• はてぶ
  • あとで
まだ旅先で消耗してるの?旅行で疲れないためにするべき10のこと

せっかく休みをとって出掛けた旅行...のはずが、旅のせいで余計に疲れをためてしまったことはありませんか?旅行でしっかりリフレッシュするため、「旅行で疲れないためにするべき10のこと」をチェックしておきましょう。これであなたも疲れ知らずのトラベラーに!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

楽しむはずの旅行でどっと疲れが...

RETRIP(リトリップ)を読んでいるあなたは、きっと旅行が大好き!そんなあなたでも、日常を忘れてリフレッシュするはずの旅行で、逆にどっと疲れてしまった経験はありませんか?
旅行中にすでに疲れてどこにも行きたくなくなったり、自宅に帰った途端体調を崩してしまったり......。そんなことにならないよう、旅で疲れをためないためにするべき10のことをご紹介します!

【1】本当に自分がしたいことだけする

観光地に行くと、「ここは必見」「あそこであれをせずには帰れない」といった定番の観光地を網羅しようとしがちです。でも、そこは本当にあなたが行きたいところでしょうか?
短い日程で定番の観光スポットを全て訪れようとすると、目の回るようなタイトなスケジュールになってしまいます。自分が本当に行きたいこと・したいことを見極めて、それだけをゆっくり楽しめば、疲労感だけが残る旅行を卒業できるはずです。

【2】ケンカのルールを作る

家族や友達、カップルである程度の期間旅行に行くと、なかなか避けられないのが「ケンカ」です。冷戦状態で気まずい雰囲気のまま旅行を続けるのは地獄ですよね......。とにかく、パンドラの箱を開けないよう気をつけるのが第一です。
もしケンカしてしまったときのため、私は必ず、「ケンカはその場で解決」「ケンカは次の日に持ち越さない」と言ったルールを決めます。人間関係のストレスで疲れるのは、旅行中一番避けたいですからね...。

【3】仕事関係の連絡を断つ

ITによって便利になった現代社会。その便利さが仇となって、海外旅行中にもかかわらず仕事の電話が......なんてこともあり得る時代です。常に仕事のことを考えながら旅行するのはやはり疲れてしまいます。

可能なら、思い切って仕事関係の連絡を一切遮断・無視してしまいましょう。旅行中のケータイの正しい使い方はこのとおり。

【4】移動時間で体力回復!

特に長い期間の旅行の場合、移動時間に仮眠をとって体力を回復するだけで、1日の終わりの疲れがかなり違ってくるはずです。
おしゃべりや読書もいいですが、長距離の移動で少し寝ておくと、すっきりした気分で次の目的地を満喫することができます。ただ、寝過ぎで夜眠れないという事態にはご注意を。

【5】お土産リストは前もって作っておく

個人的に旅先でストレスと感じるのが、お土産を考える手間です。「家族にはこれ、職場にはあれ...」買い忘れがこわくて多めに買ったら、重いだけで余ってしまったり、そんな経験があるのは私だけではないはず。
そんなストレスをなくすため、お土産が必要な量と内容は旅行前にある程度考えてケータイにメモしておきましょう。現地についたらあとはメモの通り買うだけ。無駄な時間は省いて、ゆっくり観光を楽しみましょう!

【6】「現地の食事」にこだわりすぎない

by *_*
海外旅行の大きな楽しみといえば食事。せっかくだから、現地でしか食べられないローカルフードを食べたいですよね。でも、食事が美味しすぎて食べすぎてしまったり、慣れない食事に体調を崩してしまうこともありますよね。特に長い旅行になる場合、現地の食事にこだわりすぎず、たまには食べ慣れた日本の味を食べて体調を整えてあげるのも良いかもしれません。
私が中央アジアを旅行した時、肉ばかりの食事に体調を崩してしまいました。旅先によっては食事のバランスも崩れがち、サプリメントなどで不足する栄養素を補ってあげるのも一つの手です。

【7】服装に気をつける

旅行中の疲労度や体調を大きく左右するのが、身に付ける衣服です。例えば、暑すぎたり寒すぎたりすると体力を消耗しがち。気候に合わせた洋服選びは基本中の基本です。日差しが強い場所に行く時はサングラスや帽子も忘れずに、また体力を奪う「日焼け」の予防も大切です。
女性はヒールのない靴を選びましょう。旅先でお呼ばれがあるかもしれないし、どうしてもおしゃれを楽しみたい時は、ヒールの浅いものを選ぶか、思い切って2足持って行きましょう!

【8】ペース配分を考えた旅行計画を

旅行の前に結構緻密なスケジュールを立てる方もいますが、あまり細かくスケジュールを立ててしまうと、大急ぎでまわることになり疲れてしまったり、予定通りにいかずにストレスとなってしまうこともあります。スケジュールには余裕を持って、調整がきくようにしておきましょう。
旅行1日目はついつい興奮して、あれもこれもやりたくなっちゃいますが、翌日以降も元気に遊べるようペース配分に気をつけて!1日目思い切り遊んで、2日目はくたくた......なんてことにならないように。

【9】荷物は最低限にする

旅行カバンは仕方ないにせよ、街を歩く時の荷物はなるべく小さく・軽く済ませたいものです。ついつい心配になって「あったら便利」なものをいろいろと持ち歩いてしまいますが、結局肩がこっただけ......。上着などもなるべくコンパクトなものを選ぶと良いです。
そして、本当に必要なものだけを持ち歩きましょう。身動きが楽になりますし、防犯上も安全です。

【10】しっかり休めるホテルに泊まる

ついつい節約して格安ホテルばかり泊まってしまう私ですが、疲れをしっかりとりたい日はゆっくり休めるホテルを選ぶようにしています。特に長旅の場合、しっかり体力を回復できる環境がないと、どんどん疲れがたまってしまいます。
ベッドの寝心地や、浴室の設備などはもちろん、アクセスの良さや食事の内容なども「休めるホテル」の条件です。元気に旅を楽しみたければ、宿探しも慎重に!

疲れ知らずの旅行に行こう!

いかがでしたか?旅行中に疲れないためにするべき10のこと。当たり前のように思える小さなことばかりですが、実際には徹底できていないものです。小さな工夫を積み重ねることで、あなたの旅のクオリティはぐんと上がるはずです!

それでは、疲れ知らずの旅に行ってらっしゃい!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

run_forrest_runアートとねことYouTubeが大好きな道産子ライター。

このまとめ記事に関して報告する