• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
女子旅で行きたいクロアチア!おすすめ観光スポット20選

美しいアドレア海に面したクロアチア。歴史ある建造物や大自然など、魅力的な観光スポットが盛りだくさんで近年観光客に大人気の国です。このまとめでは、女子旅で絶対に楽しめるクロアチアのおすすめ観光スポットをご紹介します。旅行に行かれる際は是非参考にしてみてくださいね!

このまとめ記事の目次

1. ドゥブロヴニクの城壁

クロアチアといえば、城壁に囲まれ町全体が世界遺産のドゥブロヴニクが有名です。ドゥブロヴニクへ訪れるなら、まずこの城壁をぐるりと一周してみましょう。「アドリア海の真珠」とも称される絶景を楽しむことができます。

城壁開放時間

1月1日~2月28日:10:00~15:00
3月1日~3月31日、11月1日~12月31日:9:00~15:00
4月1日~5月31日:9:00~18:30
6月1日~7月31日:8:00~19:30
8月1日~9月15日:8:00~19:00
9月15日~10月31日:9:00~18:00
閉鎖日:なし ※悪天候の場合は急遽閉鎖される場合があります。

2. ドゥブロヴニク旧市街

城壁から素晴らしい眺めが楽しめるのはもちろん、町の中も見所がいっぱいのドゥブロヴニク。町歩きも楽しめる女子旅にぴったりなおすすめ観光スポットなんです。中世にタイムスリップしたかのような、可愛らしい路地を散策するのも楽しいですね。

ドゥブロヴニク旧市街は世界遺産に登録されており、「プラツァ通り(Placa Thoroughfare)」や「スポンザ宮殿(Palača Sponza)」など、おすすめ観光スポットがたくさんあります。

世界遺産基本情報

英名:Old City of Dubrovnik
仏名:Vieille ville de Dubrovnik
登録年:1979年
拡張年:1994年
登録基準:文化遺産(i)(iii)(iv)

3. フランシスコ会修道院(Franciscan Monastery)

14世紀に建てられたフランシスコ会修道院は、ドゥブロヴニクがいかに福祉や医療、薬学のレベルが高い町だったかを象徴する建物です。

ルネサンス様式とロマネスク様式の美しい回廊に囲われ、当時修道女たちが薬草を育てていた中庭が14世紀から変わらぬまま姿を残しています。

驚きなのは院内にあるマラ・ブラチャ薬局が1317年から今でも営業中である事。人気のハーブを使った自然はコスメが販売されているクロアチア最古のこの薬局、女子旅では是非訪れたいおすすめ観光スポットです。

マラ・ブラチャ薬局(Ljekarna Mala Braca)

住所:Placa ulica 2
TEL:020-321-411
営業時間:平日7:00~19:30、土曜7:30~14:00
定休日:日曜

4. ディオクレティアヌス宮殿(Diocletian's Palace)

アドリア海東海岸の半島に位置するスプリトには、古代ローマ時代に建てられた巨大なディオクレティアヌス宮殿があります。キリスト教徒を迫害した事で有名なディオクレティアヌス帝が晩年を過ごすために築いたもので、世界遺産に登録されています。

見所は「地下」にある宮殿。もともとは地上に建っていたと考えられており、掘り起こされたのはなんと1956年!保存状態が大変よく、ローマ時代の様子を現代に伝えています。

開館時間

4月:9:00~19:00
5月:8:30~20:00
6~9月:8:30~21:00
10月:8:30~20:00
11月~3月:9:00~17:00
※日曜日は9:00~14:00
※1月1日、12月25日、イースター(移動祝祭日)は閉館

5. 古都トロギール

クロアチアを訪れるなら、「古都トロギール」も絶対に外したくないおすすめ観光スポットです。古代ギリシャ、古代ローマ、ヴェネチア共和国によって支配され、豊かな文化が色濃く残るこの港町は、ユネスコ世界遺産に登録されています。

旧市街には、ロマネスク様式、ルネッサンス様式、バロック様式など様々な様式の建物がひしめき合い、歴史に翻弄されたこの町を象徴しています。

世界遺産基本情報

英名:Historic City of Trogir
仏名:Ville historique de Trogir
登録年:1997年
アクセス:スプリット旧市街のバスターミナルからバスに乗り、約45分
登録基準:文化遺産(ii)(iv)

6. 聖ロブロ大聖堂(The St. Lawrence Cathedral)

トロギールの中心地にそびえ立つ聖ロブロ大聖堂。13世紀から17世紀までの長い建設時間を経て、ロマネスク、ゴシック、ルネサンスなど、異なる建築様式が混在しています。

入り口の門に施されたライオンに乗ったアダムとイヴのレリーフは、ロマネスク美術の傑作として有名です。鐘楼に上がれば、アドリア海に映える古都を一望することができます。

基本情報

聖ロヴロ大聖堂(St. Lawrence's Cathedral)
住所:trg Ivana Pavala II, 21220 Trogir

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する