• はてぶ
  • あとで
ドイツの魅力がギッシリ!ミュンヘン・マリエン広場からドイツ旅行を始めよう

ドイツ南部の都市・ミュンヘン。ビール祭り「オクトーバーフェスタ」で有名なミュンヘンですが、マリエン広場を中心に他にも見どころがたくさんあります。観光客が集中するマリエン広場を起点に、ミュンヘンの見どころを紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ビールの街・ミュンヘン

ミュンヘンと聞けばビールを連想するくらい「ビールの街」として名高い場所です。ドイツ最大のビール構造所もミュンヘン近郊にあります。

ミュンヘンは、バイエルン地方の魅力に満ちた街です。地元のビールやドイツの名物料理を祝うオクトーバーフェストの期間中は、ぜひ飲み明かしてください。

出典:www.tripadvisor.jp

宮廷文化が花開いた地、ミュンヘン。街には、王家にまつわる様々な建物が点在しており、当時の華やかな生活を垣間見ながら、旅行を楽しむことができます。

出典:www.tabikobo.com
ミュンヘンはドイツ南部の都市でありながら、「村」とも呼ばれています。ミュンヘンの人々には都会的な冷たさがなく、観光客を温かく迎えてくれるからです。歴史的な建造物も多数あるマリエン広場周辺はいつも観光客で賑わっています。

マリエン広場とは「聖母マリアの広場」

ミュンヘンの街を楽しむにはこの広場が中心となります。地下鉄の駅を出るとこの広場があり、ビアホールのラーツケラーや老舗デリカテッセンのダルマイヤー、ソーセージや豚肉料理をビールとともに楽しめます。

出典:www.tripadvisor.jp

広場の近くには、音楽あり、バイエルン料理あり、ビールあり、とミュンヘンを堪能できます。ミュンヘンを訪れた際には必ず一度は訪れているお気に入りの場所です。

出典:www.tripadvisor.jp
マリエン広場中央には、金色のマリア像の柱があります。マリエン広場とは「聖母マリアの広場」を意味しています。このマリア像は、かつてミュンヘンにコレラ感染症が流行したとき、感染症から民を守りたいという願いから建てられたと言われています。

マリエン広場では新市庁舎の仕掛け時計が人気

新市庁舎は、ほぼ毎日決まった時間に動く仕掛け時計・グロッケンシュピールの塔でも有名な建物です。グロッケンシュピールの可愛らしい人形劇は、定時の鐘からおよそ10分間ダンスや演奏を披露します。

出典:doi2.net
新市庁舎の仕掛け時計は、毎日11:00、12:00(3月~10月は17:00にも)に華やかなダンスや演奏がされます。また、21:00にはミュンヘン小僧がおやすみの挨拶をする仕掛けもあります。
新市庁舎の塔は高さ85mあり、塔の最上階へはエレベーターで登ることもできます。塔の上からはミュンヘン市内を一望できます。この美しい景色は必見です。
新市庁舎(Neues Rathaus)
【所在地】Marienplatz 8,80331 Munchen,Germany
【塔見学時間】10:00-19:00(5~10月)、10:00-17:00(11~4月)
【塔見学の定休日】日曜・祝日・11~4月の土曜
【塔見学料金】大人€2.50、子供€1
【アクセス】Hauptbanhof駅(中央駅)から地下鉄・Marienplatz駅より徒歩1分

マリエン広場周辺の見どころ①フラウエン教会

フラウエン教会のシンボル・2つのドーム型の塔

ミュンヘンを代表する教会で、2つの玉ねぎのような頭の塔が独特です。天井は高く、開放的な空間があり美しいステンドグラスを見ることもできます。

出典:www.tripadvisor.jp

建物が密集しているところにある教会で、2つの銅製ドーム型の塔がある教会です。白を基調とした、美しい教会です。教会の中はさほど暗さもなく、天窓からの日差しがこれまた美しく、心が洗われるようでした。

出典:www.tripadvisor.jp
フラウエン教会は、赤レンガを用いた後期ゴシック様式の建物です。2つの塔は、北塔が99m、南塔が100mあり、南塔はエレベータと階段で最上階まで登ることができます。

「悪魔の足跡」の伝説

教会に入ってすぐの床に足跡のようなものが残ったタイルがあります。これは「悪魔の足跡」と言われており、フラウエン教会が完成した時に訪れた悪魔が残したと伝えられています。
【悪魔の足跡の伝説】教会が建てられた時に悪魔が訪れ、入口から中を見て窓がないと思い「窓がないおかしな教会に信者はこない」悪魔は喜び床に足跡を残しました。しかし教会を外からみて窓に気づき、怒りくるった悪魔は教会を壊そうと強風を吹かせました。
「悪魔の足跡」のところに立ち、教会を見ると、白い柱に窓がすべて隠れて見えなくなります。今でもフラウエン教会の塔には、悪魔の吹かせる強風が吹いていると言い伝えられています。
フラウエン教会(Frauen kirche)
【所在地】Frauenplatz 1,80331 Munchen,Germany
【開館時間】7:00-19:00(木曜7:00-20:30、金曜7:00-18:00)
【入館料金】無料※南塔入場のみ大人€3・学生€1.5
【アクセス】マリエン広場より徒歩3分

マリエン広場周辺の見どころ②レジデンツ

ミュンヘンのレジデンツは、ルネッサンス、バロック、ロココなど様々な様式に増改築されたため、とても複雑な構造をしています。

王宮内や貴重な宝物を閲覧できる「レジデンツ」。バイエルン王家・ヴィッテルバッハ家の本宮殿であったレジデンツは、400年以上の歳月をかけて多くの様式を取り入れ、増改築の末に作り上げられた豪華絢爛な建築物です。

出典:www.tabikobo.com

ミュンヘンの中心地にあり観光スポットとしては外せないと思います。外観はシンプルですが中は豪華で見応え十分です。宝物が飾られている所には日本の焼物のお皿もありました。

出典:www.tripadvisor.jp
レジデンツ内の「アンティクヴァリウム(Antiquarium)」は、ルネッサンス様式の曲線の天井に美しいフレスコ画が描かれており、側面にはアルプレヒト5世のコレクションである古代の彫像が並べてあります。こちらはぜひ見学しておきたい場所です。
レジデンツ(Residenz)
【所在地】Residenzstrasse 1,80333 Munchen,Germany
【開館時間】3/28~10/18は9:00-18:00、10/19~3/27は10:00-17:00
【入館料金】€7、学生€6
【アクセス】地下鉄Odeonsplatz駅より徒歩5分、マリエン広場より徒歩5分

マリエン広場までのアクセス

ミュンヘン空港からミュンヘン市街地までは鉄道で40分ほどです。ミュンヘン空港(Flughafen Munchen)駅―ミュンヘン中央(Hauptbanhof)駅の間はSバーンの1号・8号が通っています。
マリエン広場(Marienplatz)
【所在地】Marienplatz 1,80331 Munich,Germany
【アクセス】Hauptbanhof駅(中央駅)から地下鉄・Marienplatz駅より徒歩1分
ミュンヘン・マリエン広場はいかがでしたか?ミュンヘンの中心部でもあるマリエン広場周辺には、様々な観光スポットが集中しており活気があります。ミュンヘンに訪れたら、ぜひマリエン広場から観光を始めてみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する