• はてぶ
  • あとで
張家界文化の魂 中国「天門山ロープウェイ」に乗り絶景景観を楽しむ!

中国天門山ロープウェイは全長7kmのロープウェイです。張家界の歴史に名を刻む名山です。中国天門山ロープウェイは歳月を流れ、独特な地形外観、美しさを誇る自然風景で人々の注目スポットとなっております。世界最高海抜の天然の山穿つ鍾乳洞も見ごたえがあります。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

中国 天門山ロープウェイとは

ロープウェイ発車駅

中国 天門山ロープウェイは海抜1518.6メートル崖岩の角度が急な山を登ります。張家界文化の魂、精神の魂として人々からは尊ばれ「湘西第一神山」という美名も持っています。張家界では最も美しいとされる観光名所で多くの人が訪れています。

世界最高海抜と称される天然の山穿つ鍾乳洞ーー 天門洞が千メートルの絶壁に浮かれていて、天下見下ろしの名勝と讃えられ、当地の奥深い「天の文化」、「仙山の文化」をも成就しました。

出典:www.cits-tours.com

天門山は張家界二番目の国家森林公園であり、その山頂には原始次生林を完璧に保護しており、通年は野趣豊かな山景をバックに溶け丘、石筍や奇石緑林が偏在し、神様が作ってくれた箱庭景色のように見受けられています。

出典:www.cits-tours.com

中国 天門山ロープウェイに乗っていざ、出発!

待ちに待った天門山ロープウェイで出発

観光ロープウェイは全長7,455m、高さ1,279m、市内と山頂を結ぶロープウェーでその長さは世界一を誇ります。片道所要時間は終点まで約28分で到着。意外とすぐ着いてしまいます。

ロープウェーは、初日に空港から市内に来る時に通った、ラウンドアバウト(信号のない丸い交差点)のすぐ近くに乗り場があります。そこに向かうバスは、4番か5番か10番。

出典:mammmmmi.exblog.jp

・市内から山まで伸びる全長7kmのロープウェー(所要20~30分)・断崖絶壁に作られた遊歩道・999段の急な石段 特に遊歩道の画像は初見でかなり衝撃だったのです。

出典:mammmmmi.exblog.jp

天門洞へ到着!

天門洞

急な崖をロープウェーに乗っていきますと、天門洞近辺に到着します。穴が開いた岩崖が特徴の天門洞はとても大迫力で見る者を圧倒させます。中腹駅は現在工事中で閉鎖中のため、再開予定のエスカレーターでの移動になります。
※天門洞は工事の為閉鎖されていましたが、天門翻水と天門洞をつなぐエスカレーター再開は2016/03頃見込み、中間駅はこのまま閉鎖です。

ちなみに、このあたりからの風景、既にかなり怖いです。 高所恐怖症の人は一刻も早く降りたくなっている頃です。

出典:mammmmmi.exblog.jp

天門洞の999階段

天門洞は階段が999段あり少し体力が要ります。上の穴まで頑張って上ったら絶景景観が待っています。最初はゆっくりと歩いて体力を保存しながらでないと少しバテてしまいます。休憩を挟みながら上りましょう。

いざ上りますっっ。999段あるらしいけど、数えてないので実際は不明。階段はそれほど急じゃないので「大丈夫じゃん」と思ってたけど、途中で角度が替わるのでやはりキツイ。

出典:mammmmmi.exblog.jp

中間駅と天門洞をつなぐ道の側壁が崩落したのでこのルートが閉鎖。さらに天門翻水と天門洞をつなぐエスカレーターも有料化?の為の工事で閉鎖。再開は2016/03頃らしいですが中間駅はこのまま閉鎖のようです。

出典:www.tripadvisor.jp

次の絶景観光地へ

中国ならではのダイナミックな造りをしているロープウェーは、標高が高すぎる理由から支柱があまり見られません。風が吹くと揺れますので酔い止めを服用してから乗車すると良いでしょう。スリル満点ですが、かなり絶景です。

そしてこのあたりから何が怖いって、、、支柱がない。 既に標高かなり高いところに来ているので、支柱を作るのが困難なのでしょう。 山の上までケーブル1本に命を預けているような状態です。

出典:mammmmmi.exblog.jp

そして揺れる。 岩に思い切り近づいてしまえば風は吹かないんですが、その1歩手前くらいのところが風が強い。乗り物に弱い人は酔い止めあった方が絶対いいです。(少し酔いました)

出典:mammmmmi.exblog.jp

「天下第一公路の奇観」通天大道

このぐにゃぐにゃした道、とっても変わっていますね。上から見下ろすと迷路のようで見ごたえがあります。世界でも類を見ない「天下第一公路の奇観」として、観光名所となっております。

「天下第一公路の奇観」を近くで見ると・・

よく見るとやっぱりきちんとした道になっています。落ちないように保護する加工があまりなされていないのか、本当に「道だけ造った」という感じが中国らしいですね。実際歩いたり車で走ったりするのはちょっと怖いように見えます。

天門山の麓までは『通天大道』という99のヘアピンカーブを制覇しなくてはなりません。ちなみにこの道でRedBull主催のドリフトイベントが行われたとか?このカーブを攻略できたら気持ちいいでしょうね!

出典:a-mp.jp

山頂到着!

いよいよ、頂上に到着しました!長い道のりでしたが、さすがにこの絶景景観には感動します。ロープウェーの料金が高いとのことですが、それだけの価値があります。途中揺れたり不安になりながらも無事に到着できた感動は忘れられません。

さすが山頂!涼しい!肌寒いくらい!なんたって地上との気温差が約10度なんです。武陵源は暑くてたまらなかったのに、標高高いとさすがに気持ち良い!それにしてもこのロープウェーだけで高い入場料の価値がある気がしました。

出典:mammmmmi.exblog.jp

天門山寺

山頂へ到着しましたら天門寺までは3.7mの東線ルートと中線ルートで、エスカレーターとリフトで一気に天門寺まで行きます。天門山寺は仏教寺院で870年に山中に創建された霊泉院が天門山寺の起源であるとされています。

ガラス床の遊歩道

頂上から西線ルート2.8kmコースがあります。「鬼谷桟道」と呼ばれる絶壁にガラス張りの空中桟道がありますが、下が見えるのでとっても怖いです。勇気のある方はゆっくりと歩きましょう。下の絶景、横からの風と素晴らしい全景が一望できます。

遊歩道の床はカラス張りになっているので、その大パノラマを全身で感じることができます。周りの景色を見ると、その高さがわかると思いますが、高所恐怖症の人は多分歩けません!

出典:a-mp.jp

2007年アラン・ロベールの手印

アラン・ロベールは、フランス・ヴァランス出身のフリークライマーです。身長164cm、体重50kgで世界中の高層建築物を命綱無しで素手で登ることで知られ「スパイダーマン」の異名を持ち、しばしば捕まっていることで有名です。

中国「天門山ロープウェイ」までの行き方

中国「天門山ロープウェイ」
【住所】中国 湖南省張家界市永定区
【アクセス】張家界のユースホステル近くバス停から10番のバスに乗り、天門山ロープウェイ乗り場へ※約15分で天門山ロープウェイ乗り場に到着。
中国「天門山ロープウェイ」はいかがでしたでしょうか?天門山ロープウェイに乗って、天国の階段のような999段を登ったり、ガラスの遊歩道を歩くなど観光地として充実しています。是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する