• はてぶ
  • あとで
オトナ女子に知ってほしい!自分にご褒美するなら絶対シンガポール

そろそろ休みが必要な頑張り屋さんのオトナ女子の皆さん。たまった家事を片付けたらあっという間に過ぎちゃういつもの週末プラスαの日数で、思い切って海外に。たっぷり遊んで、たっぷり癒される。オトナ女子だからこそできるデトックス&エナジーチャージの旅に出かけてみませんか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

そろそろ休みが必要じゃないですか?

そろそろ休みが必要なオトナ女子の皆さん。

たまった家事を片付けたらあっという間に過ぎちゃういつもの週末プラスαの日数で、思い切って海外に。オトナ女子だからこそできるデトックス&エナジーチャージの旅に出かけてみませんか?

オススメはマリーナベイ・サンズ

週末プラスαで行ける旅先は色々あるけれど、素敵なプールではしゃいで、リゾート気分まんさいのカクテルを傾けて、もちろんショッピングだってたっぷり。旅先で女子がしたいことを全部、満喫するならシンガポールの「マリーナベイ・サンズ」なんて、いかがでしょう。
マリーナベイ・サンズと言えば、この美しいプールでお馴染みの統合型リゾートですが、ほかにもとにかく魅力たっぷり。

今回は、帰りの飛行機に乗るころまでには、カラダもココロもピカピカになれちゃう。オトナ女子にこそ知ってほしいシンガポール旅をご紹介します。

“神の手”にモミモミされて疲れた身体をトロトロに

滞在中に是非、体験してほしいものの一つがスパでのトリートメント。ちょっと背伸びの感じがあるかもしれないですが、「バンヤンツリー スパ」でのトリートメントは、とにかく極上。

地上55階のこの眺めに、“神の手”と呼びたくなるような訓練されたスパセラピストたちによる施術。メニューも自然のハーブ、スパイス、アロマオイルを使用し、アジアンブレンド、バリ式、ロミロミなど、好みのものから選べます。身も心もとろけること間違いなし。
嬉しいのは、トリートメントに30分間の「カームタイム」と呼ばれるおもてなしの時間がついてくること。到着時には、ウェルカムフットバス、そしてトリートメントの後には紅茶などの飲み物を、思い切りリラックスしながら楽しめます。

せっかくの贅沢な時間。素敵な空間で余韻も含めてゆったりと過ごしたいですよね。

お土産から大好きなブランドまで、たっぷり買ってストレス発散

ホテルに直結のショッピングモール「ショップス・アット・マリーナ・ベイサンズ」でのお買い物も楽しみ。プラダやグッチなどのハイブランドからファストファッション、日本には入ってきていないシンガポールのローカルブランドまで、百店舗以上。

“お買い物天国”と言われるシンガポールでも屈指の店舗数が揃います。
とりわけ最高なのが、営業時間の長さ。日曜日から木曜日までは朝の10時から夜の11時。金曜日と土曜日は夜11時30分まで多くのお店が開いているんです。昼間はたっぷり外で遊んで、ディナーの後にたっぷりお買い物。直結のホテルに戻ってすぐに睡眠と、お買い物好きの女子にはたまらない過ごし方ができちゃいます。

とりわけ最高なのが、営業時間の長さ。日曜日から木曜日までは朝の10時から夜の11時。金曜日と土曜日は夜11時30分まで多くのお店が開いているんです。

昼間はたっぷり外で遊んで、ディナーの後にたっぷりお買い物。直結のホテルに戻ってすぐに睡眠と、お買い物好きの女子にはたまらない過ごし方ができちゃいます。

さらにマリーナベイに浮かぶ「クリスタルパビリオン」には、ルイ・ヴィトンの巨大ショップ「ルイ・ヴィトン・アイランド・メゾン」が。外観からして美しく、ときめきます。店舗は地上1階、地下2階からなり、商品だけではなく、ルイ・ヴィトンのテーマである「旅」に紐づくアート作品などもあり、ミュージアム的に楽しむこともでき、オススメです。

さらにマリーナベイに浮かぶ「クリスタルパビリオン」には、ルイ・ヴィトンの巨大ショップ「ルイ・ヴィトン・アイランド・メゾン」が。外観からして美しく、ときめきます。

店舗は地上1階、地下2階からなり、商品だけではなく、ルイ・ヴィトンのテーマである「旅」に紐づくアート作品などもあり、ミュージアム的に楽しむこともでき、オススメです。

この時ばかりはダイエットは中止!極上スイーツを食べまくる

マリーナベイ・サンズはローカルにとっても、旅行者にとっても美食家垂涎のスポットでもあります。オーストラリアに1店舗しか出していなかった和久田哲也氏や、カリフォルニアを中心に活躍するデビッド・マイヤーズ氏など、世界的に有名な“セレブリティシェフ”8名が10店舗のレストランをオープン。

