• はてぶ
  • あとで
蔵ですけど、魅力たっぷりなんです!倉吉白壁土蔵群の5つの楽しみ方

鳥取県の中央に位置する倉吉市に、白壁が連なった通称『白壁土蔵群』という素敵な街並みがあります。今回はその白壁土蔵群の楽しみ方をまとめました。この土蔵群、ただの蔵の集まりではありません!倉吉の魅力がいっぱい詰まった白壁土蔵群の楽しみ方をご覧下さい。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

倉吉白壁土蔵群(くらよししらかべどぞうぐん)とは

玉川沿いに並ぶ白壁土蔵群は江戸、明治期に建てられた建物が多く、今でも当時の面影を見ることができます。

出典:www.tottori-guide.jp

その町並みから山陰の「小京都」とも呼ばれ、周辺には酒蔵や醤油蔵が多く、かおり風景百選(酒と醤油のかおる倉吉白壁土蔵群)にも選定されている。黒い焼杉板、白い漆喰壁、赤い石州瓦という手法は統一的で美しい風景。

出典:www.jalan.net
白壁土蔵群は商家が建ち並ぶ表通りと、その裏側にずらりと並ぶ漆喰塗りの土蔵とが連なった街並みです。ここには、景観に合わせてリノベーションされたショップやカフェ・工房などがあり、『白壁土蔵群赤瓦(あかがわら)』として新たな観光スポットとなっています。

古き良き伝統を守りながら新しい息吹を吹き込んだ白壁土蔵群のなかで、あなた流の素敵な楽しみ方を見つけてみませんか?

基本情報

【所在地】鳥取県倉吉市新町1丁目、東仲町、魚町、研屋町周辺
【お問い合わせ】倉吉白壁土蔵群観光案内所:TEL 0858-22-1200
【アクセス】〈車〉米子自動車道「湯原IC」「蒜山IC」より車で約40分、〈公共機関〉JR倉吉駅より路線バス「市内線西倉吉方面行」約12分 赤瓦・白壁土蔵下車 徒歩約5分
【駐車場】観光駐車場を利用

楽しみ方①白壁土蔵群の蔵の中へ入ってみよう!

赤瓦二号館『ワイン蔵』

日本ワイン専門店です 勿論ですがフランスワインやイタリアワイン、チリワイン等は全くありません 地元産のブドウを醸造して販売している西日本を中心としたワイナリーの銘柄を取り扱っておられます

出典:ameblo.jp

店内に入ると、棚にずら~っと並ぶ日本ワイン そして、ワインの試飲ができるステキなバーカウンターと日本ワインについて熱く語ってくれるステキなマスター マスターの普段の姿はブドウ農園のおっちゃん(笑

出典:blog.zige.jp

店舗情報

【所在地】鳥取県倉吉市魚町2529
【お問い合わせ】TEL 090-4908-5686
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】不定休

サダルチョーク/Cafe' mela(カフェ メーラ)

土蔵を改築してあるお店で、1階はアジア雑貨店「sadar chowk」。マスターがインドで買い付けた雑貨がメインで、カゴバッグとかアクセサリーがカワイイ。

出典:d.hatena.ne.jp

店舗情報

【所在地】鳥取県倉吉市新町1-2453
【お問い合わせ】TEL 0858-22-6445
【営業時間】10:00〜18:00
【定休日】木曜日(祝日の場合営業)

鳥取県倉吉市新町1-2453サダルチョーク2階

写真を投稿する
3.04 00
赤い屋根に白い漆喰壁が素敵な土蔵の中を、ちょっとのぞいてみたいと思いませんか?白壁土蔵群の最初の楽しみ方は、そんな好奇心を満足させる蔵めぐりです。蔵をリノベーションした店内は、隠れ家そのもの…。とっておきの場所が見つかるはずです。

楽しみ方②赤瓦ショップで美味しいランチを堪能しよう!

赤瓦十号館『キッチンカフェ天女のいずみ』

懐かしさの残るラムネ工場の建物をそのまま残したお店です。色とりどりの地元材料を使った手作り惣菜が10種類以上盛られた天女ランチ1000円(1日限定10食要予約)が人気!!高知出身のオーナーが作るさわち料理バージョンです。

出典:r.gnavi.co.jp

目にも鮮やかな天女ランチの全貌。地元の食材を沢山使っているそうです。

出典:hisagon.blog3.fc2.com
元ラムネ工場をカフェにリノベーションした店内は、ラムネのイメージそのままの懐かしさと可愛らしさが漂う空間となっています。ここでは、高知県出身のオーナーが故郷の味と倉吉の味を見事にマッチさせた、「天女ランチ」が女性に大人気です。

店舗情報

【所在地】鳥取県倉吉市魚町2568(赤瓦十号館)
【お問い合わせ】TEL 0858-22-1200(倉吉観光案内所呼出)
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】木曜日
【座席数】22席

赤瓦十三号館『白壁倶楽部』

山陰の小京都、倉吉の街角にたたずむ白壁土蔵の「レストラン&カフェ白壁倶楽部」です。明治41年築の「旧国立第三銀行倉吉支店」の落ち着いた雰囲気の中で、シェフ自慢の絶品フレンチをお楽しみください。

出典:shirakabeclub.jp
白壁土蔵群の中でひと際目を引く『白壁倶楽部』。長い歴史の中で育まれた和と洋の調和を楽しみながら、シェフおすすめの極上フレンチを堪能してください。

店舗情報

【所在地】鳥取県倉吉市魚町2540-1 (赤瓦十三号館)
【お問い合わせ】TEL 0858-24-5753
【営業時間】〈カフェタイム 〉10:30~11:30、14:30~17:30〈ランチタイム 〉11:30~14:30※オーダーストップ 14:00〈ディナータイム〉 17:30~21:00※オーダーストップ 20:30
【定休日】 水曜日・毎月第3火曜日
【座席数】34席 (テーブル席 4人×6、2人×5、8人×1)
白壁土蔵群の中には味と食材にこだわった、美味しい食事が堪能できるレストランやカフェがあります。歴史ある建物と洗練された料理の数々…。何軒も梯子したくなるほど、どこのメニューも素敵です。「食」の楽しみ、女性には外せませんね。

楽しみ方③福の神を探して白壁土蔵群を散策しよう!

ギフト・結納 やぶき

倉吉の街並のあちらこちらでみかけるみたいですよ、福の神

出典:blog.zige.jp

元師酒造

倉吉の古い街並みのあちらこちらで見かける「福の神」。この福の神たちには、白壁土蔵群の火災から元帥酒造の店舗を守ったや子宝を授かったなどなど、いろ~んな逸話が生まれているんです。

出典:ameblo.jp

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する