• はてぶ
  • あとで
イベントたくさん!二条城を120%楽しむ為の5つの楽しみ方!

京都の世界遺産の観光地の1つである二条城は、江戸時代のはじめに徳川家康が建てたとされています。楽しみ方として、二条城では、色んな芸術イベントとコラボしてます。そんな二条城の魅力あふれる楽しみ方を5つ紹介していきます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.アートアクアリウム城

日本の美である金魚・錦鯉の和のアートと、着物・和菓子・酒・お茶など京都が誇る日本の伝統との融合!まさしくそのとーり。感動感動また感動。入場料1600円であるがこれであと京舞が見れるのであれば高くはない。

出典:oldrider3.blog.so-net.ne.jp

どの水槽もそれぞれ凝っていて目を奪われました。約五千匹の金魚&錦鯉。ゆらゆら泳いでる姿がまさにアート!そして金魚&錦鯉のゆらゆらを見ているだけで癒されます。何と言っても、二条城で開催という舞台がいいですね!

出典:blog.goo.ne.jp
最後に、夜祭BARというお洒落な屋台が出ていて、京都の老舗のお酒や、日本酒、おでん、和菓子屋さんなどがお店を出していて、それも楽しみ方の1つですよ。

【住所】京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
【開催期間】2015年10月23日(金)~12月14(月)17:00~22:00
【入場料金】
・一般(中学生以上)1,600円
・子供(小学生以下)1,000円
・3歳以下 無

2.「京の七夕」ライトアップ

二の丸御殿プロジェクションマッピング、神秘的・幻想的な雰囲気で見応え十分です。また、御殿内部も開放され特別展示が行われております。夜間の二条城に入場出来る二条城ライトアップ、お勧めです。

出典:www.kyoto-plazahotel.co.jp

「京の七夕」というイベントで二条城に夜間無料で入れました。世界遺産にデジタル掛け軸というライトアップがされていました。キレイというより、妖艶!大胆です。どんどん柄が変わって行きました。

出典:lilyclover.blog.fc2.com
二条城に無料で入れて、素敵なライトアップが見れるのはこの期間だけ。この周辺にも、この期間、色んなライトアップがあり、たくさんの楽しみ方があるので、ぜひ足を運んでみてください。

【開催期間】平成28年度「京の七夕」開催日程 平成28年8月6日(土)~8月12日(金)
【時間】19:30~21:00(予定)
【入場料金】無料

3.桜 ライトアップ

世界文化遺産の「二条城」で見る夜桜が圧巻!城内に咲き誇る、山桜や里桜、八重紅枝垂桜など、200本の桜がライトアップ!数ある京都の花見スポットの中でも、桜の数と種類は屈指の名所です。

出典:news-blog.jp

今年は入るとまずプロジェクションマッピングが!映像を見た後は見事な桜。隙間なく桜が並んでいます。品種も異なるので満開のものもあれば、既に葉が出ているものまだこれからのものと長い時期楽しめるのも二条城の特徴。

出典:kodomotokyotoseikatu.blog.fc2.com
二条城では、桜のライトアップがかっこよくて、プロジェクションマッピングもあったり、沢山の桜のライトアップなど楽しみ方が沢山なのでおすすめです。

【開催期間】2016年3月25日(金)~4月17日(日)
【時間】18時~21時30分(受付終了21時)
【入場料金】大人400円 小・中学・高校生200円 (和装の方は無料です。)
【問い合わせ】元離宮二条城事務所 075-841-0096

4.観桜茶会

二条城では4月9日に「観桜茶会」が開かれます。城内の清流園で催されるお茶会は、晴れていれば野点の席も設けられ、桜の花びら舞う中、お茶をいただけるというとっても風流なお茶会です。

出典:www.kyotosanpo.com

お干菓子は桜の花弁を模しており、お茶碗も桜の花弁が描かれていています。満開の桜の下、春を感じる絶好の組み合わせではないでしょうか。列に並び始めてから、約二時間半。
終わってみれば、あっという間でした。

出典:yamatokensetsu.seesaa.net
年に1日だけのイベントですが、桜の季節に二条城でしかも本格的な御茶会ができるなんて、贅沢な楽しみ方ですね。

【場 所】二条城・清流園
【開催期間】2016年4/9(土)
【料 金】茶券3500円(入城料含む)
【お問合せ】075-841-0096(元離宮二条城事務所)

5.二条城

二条城は二の丸御殿の荘厳な建物や内部の襖絵、そして徳川慶喜が大政奉還を宣言した大広間を間近で見られ歴史の1ページに遭遇する楽しみがあります。

出典:kyoto.gp1st.com

さらに二条城二の丸には桃山様式の池泉回遊式庭園、本丸には洋式の本丸庭園もあり、時代を超えた庭園美も楽しめます。二条城には季節の楽しみもあります。二条城といえば桜が有名ですが、桜以外にも早春の梅林、初夏のツツジ、サツキ、夏のしだれえんじゅ、秋には紅葉と、四季の植物を楽しめます。

出典:kyoto.gp1st.com
世界遺産となっている二条城には、大政奉還等の歴史を味わえたり、お庭やお花を見たりと、たくさんの楽しみ方があるので、ぜひ訪れてみてくださいね。

【築城年】慶長八年(1603年)
【建築主】徳川家康
【文化財など】
国宝:二の丸御殿6棟
重要文化財:障壁画954面、東大手門など22棟
特別名勝:二の丸庭園
1994年ユネスコ(UNESCO)世界遺産登録
【入城料】
個人大人600円、団体大人500円
高・中学生350円、小学生250円
【開城時間】
午前8:45 ~ 午後4:00(閉門午後5:00)
休城:12月26日~1月4日
   毎週火曜日(7月、8月、12月、1月)
【住所】〒604-8301 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
【問い合わせ】075-841-0096 元離宮二条城事務所

いかがでしたか?

二条城には、歴史と現代が入り混じって新しい事にチャレンジしていて、見どころ沢山だと思います。季節によって楽しみ方も違うのでぜひ二条城に足を運んで見られてはどうでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する