• はてぶ
  • あとで
年間800杯食べるマニアが厳選!秋葉原周辺の激ウマ人気ラーメンBEST25

今回は年間800杯以上のラーメンを食す筆者が、秋葉原周辺のオススメラーメンをご紹介します。秋葉原周辺のラーメン情報なら、これを見れば間違いない。実は秋葉原はここ数年で東京屈指のラーメン激戦区へと成長しており、東京屈指の有名ラーメン店も秋葉原に存在します。秋葉原中心に幅広いエリアをカバーしているため、末広町・浅草橋などのラーメン店も掲載しているのでご参考までに。今回紹介している秋葉原のラーメン屋には、5段階でオススメ度もつけてみました。 *お店の前の番号は、オススメランキングということではありません

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.「饗 くろ喜」

オススメ度:★★★★★

特製塩そば ¥1100

ラーメン激戦区と化した秋葉原界隈でも、頭一つ抜ける人気ラーメン店といって差し支えないでしょう。看板メニューの"塩そば"は、海・山・湖と産地の異なる塩を6種類も使用したこだわりの逸品。それぞれの塩の良さが複雑に絡み合って、塩分に頼らないこの店独自の深みのある味わいを作り出しています。次々と繰り出される多彩な限定ラーメンも面白いものばかりで、何度訪れても飽きずに楽しませてくれる新進気鋭の名店です。

金曜日限定営業のセカンドブランド、"紫 くろ喜"も必食です。鴨を使った醤油味のラーメン・つけ麺を提供しており、ネットではむしろこちらの評価の方が高いぐらい。かなりの行列ですが、それだけ並ぶ価値は絶対にあります。

~店舗情報~
住所:東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館 1F
電話番号:03-3863-7117
営業時間:[月火木土]11:30~15:00, 18:00~21:00[水]11:30~15:00
定休日:日曜日・祝日(金曜日は"紫 くろ喜"として営業)

2.「志奈そば田なか second」

オススメ度:★★★★★

味玉塩中華そば ¥880

2016年初頭、秋葉原近隣で最も話題を集めているラーメン店がこちら。大塚に本店を構える人気ラーメン店の秋葉原進出ということで、既に連日多くのお客さんで賑わっているよう。ここではサーフィン大好きで海を愛するイケメン店主による、その海の恵みをふんだんに使用したラーメンが味わえます。アジ煮干しなど魚介素材の風味を生かしつつ、本店では使わない鶏を加えて味に厚みを持たせたという印象で、個性的且つ抜群に旨い。元々イタリアンなどの経験があるそうで、そのセンスの良さが垣間見られる盛り付けの美しさにも要注目です。

もう1つ、ここが話題を集める理由が夜営業限定30食の「至高の塩かけそば」というラーメン。麺とスープのみでなんと1000円もするラーメンですが、鮑や伊勢海老などを用いた最高に贅沢なスープとなっており、ラーメンマニア以外も一見の価値ありです。

~店舗情報~
住所:東京都千代田区外神田3-4-1 101
電話番号:03-3258-5282
営業時間:11:00〜15:30, 17:00〜21:00(L.O.20:45) [日曜]11:00〜18:00
定休日:月曜日

3.「青島食堂」

オススメ度:★★★★★

青島ラーメン ¥720

新潟のご当地ラーメンの1つ、”長岡生姜醤油ラーメン”で人気を博す、秋葉原エリア屈指の行列ラーメン店です。ここのラーメンはそのネーミング通り、味も香りもすぐにそれと判別できる程に効いた生姜がとにかく印象的。醤油味のスープはしっかりとコクがありながら、生姜のおかげか後味はさっぱり。シンプルなラーメンですが、故に飽きが来ず何度でも食べたくなるような1杯です。秋葉原の店舗でラーメンを食べたら、是非1度は新潟の本店にも足を運んでみてほしい。

