• はてぶ
  • あとで
週末女子旅は石川へ!心もカラダもキレイになるおすすめ観光スポット20選

北陸新幹線の開通で、週末女子旅スポットとして大注目エリアの石川県。麗しの古都・金沢を中心に、女子の旅ごころくすぐるおすすめ観光スポット20選をご紹介します。定番から最新ビューティースポットまで、キレイあふれる石川の魅力を堪能できるおすすめ女子旅観光スポットです。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.兼六園(金沢)

まずは金沢で一番人気の観光スポット、兼六園です。日本三名園のひとつである回遊式の庭園は、日本の四季の美しさを感じられる空間。園内に復元された茶屋「時雨亭」では、抹茶や煎茶が和菓子つきでいただけます。季節ごとに変わるという和菓子もお楽しみのひとつです。

基本情報

【住所】石川県金沢市丸の内1番1号
【電話番号】 076-234-3800
【開園時間】3月〜10月15日 7:00〜18:00
      10月16日〜2月末日 8:00〜17:00
【入園料】大人(18歳以上)310円 小人 100円
【呈茶料】抹茶720円(オリジナル生和菓子つき) 煎茶310円(和菓子つき)

2.ひがし茶屋街(金沢)

城下町らしい風情あふれるひがし茶屋街は、女子旅必須のお散歩スポット!格子戸と石畳の町並に、古い町家を改装したカフェやお店が建ち並んでいます。路地裏で素敵なお店に出会うのも旅の醍醐味。夕暮れには街灯がともり、まるでタイムスリップしたような感覚になります。

基本情報

【住所】石川県金沢市東山1丁目
【アクセス】橋場町 ― 兼六園下・金沢城 周遊バス右回りまたは北鉄路線バスで5分

3.泉鏡花記念館(金沢)

金沢の文豪・泉鏡花の生家跡に建つ記念館。幻想的で美しい小説を多く残した鏡花のエッセンスに出会えます。館内ショップには、記念館が編纂したオリジナル文庫もあります。鏡花が描く美しい女たちの物語に思いをはせながら、ゆかりの地をめぐる女子旅も素敵ですね。

基本情報

【住所】石川県金沢市下新町2番3号
【電話番号】076-222-1025
【営業時間】午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休館日】年末年始(12月29日~1月3日)および展示替え期間中
【入館料】一般 300円
     65歳以上・障害者手帳をお持ちの方およびその介護人(祝日無料)200円
     高校生以下 無料

4.茶屋美人(金沢)

古い茶屋をリノベーションした素敵空間の「茶屋美人」は美のテーマショップ!女子旅なら絶対チェックしたい話題のビューティースポット。オリジナル金箔コスメは、パッケージも可愛くてお土産にもぴったりです。「美の茶」など美をチャージできるドリンクバーもあります。

基本情報

【住所】金沢市東山1-26-17
【電話】076-253-8883
【営業時間】9:30〜18:00(冬季は17:30まで)
【定休日】年中無休

石川県金沢市東山1-26-17

3.21 320

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5.押寿し体験厨房 金澤寿し(金沢)

石川名物・押寿し作りを体験できる料理屋さんです。昔ながらの祭寿司や笹寿司の作り方を、お店の方がしっかり指導してくれます。旅先で郷土料理をマスターできるなんて嬉しいですね。お食事は、押寿しを中心に旬の地元食材を使った郷土料理をたっぷり味わえます。

基本情報

【住所】石川県金沢市東山1丁目15-6
【電話番号】076-251-8869
【営業時間】10:00〜15:00
【定休日】毎週水・木
押寿し体験は要予約。前日までにお電話またはHP予約フォームで受付。

石川県金沢市東山1-15-6

写真を投稿する
- 00

6.金沢21世紀美術館

石川が誇る日本屈指の現代美術館。女子旅で美的センスを磨くならぜひここへ。刺激的で、発見と新鮮な驚きにみちたアート体験が待っています。このためだけに金沢に行きたくなるほど大好きなオススメ観光スポットです。夜のライトアップされた建物もとっても素敵です!

基本情報

【住所】石川県金沢市広坂1-2-1
【電話番号】076-220-2800
【営業時間】展覧会ゾーン:10:00~18:00(金・土曜は20:00まで)
      交流ゾーン:9:00~22:00
【休館日】月曜日(祝休日の場合は翌平日)年末年始
【入館料】美術館の建物への入館(交流ゾーン)は無料
     展覧会ゾーンへの入場は展覧会観覧券(有料)が必要 
     ※料金は展覧会ごとに異なります。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する