東京から日帰りで潜れる!関東のおすすめダイビングスポット15選

ダイビングといえばハワイや沖縄のリゾートのイメージが強く、気軽にできないイメージが強いですよね。しかし、もし東京から気軽にダイビングができる場所があったら興味が湧きませんか?実は関東には、東京から日帰りで行けるダイビングスポットが15ヶ所もあるんです!今回はそんなダイビングスポットを一挙にご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

熱川《静岡県》

東京駅から電車で120分ほどのところにある「熱川」です。熱川温泉やバナナワニ園で有名な熱川ですが、実はダイビングをする際にも魅力的な場所です。熱川のダイニングスポットである穴切湾は3つのポイントがあります。その中の1つタコ根といわれるスポットは初心者におすすめです。
ここタコ根は初心者でも安全に潜ることができると同時に、伊豆七島の絶景である洞窟などのダイナミックな地形を楽しむこともできます。潜りなれた人でも心奪われる水中アーチはおすすめです。ダイビングが終わったら周辺の観光も一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

伊東《静岡県》

東京駅から電車で90分ほどのところにある「伊東」です。ここ伊東では、魚の大群やイルカの大群、マンボウ、ウミガメなどと出会う可能性があります。また海底では美しいコーラル群を見ることができます。他の場所と比べてとても安い価格で体験ダイビングが受けられるので、初めての人にもおすすめです。
伊東のなかでも特に白根というポイントは、生き物との遭遇率がナンバーワンです。運がよければ魚の大群やイルカの大群、マンボウ、ウミガメの他にもサメやマンタを見ることもできます。ダイビングが終わったら近くの熱海を観光してみてはいかがでしょうか。

葉山《神奈川県》

東京駅から電車で90分ほどのところにある「葉山」です。ここ葉山では、海洋生物の研究が行われていたほど魚の大群やウミウシ、ドチザメなどたくさんの生き物が現れます。また水難事故を防ぐために建てられた水中墓石を見ることができます。
葉山のダイニングスポットである芝崎海岸というポイントは、海深の変化が激しいため、潜りに慣れている人におすすめの場所です。運が良ければダンゴウオという小さくて可愛らしい生き物との遭遇することができます。しかし生物の採取は厳しく禁止されているので注意してくださいね。

江ノ島《神奈川県》

東京駅から電車で60分ほどのところにある「江ノ島」です。江ノ島はあまりダイビングのイメージがないので、穴場スポットとなっています。また様々な種類の可愛らしいウミウシが現れるため癒されること間違いなしです。海深の変化もあまりないため潜りやすい場所です。
ここ江ノ島は観光地として有名のため、ダイビングの後は小旅行をしてみるのもおすすめです。お洒落なカフェを巡ったり、身体を休めにスパに行ったり、小町通りで修学旅行の気分を味わったりなどダイビングを楽しんだ後も、様々な過ごしかたができそうですね。

神子元島《静岡県》

東京駅から電車で150分ほどのところにある「神子元島」です。ここ神子元島では、ウミガメやハンマーヘッドシャークの群れに出会える可能性があります。またマンタやカジキ、マンボウなどダイビングをする中で、一度は出会ってみたい生き物も現れるかもしれません。
神子元島でのダイビングは海底が見えている状態で行うことができるので、安心してダイビングを楽しむことができます。しかし潮の流れがはやいことで有名な神子元島は潜りに慣れている人におすすめの場所です。またダイビングが終わったら龍宮窟で絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

波佐間海中公園《千葉県》

東京駅から電車で140分ほどのところにある「波佐間海中公園」です。ここ波佐間海中公園では、ジンベイザメやマンボウ、コブダイに出会える可能性があります。またダイビングが終わったらお洒落なカフェを巡ったり、絶景スポットをドライブしてみてはいかがでしょうか。
波佐間海中公園は日本で唯一の海底神社があり、実際にお参りをすることもできます。他にもコンクリートやタイヤで作られた海中遊具があります。公園のようになっている場所がたくさんあるため、生き物もたくさん集まり他のスポットよりも楽しくダイビングをすることができます。

千葉県館山市波左間1012

写真を投稿する
3.13 00

初島《静岡県》

東京駅から飛行機で120分ほどのところにある「初島」です。ここ初島では、様々な種類のサメやヒラメに出会える可能性があります。海底ではたくさんのイソギンチャクを見ることができます。また初島はダイビングスポットが5ヶ所にわかれているため、どこも見れる魚が異なり飽きることなく潜っていられます。
初島は初心者向けから上級者向けのスポットまであるのでどんな人でもダイビングを楽しむことができます。また海は透明度が高く見通しが良いため、他の場所よりもたくさんの生き物との遭遇チャンスがあります。ダイビングが終わったらグランピングをしたり、温泉で身体を癒してみてはいかがでしょうか。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 夏と言えばやっぱり雲一つない青空と海!ですよね。海水浴やビーチバレー、釣りもい…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

ziba-nyanオホーツク出身の大学生。島・海・猫・映画が大好物。

このまとめ記事に関して報告する