ここはチャーシューが非常に美味しいので、チャーシュー麺もオススメ。たった100円増しとは思えないボリュームの肉がたっぷり入る、コスパの良さが嬉しいです。

~店舗情報~
住所:東京都千代田区神田佐久間町3-20-1
電話番号:03-5820-0037
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日

4.「麺屋 はるか」

オススメ度:★★★★

台湾まぜそば ¥780

東京でも大ブームとなり、もはや完全に定着した感じもある名古屋発祥の”台湾まぜそば”を秋葉原で食べるならここ。元祖の姉妹店ということもあってか、オリジナリティなどはないものの、安定した味わいを楽しめます。ピリ辛の台湾ミンチと野菜・海苔・魚粉などの相性はバッチリで、よく混ぜてから食べるべし。名古屋めしらしく、かなり味濃いめで好みは分かれるかもしれませんが、ハマれば病み付きになること間違い無しの中毒性の高い1杯です。

ニンニクの有無を注文時に選べるので、食後に仕事などのある方も気にせず食べられます。〆には”追い飯”といって、無料で少量のご飯を追加してくれるので、丼に残ったタレや具を残さず味わい尽くしてしまいましょう。

~店舗情報~
住所:東京都千代田区外神田3-13-7 田中無線電機ビルB1F
電話番号:03-5294-2311
営業時間:[平日]11:30~21:30[土・日・祝]11:00~21:30
定休日:無休

東京都千代田区外神田3-13-7 田中無線電機ビルB1階 麺屋 はるか

3.45 310

5.「福籠」

オススメ度:★★★★★

味噌 ¥720

秋葉原から浅草橋近辺で味噌ラーメンが食べたくなったら、間違いなくここがオススメ。ラードで覆われたスープは超熱々で、甘みやコクのある味わいと味噌の風味が素晴らしい。修業先である札幌味噌の王道を受け継ぎつつ、そこに本家とは異なる東京の製麺所の麺を合わせるなどのオリジナリティも光ります。ちょっと脂っこいと感じる場合は、チャーシューの上に添えられている生姜と合わせれば、後口さっぱりといただけるはず。

この手の味噌ラーメンは寒い冬に食べるのが最高だと個人的には思っていますが、ここでは夏に食べるのもいいでしょう。店内はしっかり冷房が効いており、暑い時期でも快適に食事を楽しめる環境が整っています。

~店舗情報~
住所:東京都台東区柳橋1-13-4 丹羽ビル 1F
電話番号:03-5829-6358
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:日曜日

6.「粋な一生」

オススメ度:★★★★★

塩ラーメン ¥720

今回紹介する秋葉原のラーメンの中で、1番安心してオススメできるのがここ。塩・醤油・味噌など、皆さんが思い描くであろう基本的な味わいのメニューを1通り揃え、尚且つその全てが美味しいんです。どれにするか迷ってしまう方は、まずお店イチオシの"塩ラーメン"からどうぞ。魚介と動物系の優しい旨味が印象的で、啜り心地のいい縮れ麺もこのスープをよく絡め取ってくれますよ。気づいたらスープを飲み干してた、毎回そんな感じで完食してしまいます。

豊富なレギュラーメニューに加え、時折繰り出される限定メニューで訪れるお客さんを飽きずに楽しませてくれます。この界隈では比較的歴史の長いお店ですが、今なお進化し続けるその努力の姿勢には頭が下がる思いです。

~店舗情報~
住所:東京都台東区台東1-27-2 竹善ビル 1F
電話番号:03-3837-8117
営業時間:[月~金]11:00~21:00[土・日・祝]11:00~20:00
定休日:無休

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 全国のラーメン好きのためのラーメン特集です。日本全国の人気のラーメン店やオスス…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Kazunori Kamiya年間800杯ラーメン食べたWebディレクター兼格闘家。最近ブログ始めました。http://www.kamiyakazunori.com/

このまとめ記事に関して報告する