• はてぶ
  • あとで
ドイツの隠れたリゾートに行こうよ!リゾートおすすめ5選

ドイツのリゾートはまだあまり知られていないようです。ドイツにもビーチ、温泉、森林と、さまざまなおすすめリゾートがいくつもあります。その中からおすすめのリゾートを5つご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.リューゲン島(Rugen Island)

世界遺産@nasiiakes
【ドイツ連邦共和国】 シュトラールズントおよびヴィスマールの歴史地区(2002年文化遺産) バルト海に面した港湾都市。リューゲン島やヒデンゼー島へ渡る際の交通の拠点。

2016-04-11

リューゲン島はとにかくデカい!このリューゲン島で、僕がどうしても行ってみたかった場所。あのナチスが作った超巨大保養所=「Prora(プローラ)」である。今では「世界最大の廃墟」とも言われる建物の近くまで、一般人も普通に行けます。

出典:ameblo.jp
バルト海に浮かぶドイツ最大の島でビーチリゾートがある「リューゲン島」には、ドイツのシュトラールズントと橋でつながっており車で行くことができます。車で行くのも良いですが、旅の雰囲気が盛り上がる蒸気機関車で行くことをおすすめします。

基本情報

【名称】リューゲン島(Rugen Island)
【場所】ドイツ北部バルト海に位置する
【アクセス】ハンブルクから車で約3時間

2.ズュルト島(Sylt)

ズュルト島は北フリース諸島に位置し、ドイツの高級避暑地として有名な島。島の北部中央にあるKampen(カンペン)という町は、ドイツのお金持が別荘を所有するところ。

出典:megimigi.blog.so-net.ne.jp

ここジルト島は北海に囲まれているだけあって魚の宝庫、生牡蠣にムール貝の酒蒸し、ヒラメのムニエル、ザリガニ(あちらではそう呼んでいる小さな身)の炒めたもの、それに勿論マティスの料理等など…魚好きの我々にとっては大満足でした。

出典:blog.livedoor.jp
北海に浮かぶドイツ最北端の細長い島の「ズュルト島」は、高級のリゾート地なのですが、宿泊には家具、キッチン付きの貸し切り別荘一部屋をウィクリー、マンスリーで貸してくれるところがいっぱいあるそうです。長期旅行の方にはおすすめのリゾート地です。

基本情報

【名称】ズュルト島(Sylt)または、ジルト島
【場所】ドイツ最北端の島。ユラン (ユトラント) 半島西方の北フリージア諸島の主島
【アクセス】ハンブルク・アルトナ駅よりズュルト島のヴェスターラント駅まで電車で約3時間

3.ハイリゲンダム (Heiligendamm)

ホテル周辺は何も無いですが、海岸や林など自然が豊富で散歩するには非常に良い環境です。モリー鉄道のハイリゲンダム駅は蒸気機関車が走るのでそれに乗るのも楽しいです。

出典:www.tripadvisor.jp

海辺に立ち並ぶ古典様式の建物のアンサン ブルが美しいハイリゲンダムは、ドイツの バルト海の高級海浜リゾート地の手本とな っています。

出典:euro.typepad.jp
ハイリゲンダムは、ドイツのバルト海沿岸にある最古の海岸リゾート地です。しかも、高級というより最も優雅なリゾート地です。2007年の第33回主要国首脳会議(サミット)の開催地になっています。

基本情報

【名称】ハイリゲンダム (Heiligendamm)
【場所】フォアポンメルン州のバルト海沿岸ロストック郡バート・ドベラン市
【アクセス】(車)ハンブルク空港から2時間

4.バート・ライヒェンハル(Bad Reichenhall)

バードライヒェンハルには公園が多い。至る所に広い公園が整備されている。まさに公園の中に街の建物(ホテル、レストラン、カフェ、店舗、事務所、住宅、etc.)が点在しているような感じだ。

出典:blogs.yahoo.co.jp

こんな山がそびえ、こんな言葉生まれて初めて使うような気がするけど、実に「風光明媚」辺りが山に囲まれていて、こういう風景、日本語で何というか言ってみ、と家人に促すと、「山が、まわっています」だと。

出典:ywieypsilon.blog.fc2.com
バート・ライヒェンハルは、ドイツの塩の産地です。この塩を使ったユニークなクア施設や高級ホテルがあるおすすめの温泉リゾートです。しかも美しい自然と澄んだ空気、おいしい水がありそして温泉があるので心身ともに癒やされるパワースポットです。美容にもいいので女子旅にもおすすめです。

基本情報

【名称】バート・ライヒェンハル(Bad Reichenhall)
【場所】ドイツ南東部、ベルヒテスガーデン地方に位置
【アクセス】ミュンヘン中央駅からIC電車に乗りフライラッシングで乗り換えてバート・ライヒェンハル駅まで約2時間

5.バーデンバーデン(BADEN BADEN)

療養プログラムのある温泉です。お風呂の温度は基本的にぬるめで、プールのようでした。外観もクラシカルな建物ですが、古代ローマ風なのでしょうか?お風呂の中はすてきな雰囲気でした。

出典:www.jtb.co.jp

水着がなくても大丈夫ですし、千円ほどで全身マッサージまで利用できちゃいます。この街に来たら思いきって体験してみるのもいい思い出になると思います。年配の裕福そうな方が多く格式高い雰囲気があります

出典:tabisuke.arukikata.co.jp
最後にご紹介するのは、ドイツで最も有名な温泉リゾート地「バーデンバーデン」です。その中でもおすすめの人気スパは、フリードリヒ浴場です。古代ローマ風呂とアイルランドの蒸気風呂を融合した浴場で17つのステーションがあります。

基本情報

【名称】バーデンバーデン(BADEN BADEN)
【場所】ドイツ南西部に位置する
【アクセス】日本からの直行便は無い。ドイツの主要都市からの陸路が便利。フランクフルトから鉄道ICEかICで1時間20分

いかがでしたか?

ドイツの隠れたリゾートに行こうよ!リゾートおすすめ5選をご紹介しました。気に入ったリゾートはありましたでしょうか?北海、バルト海のアイランドとビーチ、山間にある温泉とどれもゆっくりのんびりできるリゾート地ですので、ぜひ訪れてみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する