ディナーやランチなどの料理はもちろんですが、もちろんデザートだって抜かりはありません。写真はダニエル・ブールー氏の「DB BISTRO & OYSTER BAR」のミルフィーユ。シーフードで知られるお店ですが、デザートもかなり魅力。
スイーツを中心に楽しみたい人に一押しは、ホテルタワーの55階にある「クラブ55」で毎夜8時~深夜0時まで楽しめるデザートビュッフェ「チーズ アンド チョコレートバー」。
40種類以上のスイーツ、そして12種類のヨーロッパチーズを、素晴らしい夜景を見ながらいただける穴場スポット。ダイエットを忘れてたっぷりスイーツをいただいて、途中からはワインをいただきながらチーズをつまんで女子トーク。深夜までたっぷり盛り上がれそうですよね。
ショップス・アット・マリーナ・ベイサンズの中にある「High Society」も人気。キュートすぎるカップケーキやマカロンなどのスイーツのお店で、パスタやハンバーガーなどの軽食も食べられます。CDショップを併設しているのもユニーク。
15時から18時にはハイティーのメニューもあり、お茶とサンドウィッチ、マカロンやミニケーキなどもいただけます。ちなみにショップスにはシンガポール発の紅茶店「TWGティー」のカフェもあり、そちらのハイティーも素敵。どこに行くか、迷ってしまいます。

ドレスアップして劇場やクラブ・バーで夜遊び

せっかくの旅先。思い切りハメを外して夜遊びだってしたいですよね。時期が合えばいろいろな屋外イベントや、コンサートをやっていることも!

せっかくの旅先。思い切りハメを外して夜遊びだってしたいですよね。時期が合えばいろいろな屋外イベントや、コンサートをやっていることも!

最高レベルのショーを楽しみたいという方なら「マスターカードシアターズ」に。世界的なミュージシャンやブロードウェイミュージカルなどの公演が毎日のように行われています。事前予約しておくほうが安心ですが、当日でもチケットを買える場合もあります。この写真は、2016年9月末から公演が予定されている「WICKED - The Musical」。是非、ドレスアップしていってみてくださいね。

最高レベルのショーを楽しみたいという方なら「マスターカードシアターズ」に。世界的なミュージシャンやブロードウェイミュージカルなどの公演が毎日のように行われています。事前予約しておくほうが安心ですが、当日でもチケットを買える場合もあります。

この写真は、2016年9月末から公演が予定されている「WICKED - The Musical」。是非、ドレスアップしていってみてくださいね。

お気に入りのカクテルをインスタにアップ

リゾート感たっぷりのカクテルも楽しんでしまいましょう。マリーナベイ・サンズのレストランには、おいしいうえに、SNSばえするきれいなカクテルがいっぱい。先述のセレブリティシェフのレストランにもウェイティングバーがあって、その気になれば、“はしごカクテル”だってできてしまいます。毎週火曜日6時から9時まではいろいろなレストランでシグネチャーカクテルが半額になる嬉しい「ソーシャルアワー」もやっています!

リゾート感たっぷりのカクテルも楽しんでしまいましょう。マリーナベイ・サンズのレストランには、おいしいうえに、SNSばえするきれいなカクテルがいっぱい。先述のセレブリティシェフのレストランにもウェイティングバーがあって、その気になれば、“はしごカクテル”だってできてしまいます。

毎週火曜日6時から9時まではいろいろなレストランでシグネチャーカクテルが半額になる嬉しい「ソーシャルアワー」もやっています!

ちなみに写真は「Flight」の「フレンチ57」。ジン、レモン、砂糖、シャンパンを使ったクラシックカクテル「フレンチ57」をアレンジ。砂糖のかわりにアカシアはちみつ、そしてゆず梅酒でエキゾチックな風味を加えています。
こちらは「CUT」の「ラフ ラブ」。日本の梅酒のエッセンスを加えたシャンパンベースのカクテルです。

こちらは「CUT」の「ラフ ラブ」。日本の梅酒のエッセンスを加えたシャンパンベースのカクテルです。

眺めも最高なお部屋で“何もしない”を楽しむ

そしてリゾートライフと言えば、こちら。ホテルの素敵なお部屋で“何もしない”贅沢も味わいたい。マリーナベイ・サンズのホテルは、どのお部屋からも眺めが最高。

マリーナベイ側のお部屋を選んで美しいベイや、キラキラ輝く街の夜景を眺めるも良し、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」側のお部屋を選んで、近未来的で映画「アバター」の世界を思わせる植物園の景色を堪能するも良し。
スタンダードなお部屋でも充分に素敵ですが、グループで女子旅をするなら一部屋ぐらいはスイートにして、パジャマで存分にガールズトークする夜もいいかもしれません。

いかがでしたか?

いかがでしたか? オトナ女子が「たまには自分にご褒美をあげたい」と思うときにしたいことの全てが揃う「マリーナベイ・サンズ」で、たっぷり癒され、たっぷりエナジーチャージしてきてくださいね。
そして、そうそう!秋以降の旅を検討中の方には実は、、、同じサンズグループが2016年後半、マカオに「ザ・パリジャン・マカオ(The Parisian Macao)」という統合型リゾートもオープンするんです。こちらも素敵になること間違いなし。是非、楽しみにお待ちくださいね♡

関連するリンクこの記事に関連するリンク