広島に行くなら知っておきたい!「宮島」の本当の魅力とは

厳島神社に水族館、もみじ饅頭に牡蠣と、いつ訪れても楽しむことができるのが宮島です。何度訪れても飽きがこない!と感じている人も多いのではないでしょうか。このまとめでは、宮島に行くのなら知っていてほしい宮島の魅力や楽しみ方を紹介しています。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

何度訪れても面白い!「宮島」の魅力、教えます

国内だけでなく海外からの観光客からの評価も高い宮島。厳島神社の海に浮かぶ鳥居でも有名ですよね。島の14%が世界遺産に登録されているという宮島は、何度訪れても飽きることのない観光スポットなんです。

宮島の見どころ①海に浮かぶ鳥居が美しい!「厳島神社」

満潮時にも干潮時にも違った楽しみがあるのが厳島神社の嬉しいポイントです。干潮時に大鳥居の下まで行くと、大鳥居の大きさを実感することができます。宮島を訪れたなら必ず訪れたいスポットです。
【名称】厳島神社
【所在地】〒739-0588  広島県廿日市市宮島町1-1
【TEL】0829-44-2020
【営業時間】6:30~18:00(冬季は17:00まで)
【休業日】年中無休
【料金】大人 300円、小・中学生 100円
【アクセス】JR宮島口駅下車後船10分で宮島桟橋。宮島桟橋から徒歩15分

宮島の見どころ②「宮島水族館 みやじマリン」

「宮島まで来て水族館?」と思われる方もいるかもしれませんね。でも「宮島水族館 みやじマリン」は多くの観光客に人気の水族館なんです。ペンギンとのふれあいに、子供たちも大満足できること間違いなしです。
【名称】宮島水族館 みやじマリン
【所在地】〒739-0534 広島県佐伯郡宮島町10-3
【TEL】0829-44-2010
【営業時間】9:00~17:00(最終入館時間は16:00)
【休業日】12月26日~12月30日
【料金】大人 1400円
【アクセス】宮島桟橋より厳島神社方面へ徒歩25分

宮島の見どころ③「紅葉谷公園」

秋季限定ではありますが、宮島「紅葉谷公園」では見事な紅葉を楽しむことができます。燃えるような美しい紅葉を楽しめるとあって人気のスポットです。
【名称】紅葉谷公園
【所在地】〒739-0522 廿日市市 宮島町
【TEL】0829-44-2011
【アクセス】宮島桟橋から徒歩約20分。

「宮島」で迷ったらココ!おすすめグルメスポット

牡蠣を食べるならここで決まり!「牡蠣屋」

宮島といえば牡蠣が美味しいことでも有名ですよね。「牡蠣屋」では新鮮な牡蠣を楽しむことができます。昼前にはすでに行列ができているほどの人気店です。
【名称】牡蠣屋
【所在地】広島県廿日市市宮島町539
【TEL】0829-44-2747
【営業時間】10:00〜18:00
【休業日】不定休
【アクセス】宮島桟橋より徒歩7分、表参道商店街の真中あたり

広島県廿日市市宮島町539

3.51 19210
  • ¥2,000〜¥2,999
  • ¥2,000〜¥2,999

ここのもみじ饅頭は一味ちがう!「紅葉堂 本店」

広島県のスイーツといえばもみじ饅頭が有名ですが、「紅葉堂 本店」では揚げもみじを楽しむことができます。宮島観光の途中で小腹が空いたら、揚げもみじを楽しみましょう。
【名称】紅葉堂 本店
【所在地】広島県廿日市市宮島町448-1
【TEL】0829-44-2241
【営業時間】8:30~18:00頃
【休業日】不定休
【アクセス】宮島桟橋から徒歩10分。表参道商店街沿い、厳島神社寄り。

広島県廿日市市宮島町448-1

3.63 32249
  • 〜¥999

宮島へのアクセス

【名称】宮島
【所在地】広島県廿日市市宮島町
【TEL】0829-44-2011 (宮島観光協会)
【アクセス】JR宮島口駅から徒歩5分の宮島口桟橋よりJR宮島航路、宮島松大観光船のフェリーで10分、宮島桟橋下船
いかがでしたか?宮島の魅力や楽しみ方を紹介させて頂きました。何度訪れても新しい楽しみ方を発見できる、そんなところが宮島の魅力なのかもしれませんね。広島観光の際にはぜひ参考にして下さいね。

このまとめ記事に関して報告する

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事