• はてぶ
  • あとで
異文化との出会いが魅力のマレーシアに行こう!おすすめ旅行プラン20選

3つの文化が共存するマレーシア、街へ繰り出してみると異国情緒溢れる街並みにワクワクしてしまいます。おすすめ旅行プランはいくつかありますが、今回はその中からまずは試していただきたいマレーシアのおすすめ旅行プラン20選を紹介させていただきます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①古代建築のモスク「マスメット・ジャメ」を見学する

1909年に当時のセランゴール州のスルタンによって建築されたクアラルンプール最古のモスクです。クアラルンプールの名前の由来となったクラン川とゴンバック川の合流地点に
建てられています。

出典:malaysia.travelguide.co.jp

インドのムガール建築を基調とした白い玉ねぎ型のドーム屋根、素焼き煉瓦の壁アーチの有る柱廊、そして周りを囲む椰子の木がアラビアンチックな異国情緒をたっぷりと醸し出している。

出典:worldtravelog.net
近代的なモスクも多く建築されていますが、こちらのモスクは古代的な建築を誇る最古のモスクです。異国情緒あふれるモスクはぜひ見ておきたいスポットです。入口にはドレスコードがありますが、スカーフなど貸し出しもしています。

基本情報

【名称】マスジット・ジャメ (Masjid Jamek)
【住所】Jalan Tun Perak Kuala Lumpur Malaysia
【電話】(60) 3-2274-6063
【時間】9:00から12:30まで & 12:30から16:00まで (金曜日 15:00から16:00まで)
【閉館日】なし

②「ティオマン島」でシュノーケリングをする

マレーシア随一ともいわれる海の美しさから世界でも有数のダイビング・スポットとして憧れの地となっています。水深約30mのまで見透せるという海では浜辺でもシュノ-ケリングで珊瑚や熱帯魚などを楽しめます。

出典:shortvacation.ciao.jp

太陽が降り注ぐビーチには、椰子の木が木陰をつくり、静かな白砂が続くティオマン島には、豊富な海洋生物が生息し、美しい海底が広がる澄みきったターコイズブルーの海と自然の宝庫である熱帯雨林の山と緑があります。

出典:www.his-travel.com
サンゴ礁と透き通るエメラルドグリーンの海、白い砂浜が続くティオマン島では、さまざまなアクティビティが楽しめます。中でもおすすめはシュノーケリング、無数の魚たちと触れ合うことができます。夜は満点の星空を楽しめますよ。

基本情報

【名称】ティオマン島 (Palau Tioman)
【住所】あまりメジャーではない&小さいティオマン島への直行便は当然なく、行き方としては、一旦クアラ・ルンプールorシンガポールに入り、そこから出ているベルジャヤ航空を使用するか、メルシン、シンガポールから出ているフェリーを使用することになる。

③マレーシア古都「マラッカ」を旅する

15世紀に栄えたマラッカ王国がマレー文化を築き、明との交易で中国文化が流入。その後ポルトガル、オランダ、イギリスに支配され、類まれな文化が形成されました。

出典:www.hankyu-travel.com

西暦2008年に、マレーシアのジョージタウン(ペナン)とともに、マラッカの歴史的な街並みがユネスコの世界遺産に登録されました。マレーシアの古都マラッカに世界各国から注目が集まっています。

出典:melakajp.com
クアラルンプールから約2時間程の所にある古都マラッカは、ぜひマレーシアの旅行プランに入れてほしいおすすめの観光地です。マラッカ名物のトライショーに乗って、心地よい風を感じながら観光地を巡ってみましょう。

基本情報

【名称】マラッカ (Mallacca)
【住所】クアラルンプールからマラッカへのアクセスは、主にタクシーか長距離バスになります。

④「イスラムアート美術館」でイスラムアートに魅了される

イメージ画像

イスラムアート・ミュージアム・マレーシアには、7000点以上もの美術品が展示されており、イスラムアートに関する本を収蔵しているユニークな図書館もあります。

出典:www.malaysia.travel

これぞイスラム美の真髄!!各階ごとに屋根の色彩や模様が異なっている。この天井はずっと見ていると時が経つのを忘れてしまうほどに美しい。いきなりイスラム美術の緻密さ、繊細さ、優美さにいきなり圧倒されます。

出典:worldtravelog.net
マレーシアを旅行していると、至る所にあるモスクなどイスラム国家の雰囲気を感じることがあります。日本人にとってあまり馴染みの深くないイスラムの世界、美術館へ行き別世界とイスラムの文化に触れてみてはいかがですか、旅行プランの1つにおすすめです。

基本情報

【名称】イスラムアート美術館 (Islamic Arts Museum Malaysia)
【住所】Jalan Lembah Perdana 50480 Kuala Lumpur 50480 Malaysia
【電話】(60) 3-2274-2020
【開館時間】10:00から18:00まで
【閉館日】なし

⑤マレーシアB級 グルメを「屋台」で食べる

夕方5時くらいから店は活気を帯び始め、朝方まで賑わいを見せるこちらのジャランアローでは、中華料理を始め、タイ料理、海鮮鍋、フルーツ屋台とお店の種類も様々。

出典:www.malaysia-magazine.com

どこのお店でも、ほとんどのメニューが1皿10リンギット程度と安く、大人数で行くのはもちろん、1人でも入りやすい雰囲気なので、特にブキッビンタン周辺のホテルに泊まっている場合はおすすめしたいスポットです。

出典:www.asiatravelnote.com

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する