• はてぶ
  • あとで
ドイツの魅力があふれる!街の中心・レーマー広場からフランクフルト観光を始めよう

フランクフルトは文豪ゲーテのふるさと。街のシンボルでもあるレーマー広場はいつも賑やかで、観光客がたえない場所です。レーマー広場を起点に、中世の魅力と近代的な雰囲気あふれるフランクフルト観光をしてみましょう!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ドイツ有数の大都市・フランクフルト

フランクフルトは、ドイツの金融の中心地で最先端のビジネス都市という顔と中世には神聖ローマ帝国皇帝の載冠式など重要な儀式が行われた、1200年もの歴史を持つ古都という顔を持っている。

出典:blog.arukikata.co.jp

名物のメッセ(大市)は王の庇護のもと、13世紀ごろから活発に行われるようになり、現在では毎年大規模な見本市が数多く開催されている。

出典:www.jtb.co.jp
欧州中央銀行の本拠地でもあるフランクフルトはドイツの金融と商業の中心であり、高層ビルが立ち並ぶ風景とレーマー広場のような伝統的な風景が入り交ざっている都市です。

レーマー広場は歴史を感じられる場所

レーマー広場は、見所が集積しているアルトシュタット(旧市街地)の中心となっている広場で、14世紀の市庁舎(レーマー)前に広がる広場です。

出典:photohito.com

レーマー広場の中央には公正を表す天秤を持った正義の女神の像と噴水がある。

出典:www3.kyukyo-u.ac.jp

現在のレーマー広場に位置し、ユニークな建築様式の建物は、15〜18世紀に建てられ、旧市庁舎は、神聖ローマ帝国皇帝が戴冠式が終わった後、華やかな祝宴を開催したところです。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp
レーマー広場には旧市庁舎や可愛らしい木組みの家が立ち並んでいます。広場周辺には博物館や大聖堂などの見どころも豊富です。

レーマー広場の見どころ~周辺の観光スポット~

レーマー(旧市庁舎)

フランクフルトで最も需要な建造物の一つであるレーマーは、3軒並ぶ、切り妻屋根がとても美しく印象的な建造物です。

出典:fishand.tips

旧市庁舎は現在、2F部分のみ一般公開されています。神聖ローマ帝国皇帝の戴冠の祝宴が開かれた皇帝の広間「皇帝の広間」もここにあり、見学したい場合は向かって左側の路地から中庭に入り、料金を支払って内部に入ることができます。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp
レーマー(旧市庁舎)向かいにある木組みの家にはレストランやお土産店が入っています。観光の後はレストランで休憩しながらのんびり過ごしてみてはいかがでしょう。
レーマー(旧市庁舎)
【所在地】Römerberg 27, 60331,Frankfurt am Main
【開館時間】10:00-13:00、14:00-17:00
【入館料】一般2€、学生0.5€
【アクセス】(市電)Roemer-Paulskirche駅より徒歩1分

ゲーテハウス・ゲーテ博物館

「若きウェルテルの悩み」をはじめとする数多くの小説で、世界的に知られるドイツ生まれの詩人、小説家、政治家、及び法律家でもあったゲーテの生家。

出典:fishand.tips

博物館にはゲーテと同時代に活躍したり、ゲーテと親交があった画家の作品や、ゲーテゆかりの品々が展示されている。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp
ゲーテハウスは、フランクフルトの名家で生まれたゲーテが少年時代を過ごした家です。隣接するゲーテ博物館から入場します。
ゲーテハウス・ゲーテ博物館
【所在地】Großer Hirschgraben 23-25, 60311,Frankfurt am Main
【開館時間】月~土:10:00-18:00、日・祝日:10:00-17:30※入場は閉館30分まで
【入館料】一般7€、学生3€
【アクセス】Hauptwache駅より徒歩5分

大聖堂

11人の神聖ローマ帝国皇帝がこの場所フランクフルト大聖堂で戴冠式を挙行するほど、中世の時代には重要な位置にあった。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp

フランクフルト皇帝大聖堂は、フランクフルトの歴史を語る上で、欠かせない存在であることが想像できると思います。

出典:fishand.tips
フランクフルトの大聖堂は「カイザードーム(皇帝の大聖堂)」とも呼ばれています。大聖堂の左側にはドーム博物館が隣接しています。
大聖堂/ドーム博物館
【所在地】Domplatz 1, 60311 ,Frankfurt am Main
【開館時間】大聖堂<月~木・土9:00-12:00/14:30-18:00、金・日・祝14:30-18:00>
ドーム博物館<火~金10:00-17:00、土・日・祝11:00-17:00>
【アクセス】Roemer駅、(市電)Roemer-Paulskirche駅より徒歩3分

レーマー広場の見どころ~クリスマスマーケット~

1393年以来続くフランクフルトのクリスマスマーケットは最も古く、美しいものの1つで、毎年世界中から300万人以上の人々が訪れます。

出典:www.japan.diplo.de

広場いっぱいのお店で、見ているだけでもとても幸せな気持ちに成ります。夜はイルミネーションと、広場を囲む歴史有る建物で、時代をタイムスリップしたかのよう。

出典:www.tripadvisor.jp
ドイツのクリスマスマーケットは一度は見ておきたいイベントです。特に、レーマー広場のレーマー(旧市庁舎)ほどの高さがある巨大ツリーは圧巻です。

レーマー広場までのアクセス

【フランクフルト空港からフランクフルト中央駅】
Flughafen-Regionalbahnhof(フランクフルト空港)駅からHauptbahnhof(フランクフルト中央)駅までは電車で約10分。Sバーンの8番(Hanau Hbf行)・9番(Offenbach Ost行)のどちらかに乗車します。
【フランクフルト中央駅からレーマー広場まで】
レーマー広場の最寄駅はRoemer-Paulskirche駅です。Hauptbahnhof駅から市電⑪番に乗りRoemer-Paulskirche駅まで約5分で到着します。
レーマー広場について、いかがでしたか?フランクフルト市街は空港からの利便性も良く、ドイツ旅行の起点として利用する観光客も多いです。フランクフルトを訪れた際は、ぜひレーマー広場に足を運んでみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する