• はてぶ
  • あとで
袴に着替えて女子旅しよう!富岡製糸場の女子的楽しみ方5選

実は今、女子旅におすすめなのが「富岡製糸場」なんです!明治時代の袴姿に変身して、富岡製糸場を見学したり、機織り体験をしたり、レトロなカフェでお茶をしたり…と、富岡製糸場ならではの楽しみ方ができるのです!今回は富岡製糸場の女子的楽しみ方をご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

富岡製糸場とは?

富岡製糸場は明治5年に設立された、日本国内初の本格的な器械製糸の工場です。平成26年に世界遺産に登録されたことで、よりいっそう話題となりました。その富岡製糸場は実は今、女子旅におすすめの場所なのです!女子旅ならではの楽しみ方をご提案します!

1. 治田呉服店で袴に着替える

明治の面影を残す情緒豊かな街にレトロな袴姿はよく似合います。富岡製糸場があったからこそ残っているレトロな雰囲気漂う富岡のまちなかや世界遺産となった富岡製糸場内を、工女の服装(袴姿)で友人や家族と楽しくを散策してみませんか。

出典:www.tomioka-silk.jp

創業100年を越えるお店。着物や袴のレンタルをしてくれる。もちろん、着付けもしてくれるので、富岡の町を散策してみては。

出典:www.jreast.co.jp
富岡製糸場の女子旅ならではの楽しみ方1つ目は「袴姿に変身!」です。やっぱりいつもと違う服装になれるとテンションが上がりますよね!みんなで明治時代の工女の姿になりきって富岡を楽しんでみませんか?

「治田呉服店」の基本情報

【所在地】群馬県富岡市富岡1128
【電話番号】0274-63-1611
【営業時間】10:00〜19:00
※袴の着付け受付は10:30~15:00、袴は16:00までに返却。
【定休日】水曜日
【料金】3,000円(着付け代込み)
【所要時間】1人あたり約15分
【アクセス】上信電鉄 上州富岡駅から徒歩約15分

2. 工女姿で「富岡製糸場」の見学

木骨と赤レンガ造りの建造物群は現在もほとんど当時のままの姿で保存されており、日本の近代産業発祥の地として貴重な建築物。

出典:www.jalan.net

解説ガイドツアーはガイドさんが良かったのか、楽しい雰囲気で分かり易く、また時には笑えるオチがある話し方で良かったです。200円は安いと思いました。訪れる際にはガイドツアーがオススメです!!

出典:www.tripadvisor.jp
富岡製糸場の女子旅ならではの楽しみ方2つ目は、「工女姿で富岡製糸場の見学」です。袴姿になったらそのまま富岡製糸場の見学へ行ってみましょう!工女になりきってあちこちで写真撮影をしてみると楽しいですよ。

「富岡製糸場」の基本情報

【所在地】群馬県富岡市富岡1-1
【電話番号】0274-62-5439(富岡市観光おもてなし課)
【開場時間】9:00〜17:00
【定休日】毎週水曜日、年末(12/29〜31)
【入場料】大人1,000円、高校・大学生250円(要学生証)、小・中学生150円
※ガイド有(予約不要、1人1回200円)

【アクセス】
・上信電鉄上州富岡駅から徒歩約15分
・上信越自動車道富岡ICから無料駐車場まで約10分、無料駐車場から徒歩約20分

3. 「絹工房 本店」で機織り体験

富岡産のシルク糸を使って卓上機織り機でコースター作りを体験出来ます

出典:www.jalan.net

店内には富岡シルク石鹸、シルク入り化粧品、シルクストトールなどシルクを使った商品がずらり。

出典:www.tomioka-silk.jp
富岡製糸場の女子旅ならではの楽しみ方3つ目は、「工女姿で機織り体験」です。せっかく工女の姿になったからには、「絹工房 本店」で簡単な機織りも体験してみませんか?店内にはシルクを原料とした石鹸も販売されていてお土産に人気です。

「絹工房 本店」の基本情報

【所在地】群馬県富岡市富岡1152
【電話番号】0274-67-5023
【営業時間】9:00〜17:00
【定休日】毎週水曜日
【機織り所要時間】約1時間
【アクセス】富岡製糸場から車で5分、富岡ICから車で約10分

4. レトロカフェ「カフェドローム」で一休み

カフェドロームは富岡製糸場操業から3年後の明治8年に建築された古民家を改装したカフェです。

出典:www.tomioka-silk.jp
富岡製糸場の女子旅ならではの楽しみ方4つ目は、「古民家カフェで一休み」です。歴史と新しさが融合するおしゃれレトロカフェ「カフェドローム」は一見の価値ありです。群馬県富岡産の繭から抽出したシルクタンパク液を生地に練り込んだシフォンケーキなどがいただけます。

「カフェドローム」の基本情報

【所在地】群馬県富岡市富岡51-4
【電話番号】0274-67-1123
【営業時間】
・カフェタイム 9:00~18:00
・バータイム  18:00~23:30
【定休日】
・カフェ 不定休
・バー  月曜定休

5. 製糸場ゆかりのグルメをいただきます!

富岡製糸場の女子旅ならではの楽しみ方5つ目は、富岡製糸場周辺ならではのシルクグルメの堪能です。特におすすめのグルメを2つご紹介します。

「おぎのや」の「シルクソフトクリーム」

ここ限定のシルクが入ったソフトです
なめらかで少しとろみのあるような食感が面白い! 美味しい

出典:softcream.blog.jp

しっかりかための王道バニラソフトクリームです。重めのソフトクリームなので、食べ応えあります。

出典:sanabanana.blog89.fc2.com
富岡製糸場の女子旅ならではの楽しみ方「シルクグルメ堪能」ができるお店1つ目は「おぎのや」です。釜めしで有名なお店ですが、富岡製糸場前にあるこちらの店舗ではシルクタンパク入りの限定ソフトクリームが食べられます!
【所在地】群馬県富岡市富岡34-3
【電話番号】0274-67-5111
【営業時間】10:00〜17:00
【定休日】無休
【アクセス】富岡製糸場からすぐ

「まゆ菓優 田島屋」の「シルク・ド・らやき」

創業100年以上。繭やシルク、桑をモチーフとした地元富岡にちなんだお菓子作りに取り組んでいます。

出典:www.tomioka-silk.jp

日本のシルクとフランスの砂糖を入れて焼きあげたのが、田島屋の「シルク・ド・らやき」です。シルクは地元富岡産の繭から抽出されたものを使用。

出典:mayu-tajimaya.com
富岡製糸場の女子旅ならではの楽しみ方「シルクグルメ堪能」ができるお店2つ目は、繭やシルク、桑などをモチーフにした富岡土産の老舗「まゆ菓優 田島屋」です。お土産にぴったりの商品が多くありますが、名前もかわいい「シルク・ド・らやき」が注目されています。
【所在地】群馬県富岡市内匠243-1
【電話番号】0274-62-1134
【営業時間】10:00〜19:00
【定休日】毎週水曜日
【アクセス】富岡製糸場から車で5分

富岡製糸場へ女子旅しに行きませんか?

富岡製糸場の女子旅ならではの楽しみ方、いかがでしたか?
袴姿に着替えて、世界遺産の見学やグルメの堪能など、ここでしかできない体験がたくさんあります!次の女子旅の目的地として検討してみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 日本全国には「世界遺産」として認定された絶景スポットがたくさん。次の旅行で日本…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する