• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ピーターラビットに会うなら今年がおすすめ!イギリス湖水地方20の人気観光スポット

イギリスで最も美しい風景のある場所と言われるイギリス湖水地方。有名な絵本「ピーターラビット」の作者「ビアトリクス・ポター」はイギリス湖水地方の自然を愛しここで長く生活しました。そしてなんと2016年はビアトリクス・ポター生誕150周年という特別な年なんです!これを記念してイギリス湖水地方のゆかりの場所では特別な催しがたくさん行われています。 今年絶対に行ってほしいイギリス湖水地方のおすすめ人気観光スポットを20ヶ所厳選してご紹介します。

このまとめ記事の目次

イギリス湖水地方って?

英国イングランド北西部、カンブリア地方の中心部。標高1000メートル程度のカンブリア山地に多数の湖が点在する。美しい自然景観が広がる国立公園に指定され、同国屈指の観光地域になっている。

出典:kotobank.jp

絵本「ピーターラビット」の世界はイギリス湖水地方で育まれた!

ビアトリクス・ポターも湖水地方に暮らした著名人のひとり。世界中の子供たちに愛され続ける小さな絵本シリーズと、何より愛らしいキャラクター、ピーターラビットが生まれたのは、湖水地方に対するビアトリクスのひたむきな愛があってこそでした。

出典:www.kosuichihou.com

ディーン・フジオカさんがオフィシャルサポーター!

2016年8月9日~10月11日Bunkamura ザ・ミュージアムで開催される「ピーターラビット展」のオフィシャルサポーターにディーン・フジオカが就任した。

出典:spice.eplus.jp
ディーン・フジオカさんがイギリス湖水地方を実際に訪れた感想
「"Lovely"ですね。イギリスでは男女ともに言うんですよね。自分はアメリカの時間が長くて男は"Lovely"とか言わないでしょと思うんですけど、でもあの景色を見るとみんな"Lovely"になっちゃうんですよね。」

(テレビ番組「羽鳥慎一モーニングショー」 2016年4月4日(月)放送より引用)

東京都くらいの広さがあるのでプランをしっかり練りたい!

美しい山々と渓谷に囲まれ、500以上の湖沼が点在する湖水地方は、平坦な牧草地が多いイングランドでは珍しい地形です。広さはほぼ東京都と同じくらい。

出典:tabiisara.com

1.ビアトリクス・ポター世界館 / Bowness-on-Windermere

人形とジオラマでビアトリクス・ポターや彼女の絵本ピーターラビットの世界を解説してくれる人気観光スポットです。物語のシーンを人形をつかって再現しているのですが実際に見てみるとやわらかい表情でよくできています。ビデオや解説のデジタルスクリーンには日本語訳も用意されており、ビアトリクス・ポターのことをよく知らない人におすすめです。ショップも充実しているのでイギリス湖水地方のおみやげはぜひここで買いたいですね。

そしてなんといっても2016年はビアトリクス・ポター生誕150周年、さらにはこの施設の開館25周年と記念の年になっており特別イベントも開催されていますので特におすすめです!

基本情報

英語名:World of Beatrix Potter
住所:Crag Brow, Bowness-on-Windermere, Cumbria LA23 3BX, United Kingdom
料金:大人/子ども、£6.75/3.50
営業時間:10am-5.30pm(4〜9月)、10am-4.30pm(10〜3月)
TEL:08445 504 1233

2.ビアトリクス・ポター ギャラリー / Hawkshead

ビアトリクス・ポターのスケッチなどの絵画が展示されているギャラリーです。2016年はビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念してビアトリクスの自然への愛をテーマに「リアリズムとロマンス」と題した特別展を開いています。もともとイギリス湖水地方の人気観光スポットでしたが今年は特におすすめの場所です。

基本情報

英語名:Beatrix Potter Gallery
住所:Beatrix Potter Gallery, Hawkshead, Ambleside, Cumbria, LA22 ONS
TEL:015394 36355
営業時間:10am-5pm
定休日:金曜日

3.ヒル・トップ / Near Sawrey

イギリス湖水地方に魅了されたビアトリクス・ポターは絵本「ピーターラビットのおはなし」の収益で「ヒルトップ農場」を買い取り、ニアソーリー村の家で後半生を過ごしながら絵本の続編の制作に取り組みました。ビアトリクス・ポターの遺言に従い、彼女の死後はナショナル・トラストが管理しポターの暮らした風景をほとんどそのままに残しています。それは「ビアトリクス・ポターの一生のタイムカプセル」と呼ばれるほどです。ビアトリクス・ポターの過ごした世界を知るのに「ヒルトップ」ほど適した場所は他にありません。すべての方におすすめしたい人気観光スポットです。

基本情報

英語名:Hill Top
住所:Hill Top, Near Sawrey, Cumbria, LA22 OLF
TEL:015394 36269
営業時間:10am-5pm
定休日:金曜日(ファームハウスのみ休業、庭園とショップは利用できます)

4.バックル・イート / Near Sawrey

17世紀に建てられたコテージで、イギリス湖水地方をこよなく愛したビアトリクス・ポターはこの家を絵本のモデルに利用しました。現在はホテルとして営業していて、外観、内装ともにこれぞイギリスと感じるようなしつらえになっています。無線LAN利用化でフェリーハウスから無料でピックアップしてくれることもあり快適に過ごせるのでおすすめです。
このホテルが単なる宿泊施設ではなくイギリス湖水地方の人気観光スポットになっているのは絵本のモデルになったからに他なりません。ビアトリクス・ポターの絵本『こねこのトムのおはなし』では家の全景が描かれています。
入り口の柵や前庭は『パイがふたつあったおはなし』のモデルとなりました。

基本情報

英語名:Buckle Yeat
住所:Near Sawrey, Hawkshead, Ambleside, Cumbria, England LA22 0LF
TEL:015394 36446

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する