truth.attraction-method.net

ストーンヘンジよりも大きくそして強力な磁場を感じるミステリーゾーンです

出典:mandalaya.com

シルベリーヒル

さらにエイブベリーの近くには「シルベリーヒル」という人口ピラミッドが。建造年は、おそらく紀元前2500年ごろと言われていますが、その目的は今もわかっていないんだとか。

シルベリーヒルという高さ40mを超える美しい人工ピラミッドがあります

調査で、内部構造は階層になっていて、紀元前2660年頃の築造と判ったそうです

出典:mandalaya.com

ストーンヘンジ

そして有名なパワースポット「ストーンヘンジ」もレイラインの中心を担う場所の一つ。観光地として人気の場所ですが、その神秘さからパワースポットとしても有名です。ロンドンからもアクセスしやすいので、一度は訪れてみたいですね。

これまた謎だらけの建造物です
紀元前3000年頃から1000年間造られたと考えられているそうです

出典:mandalaya.com

石柱をどうやって上に乗っけたのかとか、他にもいろんな法則があったりと本当に不思議だらけでパワーを感じられる気がしました

出典:www.tripadvisor.jp
他にも遺跡や洞窟、数多くの教会などが並ぶパワースポットの通り道「セント・マイケルズ・レイライン」。ヨーロッパには様々なレイラインがありますが、その中でも最も有名で見所も多い場所です。真偽のほどは定かではありませんが、観光としてでもリフレッシュのためでも、楽しめるツアーになるはずです。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する