• はてぶ
  • あとで
食べた後にも使える!思わず集めたくなる日本全国のユニーク駅弁9選

ご当地の食材がふんだんに使われており、旅行をさらに楽しませてくれる「駅弁」。食べて味わうことはもちろん、見て楽しむこともできますよね。最近の駅弁は容器に凝ったものが多いんです!今回はそんな凝った容器の駅弁を9個紹介したいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

"美味しい"だけじゃない!一石二鳥の駅弁

その土地の特徴がよく現れている"駅弁"。鉄道旅のお供として欠かせないものですよね。みなさん、駅弁の容器に注目してみたことってありますか?実は駅弁は味だけではなく容器にもそれぞれ個性があるんです。これを見ればあなたもきっと集めたくなるはず!

① 山陰鳥取かにめし / 鳥取駅

山陰鳥取釜飯(税込 1,000円)

一つ目の思わず集めたくなる駅弁は、鳥取駅の「山陰鳥取かにめし」です。日本海の「かに」をふんだんに使い、たっぷりと盛り付けられている風味豊かな駅弁です。
容器は見ていて楽しくなるかに型です。自然にやさしい部分分解樹脂を使用しています。子供も喜びそうな容器ですね!

② 松阪名物黒毛和牛モー太郎弁当 / 松坂駅

松阪名物黒毛和牛モー太郎弁当(税込 1,350円)

こちらは、有名な松阪牛を形どった駅弁です。かなりリアリティのある顔面ですね。ふたを開ければ童謡 「ふるさと」のメロディが流れるのだとか。
食べた後にもこうしてお弁当箱として活用できるなんて優れものですよね♪

③ 雪だるま弁当 / 新潟駅

雪だるま弁当(税込 1,080円)

雪国新潟の特徴を表している「雪だるま弁当」。まんまるとした形と愛らしい表情に、思わず買ってしまいたくなりますよね。
定番は白ですが、ピンク・ブルー・オレンジ・グリーン色のものもあります。顔も一つ一つ違うので見ていて飽きません!全色コンプリートしたくなりますね。

④ だるま弁当 / 高崎駅

だるま弁当(税込 1,000円)

高崎市の特産品である「だるま」をモチーフにした駅弁。細やかな模様が刻まれています。食後はなんと、貯金箱としても使える容器になっています!
お米は醤油味で炊いた香りの良い御飯です。自然の恵みを活かした手作りの優しい味を売りにしています。

⑤ 開運さるぼぼ弁当 / 高山駅

開運さるぼぼ弁当(税込 1,050円)

「さるぼぼ」とは、子供が産まれたとき玩具の代わりに御守として与える飛騨地方に伝わる郷土人形のこと。そんなさるぼぼの形をした駅弁がこの「開運さるぼぼ弁当」です。
この駅弁、容器がさるぼぼの形をしているだけではなく、特製さるぼぼストラップも付いてくるんです!鶏にこだわった中身で、鶏そぼろ、焼き鳥、味付け卵、錦糸卵など食べやすいものが敷き詰められています。

⑥ ゲゲゲの鬼太郎 風呂茶漬け / 鳥取駅

ゲゲゲの鬼太郎 風呂茶漬け(税込 1,200円)

「ゲゲゲの鬼太郎」のふるさと鳥取で、鬼太郎の駅弁があるのをご存知ですか?なんと豆腐竹輪に練梅を添えた「目玉のおやじ」が入っているんです!柔らかく時雨煮風に生姜で煮込まれた鳥取牛も絶品です。
「目玉のおやじ」のお風呂のように容器の外側は無地の素朴な味わいで、食べるにしたがって、妖怪たちが出てきます。オリジナルの有田焼が使われています。

⑦ 有田焼カレー / 有田駅

有田焼カレー(税込 1,600円)

多くのTVや雑誌等のメディアでも取り上げられている「有田焼カレー」。28種類のスパイスがふんだんに使われていて、「九州の駅弁」で1位を取るほどの実力がある駅弁です。
有田焼の容器が使われています。他の駅弁に比べると少し値段が高いですが、なんども使える有田焼の器が手に入るのでとってもおすすめです!

⑧ 峠の釜めし / 群馬駅

峠の釜めし(税込 1,000円)

筆者も大好きな「峠の釜飯」。約55年間作り続けられている、歴史のある駅弁です。結構量があるように見えますが、優しい味付けで意外と食べきれてしまいます。
食べ終わった後も、このように炊き込みご飯などを入れて使うことができます。しっかりとした陶器でできているので長く使うことが出来るでしょう。

⑨ お鉢弁当 / 草津駅

お鉢弁当(税込 930円)

信楽焼の植木鉢を器に使うというオリジナリティあふれる駅弁。中は、高菜の漬物炊き込みご飯と、タケノコやシイタケ、サケ、鶏の照り焼き、玉子焼き、山菜、ギンナンなど、素朴で豊かな近江の幸が、たくさん盛り込まれています。
※要予約
別添えでラディッシュの種が付いており、弁当を食べ終わった後は、容器を植木鉢にして育てられる、というのも他の駅弁にはない遊び心がありますよね。掛け紙の新聞紙は「南洋軒新聞」。お鉢弁当開発までの物語が掲載されています。

集めて楽しい駅弁

いかかでしたか?お弁当箱、貯金箱、器、さらには植木鉢にもなる駅伝の容器・・・美味しいだけでなく再利用できるなんて一石二鳥ですね!ぜひ駅弁を買うときには、容器にも注目してみてくださいね♪

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する