• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
あなたは絶対損してる!食べ飲み放題で “元を取る” 作戦10ヶ条

食べ放題や飲み放題。あなたも一度は行ったことがあるのでは。でも、帰り際、満足できてますか?「もっと元が取れたはず…。」なんて渋々思っていませんか。そこで、今回は食べ飲み放題で “元を取る” 秘密の方法を教えちゃいます。もうあなたを後悔なんてさせません。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

「食べ放題=お店との戦い」なんです。

食べ放題。みなさんも一度は行ったことがあるのでは?「今日は絶対元を取ってやるぞー!」と張り切っていても、実際思ったより食べれなかったな…。と思った経験はありませんか?今回は、そんなあなたに食べ放題の禁断の原価と作戦を教えちゃいます。もう損した気分にはさせません。

〜VS 焼肉食べ放題編〜

最初にご紹介するのは焼肉食べ放題のコツです。まずは衝撃の事実をお伝えします。食べ放題店で提供されている肉の多くは平均して「1g=1円」ほどの原価なのです。
ということは、よくある「食べ放題3000円」だと、あなたは3kgほどの焼肉を食べなければ元は取れないのです。3kgという量のお肉を食べるなんて、結構無理がありますよね。

作戦その1:カルビばっかり食べるのは損!

焼肉屋に行って一度は注文したい「カルビ」は実はとても低原価なのです。お店側にとってカルビばかり食べられるのはありがたいですが、わたしたちにとってはちょっと損した気分ですよね。では、店主を泣かせる「本当は食べてほしくない焼肉の部位」はどこなのでしょうか。

作戦その2:元を取るならこの2つを選べ!

「原価が高い焼肉の部位」ひとつめは「牛タン」。高級料理としても扱われる牛タンなので、あまり食べ放題メニューの中には入れたくないのだとか。お肉の中でも割とサラッといただけるので、これは狙い目です。
そしてふたつめは「豚トロ」。実はこの豚トロ、一頭の豚から300~500g程度しかとることのできない、非常に貴重な部位なんです。そのため原価が高いのだとか。みなさん、狙うは「牛タン」と「豚トロ」ですよ!

作戦その3:野菜やキノコを狙え!

焼肉屋で原価が高いのは意外にも野菜。その理由としては肉と比べ保存が難しく、大量には仕入れることができず、ロスを出しやすいからなんです。野菜のほかにもキノコ類もお店側にとっては痛手なのだとか。お肉と交互に食べることで胃を休めることもできるので、おすすめですよ。

〜VS バイキング・ビュッフェ形式編〜

次にご紹介するのはバイキングやビュッフェ形式の食べ放題のコツです。あれもこれもと欲張って端から端までお皿に盛ってしまったけど意外と食べられないものだな…。と思ったことはありませんか?
そんなバイキング・ビュッフェ形式の原価率は約30~40%ほど。つまり、3000円ほどの料金設定の場合、実際は1000~1200円程度しか食べていないという計算なんです。

作戦その4:炭水化物は原価が安いので避けよ!

実はパスタやピザ、米料理などの炭水化物の原価は20~30%と比較的低め。お店側としてはお腹が膨れやすい炭水化物をたくさん食べてもらって原価を抑えようとしているんです。バイキングに行けば必ずあると言ってもいい「カレー」にあんな策略があったなんて…。

作戦その5:狙うは肉料理!

ハンバーグやステーキの原価は炭水化物に比べて30~37%と少し高め。この原価はファミレスよりちょっと高いんです。実は、バイキングやビュッフェ形式の食べ放題は人件費が抑えられているのでやや高めの原価でも大丈夫なのだとか。いっぱい食べるなら、やはりお肉がいいですよね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

appleあっぷるりんご〜

このまとめ記事に関して報告する