• はてぶ
  • あとで
鎌倉の隠れ里にあるパワースポット!佐助稲荷神社

鎌倉の隠れ里と言われる場所に、佐助稲荷神社があります。源頼朝が建立したことで、出世運や仕事運にご利益があると言われています。パワースポットでもある佐助稲荷神社の見どころをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

佐助稲荷神社とは

佐助稲荷神社は源頼朝と深く関係しています。夢枕に立った神霊から平家討伐をすすめられた源頼朝は、平家を滅ぼした後、お礼としてこの社殿を建立しました。幼い源頼朝は佐殿と呼ばれていたため、佐殿を助けたという意味で佐助稲荷神社になった、という説も!?

見どころ①異世界への入口?神秘的な赤い鳥居

有名な銭洗い弁天のすぐ近くに、佐助稲荷はあります。鳥居が幾重にも連なり、見る場所によっては、重なった鳥居の真ん中に吸い込まれるのではないかと、錯覚します。日常にはないシチュエーションに時を忘れさせてくれます。

出典:travel.biglobe.ne.jp

赤い鳥居がずーっと続いていてるのが印象的です。ここの神社は仕事運・出世運のご利益があるそうです!!男性の方にオススメ!もちろん女性の方にも!山の方にあるような場所なので野生のリスがいるので会えるかもしれません。

出典:www.homemate-research-tour.com
佐助稲荷神社の祠まで続く赤い鳥居と幟は圧巻です。一歩足を進めるごとに知らない世界へ進むような気持ちに!?

見どころ➁境内にはたくさん神様のお使いが!

銭洗弁天の帰りに寄りました。 奥まった山にあり、鳥居の石段を上っていきます。石段の両脇に、様々な表情の狐様達が見守ってくれています。 山の上の祠にも、多くの狐様が鎮座しています。心落ち着く場所でした。

出典:www.jalan.net

たくさんのおいなりさんに見守られながら参拝することができて気持ちがぴしっと正される感じがします。

出典:kakurekumanosu.com
お稲荷様の狐は神様のお使いです。たくさんの狐に守られている佐助稲荷神社、足を踏み入れただけでパワーをもらえるというのもうなずけます。

見どころ➂今に至るも絶えず湧き出づる霊狐泉

無数の苔むしたおきつね様、おきつね様の小さな家のような物が並んでいる場所は絶好の撮影スポット。一番神秘的だったのは霊孤泉という湧き水のようなところ。覗くとすずしかったです。勿論真っ赤な上りも圧巻でした

出典:www.tripadvisor.jp

パワースポットでパワーをもらおうと思い行きました。真っ赤な沢山の鳥居が圧巻です。
パワーを貰えました。

出典:www.jalan.net
佐助稲荷神社の霊狐泉は、古来より人々や田畑をうるおしてきた鎌倉の水源です。見るだけで癒されるような清らかさがあります。

見どころ④佐助稲荷神社下社のおとなりには縁結び十一面観音が!

何度か訪れていますが,暑い日でもとても涼しく感じられる場所です。もちろんパワースポットでもあり、ものすごく癒されます。

出典:www.jalan.net
佐助稲荷神社の御朱印は、下社で頂くことができます。佐助稲荷下社のとなりにある十一面観音菩薩は、源頼朝と政子にあやり、縁結びのご利益があると言われています。こちらもぜひお参りを!

見どころ➄狐のかわいいお守り

出世運に良いそうでお守りや狐根付が販売されています。少し行くのにわかりづらいですが赤い鳥居をくぐっていくだけで何だか不思議な感じです。

出典:www.tripadvisor.jp

おすすめはとってもかわいい手ぬぐいと木彫りのお守りです!!

出典:nishimagome.link
佐助稲荷神社で人気のある狐のお守りの他、赤い地に、それぞれ表情が違う15匹の狐面手ぬぐいも人気です。売り切れてしまうこともあるそうです!

佐助稲荷神社へのアクセス

住所  :鎌倉市佐助2-22-12
電話  :0467-22-4711
拝観時間:定め無し
拝観料 :無料
休日  :無し 
アクセス:JR鎌倉駅東口から徒歩20分
駐車場 :無し
佐助稲荷神社、いかがでしたでしょうか。ずらりと並んだ赤い鳥居を見ただけで、パワーをもらえるような気持になります。銭洗弁天の近くにあるため、一緒にお参りもおすすめです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する