• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ポルトガル観光は今アツい。“ポルトガル”に行くべき8つの理由とは

ポルトガルと聞いてみなさんは何をイメージしますか?日本からの観光客は少ないのですが、ヨーロッパの人々は誰もが惚れてしまっていてリピーターも多い「ポルトガル」。街は美しく自然にも恵まれていて、人も優しく、食べ物も美味しい魅力で溢れています。そんな誰もが惚れてしまう「ポルトガル」に訪れるべき8つの理由をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

そもそもポルトガルってどこ?

ポルトガルは西ヨーロッパにあるイベリア半島に位置する、ユーラシア大陸最西端の位置しています。首都はリスボンで、かつてはヨーロッパ主導の大航海時代の先駆者ともなりました。大航海時代に世界の歴史の中心であったポルトガル。当時の華やかな面影を今に伝える豊かな歴史遺産が点在していて実は見所満載の国なのです。

ポルトガルってどんな国?

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

皆大好きなエッグタルトは実はポルトガルで一番メジャーなお菓子の一つ。そんなポルトガルはヨーロッパの中でも比較的治安が良いと言われています。しかし、スリなどには他のヨーロッパの国々と同様気をつけなければいけません。言葉はポルトガル語ですが、多くの人が英語を話せるそうです。ポルトガル人は親切な人が多いため困っている時に道を教えてくれたり、切符の買い方を教えてくれる人が多いそう。人々は陽気でニコニコしている人が多く街を歩いてるだけでテンションがあがるかも。

ポルトガルへの行き方

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

ポルトガルへ行くときは飛行機で東京からポルトガルの首都リスボンへ行くことをおすすめします。日本からポルトガルは少し距離があるため、直行便はなく乗り換えでいくことになります。1番多いのは日本からヨーロッパのどこかの国で乗り換えをしてヨーロッパのどこかの国からポルトガルへ行く方法。だいたい乗り換えも合わせると15時間から23時間くらいかかります。少し遠いですが、これを読めばあなたもポルトガルに行きたくなるはず...!

① リスボンの街並みが素敵すぎるから

リスボンはポルトガルの首都であり、さまざまな味覚とセンスにアピールするさまざまな顔をもつ中心地。ヨーロッパのどの場所にもない独特の雰囲気を持ち合わせています。お決まりの観光ツアーやバスで街をぐるりと一周するよりも、カフェで休憩しながらぶらぶら街を歩き回ったり、トラムやケーブルカーに乗って暮らすように旅するのがオススメ。
リスボンの旧市街は全体が丘になっていてアップダウンが激しいため市民の足としてケーブルカーが大活躍しています。そしてこのケーブルカーが素朴でかわいらしい街並に見事にマッチしてリスボンでしか見られないステキな風景を生み出しているのです!
  • 1100-038 Lisboa
  • +351 210 312 700

② ポルトでアクティブに観光できるから

ポルトガルの第1の都市であるポルトもとても大人気な観光地。ポルトでもたくさん歩いて、できるだけ街を多く探検することをおすすめします。実は、ポルトでヴェネチアでも人気のゴンドラに乗ることができるのです。ゴンドラに乗って観光なんてしたことがない人も多いのではないでしょうか?ぜひ乗ってみて、ゴンドラからのポルトの景色を楽しんでくださいね。
ポルトの観光で1番おすすめなのはなんといっても美しいポルト歴史地区です。こちらの歴史地区を上から見れるロープウェイが大人気のアクティビティ。普段は見ることのできないような角度と高さから街を見ることができます。ぜひ乗ってみて、ポルトの街並みを堪能してみてくださいね。
  • deMouzinhodeAlbuquerque136,4050-327Porto,ポルトガル

③ オビドスが天国と錯覚してしまうほど可愛い村だから

オビドスは丘の上にある城壁に囲まれた小さな村です。中世の頃の面影を残したこの村は「谷間の真珠」と呼ばれているそうです。城壁の中の街は白い壁のお家や青や黄色のペイントが塗られていたり、お花が飾ってあったりととてもかわいい街並みです。おとぎ話の絵本から出てきたかのような世界観が広がっています。
かわいらしい街並みをなんども散歩しても飽きないのでゆっくりと時の流れを忘れて散歩をすることおすすめします。そしてせっかくオビドスに来たのならやりたいのが、古城でランチを楽しむこと。中世の雰囲気漂っていて、今にでも王子様が出てきてしまいそうな古城で優雅にご飯を食べてみてはいかがでしょうか?
  • 2510-001 Óbidos Portugal
  • Paco Real 2510, Obidos 2510-999, Portugal
  • +351 262 955 080

④ 世界遺産の街シントラで個性的な建築物を見ることができるから

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する