• はてぶ
  • あとで
フランスの奇跡から生まれたパワースポット!おすすめ5選

フランスには、その昔カトリック教徒の聖人たちが起こした奇跡から生まれたパワースポットが数多くあります。その中からおすすめのパワースポットを選んでご紹介します。フランスの奇跡から生まれたパワースポット!おすすめ5選御覧ください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.奇跡のメダイ教会

礼拝堂は一番奥の右手。その途中の右側にメダイユを授けるところがあります。礼拝堂中央の青いフレスコ画がとても美しいです。左側には聖カタリナのご遺体がまるで眠っているかのように安置されています。とても美しいお顔。

出典:www.jtb.co.jp

“奇跡のメダイ教会”は、私のお気に入りの“パワースポット”です。いや、パワースポットなどというと語弊があるかもしれませんね。“感謝の気持ちを喚起させてくれると同時に天の気をいただくスポット”なのです。

出典:ameblo.jp
フランスのパワースポット、最初のおすすめは「奇跡のメダイ教会」です。1830年に聖母マリアがメダルを作るよう告げがありメダルを作り人々に配ると流行していたコレラがおさまったという話がありそれ以来、奇跡を呼ぶメダルと信じられるようになったということです。

基本情報

【名称】メダイ教会 (La Chapelle Notre Dame de la Medaille Miraculeuse)
【場所】パリ市リュ・ドュ・バック140番(Paris, au 140 rue du Bac)
【開館時間】曜日に開館時間が異なるので確認要
【休館日】毎年1月7日の19時〜27日の16時まで休館
【アクセス】地下鉄12号線及び10号線のセーブル・バビロン駅下車、ル・ボン・マルシェの食品館方面に出てすぐ

2.ルルド村

はるたろう@haru3zion
ルルドの泉って何と思ったらフランスのルルドにある聖母マリアが現れて奇跡で体が治るという泉のことらしい。そして検索結果の上から2番目に「ルルドの泉と水素水」的なサイトが出てきてお察し

2016-04-19

世界中から病気をもつカトリック信者たちがルルドを訪れ、この聖水を飲み、聖水で沐浴します。 ルルドのお水を飲み、若しくは沐浴すると病が治ると言われています。

出典:journal.violet-fr-jp.com
フランスのパワースポット2番目のおすすめは、聖母マリアが指し示した場所から湧き出た水が、あらゆる病気を治したという「ルルド村」です。聖母が出現したマサビエルの洞窟には、安置されたマリア像の下から奇跡の泉が湧き出ています。

基本情報

【名称】ルルド(Lourdes)
【場所】フランスオート=ピレネー県ルルド
【アクセス】パリから飛行機で約1時間半、空港からはタクシーで。鉄道はTGVで約5時間半。ルルド駅から聖域まで市バス。徒歩なら約15分

3.モンサンミッシェル

パリからバスで片道約4時間。沿岸入口からシャトルバス入口まで移動。入口横すぐお土産屋が立ち並び、その中に有名な「ラ・メールのオムレツ店」がある。そこからさらに上っていくと修道院へ。修道院の天主堂は見事。また、屋外からの眺めも絶景でした。

出典:www.tripadvisor.jp
フランスのパワースポット3番目のおすすめは、有名な世界遺産「モンサンミッシェル」です。フランス西海岸のサン・マロ湾に浮かぶ小島に造られた修道院です。島の周りの満ち干きが激しく昔は、渡る橋がなく行くのに遺書書けと云われたそうです。

基本情報

【名称】モンサンミッシェル(Abbaye du Mont-Saint-Michel)
【場所】 BP 22, 50170 Mont-Saint-Michel, France
【アクセス】パリモンパルナス駅からTGVでレンヌRENNESまで約2時間。バスターミナル(GARE ROUTIERE)から直通バスでモンサンミッシェルへ

4.シャルトル大聖堂

右側が南の尖塔。12世紀に建てられた、当時のままの姿のロマネスク様式の塔。左側が北の尖塔。ゴシック様式の尖塔で、16世紀に再建されたもの。二つの建築様式を見比べられるのも、シャルトル大聖堂の魅力です。

出典:blog.goo.ne.jp
フランスのパワースポット4番目のおすすめは、最も美しいゴシック建築の「シャルトル大聖堂」です。かなり大きな大聖堂です。ステンドグラスがとても美しくステンドグラスを通して入ってくる光は柔らかい光のパワーを感じます。

基本情報

【名称】シャルトル大聖堂(Notre-Dame de Chartres Cathedral)
【場所】16 Cloître Notre Dame, 28000 Chartres
【開館時間】5月~8月の毎日9:30~12:30・14:00~18:00(日曜日は午後のみ)、9月~12月の毎日9:30~12:30・14:00~17:00(日曜日は午後のみ)8:30~19:30
【休館日】1月1日、5月1日、聖霊降臨祭の月曜日、12月25日
【料金】(塔の見学):一般7ユーロ、18歳~25歳は割引4.5ユーロ、18歳以下無料、
【アクセス】SNCFシャルトル駅Chartresから徒歩10分

5.ポンデュガル

世界の探検家@zekkei_worlds
【フランス】ポン・デュ・ガール フランス南部・ガール県のガルドン川に架かる水道橋 人類の創造的才能を表現する傑作として https://t.co/s2sOTx81ju#海外#旅行

2016-04-16

そしてその芸術性も去ることながら、1キロの距離をわずか34センチメートルという小さな勾配で精密に設計された建築物としてのすばらしさを知ると、いかにローマ人の技術が優れていたかがわかり感心してしまいます.

出典:franceohji.blog.fc2.com
フランスのパワースポット4番目のおすすめは、南フランスにある古代ローマ時代に架けられたと大きな水道橋「ポンデュガル」です。巨大で素晴らしい芸術的な傑作として思想家ルソーも絶賛しています。古代人の美的感覚には圧倒されます。

基本情報

【名称】ポンデュガル(Pont du Gard)
【場所】Vers-Pont-du-Gard、Route du Pont du Gard
【アクセス】アヴィニョン駅から車で21km。

いかがでしたか?

フランスの奇跡から生まれたパワースポット!おすすめ5選をご紹介しました。どれも世界遺産に登録されているのは、もちろんそれにまつわる奇跡的な伝説がありとてもパワーがあるスポットです。ぜひ、5つのパワースポットを訪ねてパワーを充電してください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • フランスのイメージってどんなイメージですか?パリのルーヴル美術館、凱旋門、エッ…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する