• はてぶ
  • あとで
いまさら聞けない!横浜赤レンガ倉庫を楽しむ20の方法

横浜を代表する施設「横浜赤レンガ倉庫」。 横浜に遊びに来たことがある人なら一度は訪れたことのある場所ではないでしょうか。 あまりにも有名だけど、実は楽しみ方がわからない人はいるのではないでしょうか。 そんな人たち必見!横浜赤レンガ倉庫を楽しむ20の方法を紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】イベント広場のイベントを楽しむ(フリューリングフェスト)

横浜赤レンガ倉庫を楽しむ方法のまず一つ目は、イベント広場です。
一号館と二号館にある広場はイベントをやっていない時のほうが少なく、一年を通してイベントがあります。
直近のイベントではドイツビール祭りであるフリューリングフェストがおすすめです。

基本情報

住所:赤レンガ倉庫 イベント広場
営業時間:
2016年4月29日(金・祝)~5月8日(日)11:00~21:30
※アトラクションは11:00~18:00
※4月28日(木)19:00~プレオープン
※荒天の場合、中止することがあります
※アトラクションは天候によって休業する場合があります
電話番号:045-227-2002

【2】音楽フェスを楽しむ(Green Room)

画像はイメージです

音楽フェスは音の関係があり、都心から離れたところでやることが多いですが、実は横浜赤レンガ倉庫で行っている音楽フェスがあります。
横浜赤レンガ倉庫に建設される特設のステージで繰り広げられる最高のライブ。その時にしか楽しめない雰囲気に浸るのも楽しみ方の一つです。

基本情報

住所:赤レンガ地区野外特設会場
営業時間:2016年5月21日(土)、22日(日)
電話番号:03-6692-0939

【3】歴史的建造物の写真を撮る

歴史的建造物でもある横浜赤レンガ倉庫は横浜のシンボルの一つであることは言うまでもありません。
せっかく横浜赤レンガ倉庫まできたのなら、ぜひその美しい外観を写真にとって思い出の一ページを刻んでください。
思い出作りも楽しむ方法の一つです。

基本情報

住所:赤レンガ倉庫
営業時間:特になし
電話番号:045-226-1910(撮影許可を取る場合)

【4】風を感じながら外の芝生でのんびりする

晴れた日には横浜赤レンガ倉庫の隣にある赤レンガパークをお散歩するのがハマっ子の楽しみ方です。
サンドイッチをもってピクニックに行けば、大さん橋に入港する船を眺めることもできます。

基本情報

住所:赤レンガパーク
営業時間:年中無休
電話番号:045-226-1910

【5】1号館の展示を鑑賞する

横浜赤レンガ倉庫は二号館でショッピングするのが定番の楽しみ方ですが、たまには一号館で展示物を鑑賞してみませんか。
一号館の展示は時期によって異なるので事前にチェックしておくのがベストです。

基本情報

住所:赤レンガ倉庫一号館 
営業時間:10:00~19:00
電話番号:045-211-1515

【6】赤レンガでしか買えない限定のお土産を探す(赤い靴の女の子)

横浜のシンボルである赤い靴の女の子が名前になっているこのショップでは、横浜土産を買うことができます。
このお店でしか買えない限定品もあるので、里帰りの際のお土産購入におすすめです。

基本情報

住所:赤レンガ倉庫二号館 2階
営業時間:11:00~20:00
電話番号:045-663-3688

【7】世界一の朝食を食べる(bills)

横浜赤レンガ倉庫で世界一の朝食を味わってみませんか。
マスメディアでも取り上げられたbillsの朝食は赤レンガを楽しむ方法からは外せないスポットです。

基本情報

住所:赤レンガ倉庫二号館 1階
営業時間:9:00~23:00 (L.O. 【フード】22:00【ドリンク】22:30)
電話番号:045-650-1266
ikyuRestaurantで見る

神奈川県横浜市中区新港1-1-2横浜赤レンガ倉庫2号館

3.97 52250

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する