落花生だけじゃない!買ってみたい千葉の人気お土産ランキングTOP15

千葉県に行った時に迷うのがお土産選び。千葉県といえば落花生のイメージが強いですが、何もそれだけではありませんよ!あまり知られていない千葉県のオススメのお土産TOP15を2020年最新版ランキング形式でご紹介します。(情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【第1位】なごみの米屋「ぴーなっつ最中」

ぴーなっつ最中 12個詰 1,950円

千葉の人気お土産ランキング第1位は、なごみの米屋の「ぴーなっつ最中」です。千葉県の名物といえばやっぱり落花生ですよね。こちらはそんな落花生に模したお菓子で、中には白餡をベースとしたぴーなっつの甘煮の餡がたっぷり入っています。
ピーナッツの上品な風味を十分に感じられると評判になっています。1個売りから24個詰めまであるので、少し自分で食べたい方、バラまき用に考えている方などどなたでも利用しやすいですね。落花生の形をした箱、キャラクター「ぴーちゃん」の可愛らしいパッケージも人気の理由の一つです。

詳細情報

【第2位】オランダ家「楽花生パイ」

楽花生パイ 15個入り 2,851円

続いて第2位は、オランダ家の「落花生パイ」です。バターたっぷりのサクサクのパイの中には密漬けにした千葉県名物の落花生入りの餡が入っています。もちろん千葉県産の落花生を100%使用。日持ちは20日程度と余裕があるので、すぐに会えない方へのお土産にもぴったりですね。
パイは四角い形をしており、パイ生地のバターの上品な風味が漂います。密漬けにされたことで落花生は柔らかくなっており、小豆と見事に融合してなめらかな食感となっています。ちょっとだけ温めて食べるのが県民おすすめの食べ方だそうです。ぜひ千葉県へ遊びに行った際には食べてみてくださいね。

詳細情報

千葉県我孫子市緑2-11-43

3.00 02
  • 〜¥999

【第3位】亀屋本店「まるごとびわゼリー」

お中元ギフト まるごとびわゼリー 2,916円

第3位は、亀屋本店の「まるごとびわゼリー」です。びわは落花生に続く千葉の名産品なんです。それにちなんで、びわをまるごと使った贅沢なゼリーとなっています。みずみずしく柔らかいびわをそのまま閉じ込めたこちらのゼリーはすっきりとした味わいとなっており、びわを堪能することができます。
びわが1粒、2粒、4粒と数が異なるもの、お徳用のパックなど種類豊富にあるので、用途に合わせて選べます。亀屋本店では「まるごとびわゼリー」の他にも、角切りにされたびわが入っている「飲むびわゼリー」もあります。のどごしが良くすっきりとしているのでこちらもおすすめです。

詳細情報

【第4位】なごみの米屋「栗むし羊羹」

栗むし羊羹 2本詰 2,617円

続いて第4位にご紹介するのは、なごみの米屋の「栗むし羊羹」です。栗がたっぷりと贅沢に使われたむし羊羹となっています。控え目で上品な甘さがちょうどよく、小豆と栗の素材の味を十分に引き出しています。ごろごろと入った栗の存在感が大きいです。
口に入れた瞬間に広がる小豆の甘みと栗の食感がたまりません。蒸して作られているので、少しもっちりとした食感も特徴的です。3週間ぐらい日持ちするので、すぐに食べきらなくても大丈夫。千葉を訪れたらぜひ買って帰ってほしいお土産の一つです。

詳細情報

【第5位】柏屋米菓手焼本舗「ぬれ煎餅」

ぬれせん 10枚入 1,080円

続いてご紹介するのは、柏屋米菓手焼本舗の「ぬれせん」です。これはもともとおまけとして配布していたことから始まり、柔らかい煎餅は珍しいということで徐々に口コミが広がり、のちに商品化されました。そんな「ぬれせん」は、熱いうちに醤油に浸して作られます。
バリッと硬い食感が特徴だった煎餅の常識を覆した「ぬれせん」は、醤油が芯まで染み込んでおり少し塩辛いのが特徴です。柔らかくもちもちとした食感がクセになります。また、「わりわり」という煎餅を小さく砕いた商品も柏家の名物なので、ぜひお試しください。

詳細情報

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する