• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ジブリの世界へ!美しすぎる要塞都市「ドゥブロヴニク」とは

中世の要塞都市ドゥブロヴニク。重厚なイメージの名前とは裏腹に、「アドリア海の真珠」とも呼ばれるクロアチアの美しい港町をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ドゥブロヴニクとは

ドゥブロヴニクといって、すぐに場所が浮かぶ人はそう多くないと思いますが、赤と白のチェック柄の国旗が可愛いクロアチアにある世界遺産の街です。

旧ユーゴスラビアから独立したクロアチアは、コソボ紛争が終わってまだ20年程。甚大な被害を被ったドゥブロヴニクですが、住民の力で復興を遂げ、平和を取り戻したバルカン半島が今ヨーロッパの観光地として人気急上昇中です。

人気の理由は、その美しい街並みを見れば一目瞭然。今回はそんなドゥブロヴニクでの楽しみ方をご紹介します!

ドゥブロヴニクの楽しみ方 その1:中世の世界にどっぷり浸かる

「紅の豚」、「魔女の宅急便」の舞台とも言われる白壁とオレンジの屋根の見事なコントラスト。旧市街の美しい街並みをみているとふと現実を忘れてしまいそうになります!遠くから飛行機でも飛んでくるような気がしてきます。
街のシンボル、フランシスコ会修道院の鐘の音が鳴り響く。街中にはほかにも総督領や大聖堂、海洋博物館などもあり街は大きくないのでゆっくり回ることができます。

ドゥブロヴニクの楽しみ方 その2:幻想的な夜の散歩

昼とはまた違った雰囲気を醸し出す夜のドゥブロヴニク。
石畳に反射する柔らかな灯りがなんとも幻想的な夜を演出します。

レストランやショップもたくさんあって、旅行者を飽きさせません。

街の中には小さな路地がいっぱいあり、隠れ家のようなお店が突如現れます。こんなところで飲むワインはまた違った味わいを加えてくれそうです。

ドゥブロヴニクの楽しみ方 その3:旧市街を上から眺める

旧市街のプジャ門を抜けてすぐの所からケーブルカーで山頂へ行くことができます。アドリア海に映えるドゥブロヴニク全貌を見ることができます。

山頂にある展望台!風が強いため、天候次第では登れないことも。3日目にしてようやく山頂へ行くことができました!

スルジ山の山頂からの景色は、「アドリア海の真珠」と言わしめた理由がわかります!

ドゥブロヴニクの楽しみ方 その4:もう一人の住人、猫たちと戯れる

猫のいる町は平和な証拠!いろんなとこで顔を出す猫たちもこの街の立派な住人です。

迷った旅人を呆れ顔で眺める猫たち。野良猫ですが、どこか気品があるように見えてしまいます。

ドゥブロヴニクの楽しみ方 その5:城壁を歩いてみる

なんと!街を囲む城壁を歩くことができます。入り口が2箇所あるので半周も可能。街をいろいろな角度から見ることができます。

こんなところにカフェを発見!!悪天候のため、今回は行くことはできませんでしたが、真っ青な海を見ながらゆっくりくつろぐ特等席でコーヒー飲んでみたいものです。

1979年に世界遺産に登録されたものの、紛争のため一時危機遺産に登録されてしまった過去もあります。住民の力で、被害のあった街を元どおりにし、ようやく2005年に復興が完了。

街を歩くとそんな歴史があったなんて想像もできないほど美しいのですが、過去を背負っているから今をよりよくしようとする住民の熱意に心うたれます。

旅行者に、気さくに声をかけてくれる住民の優しさも旅の途中で感じていただけたら嬉しいですね。

実は飛び地!ドゥブロヴニクへの行き方

▶︎空路

クロアチア国内からの空路ではシーズン中、ザグレブ空港からクロアチア航空が日に2〜5便運行している(早朝6時台、午後3時台、夜9時台)。飛行時間約40分。

ドゥブロヴニク空港は国際空港なのでシーズン中はヨーロッパ各都市から直行便やチャーター便があります。
▶︎陸路

ザグレブやスプリットからドゥブロヴニク行き長距離バスが出ています。ザグレブからは約10時間、スプリットから約5時間ほどかかります。

スプリットで一泊してからドゥブロヴニクへ向かうこともできます。またヨーロッパの各地からはLCC(格安航空会社)を使えば、北部のスプリットに飛んで、その後バスでドゥヴロクニクを目指すこともできます。

実はドゥブロヴニクはクロアチアの飛び地!なので、途中一度ボスニア・ヘルツェゴビナに入国し、バスの中でパスポートチェックがあります!!
▶︎ドゥブロヴニクに到着したら

空港から旧市街まではバスで40分。旧市街のピレ門前かケーブルカーのチケット売り場前から乗降できます。

また、ザグレブやスプリトからの長距離バスは街の外れにあるバスターミナルに到着します。旧市街までは、ローカルバスに乗って約15分ほど。タクシーだとかなり割高になるので、移動はローカルバスがオススメです!

旧市街から離れたホテルに泊まっても、このローカルバスで夜遅くまで行き来できますので超便利!

他にもこんな魅力があるクロアチア!

ザグレブ Zagreb

クロアチアの首都とは言うものの、割と地味なイメージのザグレブ。街も小さめで半日ゆっくり回れば堪能できそう。可愛らしい屋根が特徴の聖マルコ教会や世界一短いケーブルカーなど散歩していて楽しませてくれるスポットが点在しています。お洒落な雑貨屋さんが多いことも意外でした。

大統領府や裁判所などが集まった政治的中心部に可愛らしい屋根が特徴の聖マルコ教会があります。色使いがなんとも言えない。

世界一短いケーブルカー。見てびっくり!歩いた方が早い超スロー。ご老人への優しさでしょうか。

街並みが古く、だけど味のある雰囲気が漂う首都。暗いイメージだったけどフォトジェニックな街並みを楽しむことができます。

スプリト Split

クロアチア第二の都市であるスプリト。アドリア海に面した港町で観光や漁業で栄えた街。歴史的な建造物が多く1979年にはユネスコ世界遺産に指定された街です。LCCでヨーロッパ各都市から空の玄関口としても利用しやすい街です。

3世紀にローマ皇帝ディオクレティアヌスが建設した宮殿を巡る港町。海産物も豊富で多くの観光客で賑わいます。銀の門と呼ばれる入り口から中へ入ると中世そのままの街並みを歩くことができます。

白い大理石で宮殿全体ができており、裸足で歩くとなお気持ちがいい。純白に身を包んだ大聖堂は存在感を示していました。

以上、ドゥブロヴニクをメインにご紹介させていただきました!いかがですかクロアチア。次の旅行先にぜひオススメですよ! 

ヨーロッパ旅行のオプションに加えてみるのもいいかもしれませんね!楽しい旅になりますように!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

aki514初めて旅をしたインドの衝撃が人生を変えた。バックパッカーをしながら多くの人に出会い、旅と写真の魅力にのめり込む。現在は学位取得のためドイツに留学中。人間が作り出した文化の違いをより多くの人に伝えたい。

このまとめ記事に関して報告する