• はてぶ
  • あとで
みどころたくさんの山寺、見逃さないための5つの楽しみ方

山寺には、みどころがたくさんで楽しみ方もいろいろでも、山際にあるので登るのが大変、全部はみられないという方におすすめです。山寺の見逃さないための楽しみ方をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

山寺とは

山寺は、山形県にあり正式名は「立石寺(りっしゃくじ)」といい天台宗のお寺です。貞観2年(860年)に円仁(慈覚大師)が開山しました。山の上というより崖にあるお寺です。

基本情報

【名称】立石寺(山寺)
【所在地】〒999-3301山形県山形市山寺4456
【電話】023-695-2843
【営業期間】8:00~17:00
【休日】年中無休
【アクセス】(電車)JR仙山線山寺駅より徒歩7分

1.真っ先に「奥の院」へ

なつみーぬ@natsumi716121nu
山寺行ってきた💞 半袖で、1000段登りました👟笑 明日から5日勤 がんばりましょ~💉 #山形#山寺#風強すぎ#雨よりましだけど#足プルプル#明日やばそう(笑) @ 山寺奥の院 https://t.co/FBgBAZs0dp

2016-05-08

やすよ@cherry_0726
山寺行ってきた 階段、死ぬかと思った(笑) 奥の院まではもちろん行けなかった……(T-T) https://t.co/nyOK4ulTA1

2016-05-09

山寺の楽しみ方、最初は「奥の院(如法堂)」です。奥の院までは、1105段の階段を上らなければいけませんのでまず、体力のあるうちにまず上りましょう。奥の院の左側に大仏殿があり像高5mの金色の阿弥陀如来が安置されています。

ワンポイント「むかさり絵馬」

奥の院には、多くの「むかさり絵馬」が納められています。むかさり絵馬は、不幸にして結婚前に亡くなった若者、入学前に亡くなった学童たちの霊を弔い、せめてあの世で好きな人と一緒に、楽しみにしていた入学式に連れてってあげたいという親の願いで納められたものです。

2.「三重小塔」に降りて行きましょう

「三重小塔」は永正16年(1519年)に建立された小塔です。高さが248センチで岩窟の中に納まっています。昭和27年に国指定重要文化財に指定されています。

出典:blog.goo.ne.jp

国指定重要文化財の山寺・宝珠山立石寺「三重小塔」です。文化財指定された三重塔としては最も低い(最小の)ようです。

出典:www.jalan.net
山寺の楽しみ方の2番目は「三重小塔」です。山寺はみておきたいお堂がたくさんありますが、その中でも「三重小塔」は重要文化財なので必ずみておきたい中の1つです。周辺には「納骨堂」「一切経蔵」などがありますのでみて回りましょう。

3.さらに下って「五大堂」「開山堂」へ

クラムボン@cram2133
五大堂着いたー!先程のの建物です。 https://t.co/vbwJid0GP7

2016-05-12

一度行ってみたいと思っていた、憧れの山寺。山門からはるか頂上まで行けるか、途端に不安に駆られる始末。ゆっくり少しずつ歩きました。不思議と無心になるような気がしてきます。開山堂の景色は、絶景です。又訪ねたくなる場所ですね。

出典:www.tripadvisor.jp
山寺の楽しみ方の3番目は「五大堂」「開山堂」です。開山堂は、山寺を開かれた慈覚大師のお堂でその下にある自然窟にご遺骸が埋葬されています。近くにある五大堂は舞台造りになっていてここからの風景は絶景です。ここで景色を眺めながらしばし休息を。

4.周辺をみながら「せみ塚」へ

もうこりた(忘己利他)@kou001190
せみ塚!「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」シヌ♀ https://t.co/zZeHwAnbnG

2016-05-05

かの有名な松尾芭蕉が「せみの句」を詠んだとされるところで、せみ塚の下にはその短冊が埋められています。 また、山の上にありとても景色がいいです! 今の季節ならきれいな紅葉が見られると思います!

出典:travel.biglobe.ne.jp
山寺の楽しみ方の4番目は「せみ塚」です。五大堂からゆっくり仁王門などの周辺をみながら「せみ塚」まで下りましょう。せみ塚は、有名な松尾芭蕉の句「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」の短冊が土台石の下にあります。まさに名句で、夏に来ると一層感じる句です。

5.最後は「根本中堂」とお楽しみ

伝教大師が比叡山に灯した灯を立石寺に分けたものを、織田信長の焼打で延暦寺を再建したときには逆に立石寺から分けたという、1200年も灯り続ける「不滅の法灯」を拝することができる

出典:wohnen.blog.fc2.com
庄内の食を語る信濃藤四郎@s_mogu_47no
【玉こんにゃく】スルメ出汁の醤油ダレで煮込んだ通称「玉こん」。山形県内の観光地・お祭・花見・スキー場・いも煮会…とにかく人が集まるところには必ず出現する山形県民のソウルフードとも言える食べ物だよ。https://t.co/adxifYbve8

2016-05-10

山寺の楽しみ方の最後は、山寺の本堂の「根本中堂」です。お堂の6割程ブナ材でできておりブナ材の建築物では日本最古の建築物です。そしてお楽しみとして山寺名物のこんにゃく玉をしょうゆだけで煮た「玉こん」を食べましょう。

いかがでしたか?

みどころたくさんの山寺、見逃さないための5つの楽しみ方をご紹介しました。登るのには体力が必要ですが、苦あれば楽ありで下りは楽なので下りながらみて回る楽しみ方を試してみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する