• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
奇岩と滝の渓流から大展望の岩山へ!昇仙峡の楽しみ方5選

昇仙峡の楽しみ方を紹介します!昇仙峡は峡谷美から岩山頂上の大展望まで、色々な楽しみ方のできるスポットです。山梨方面に行くなら、昇仙峡は外せません。ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

このまとめ記事の目次

昇仙峡(しょうせんきょう)とは

昇仙峡は、山梨県甲府市にある荒川上流の人気観光スポットす。長潭橋から仙娥滝までの約5キロメートルの奇岩の連なる渓谷です。上流にはロープウェイが架かり富士山の絶景の望める弥三郎岳への登山もできます。この昇仙峡の楽しみ方5選をご覧ください!

昇仙峡の楽しみ方① トテ馬車に揺られて昇仙峡を遡る

昇仙峡の天神森~能泉間約2kmを結ぶ幌のかかった観光馬車で、片道所要約40分。のんびり揺られながら、奇岩や名勝の眺めをガイド付きで楽しめる。

出典:www.rurubu.com

秋の深まったときに昇仙峡の入り口からトテ馬車に揺られての紅葉狩りは最高です。帰りは下りなのでのんびり自分の足で降りてくるのも良いかも。

出典:travel.biglobe.ne.jp
昇仙峡のトテ馬車は、渓谷の下流側の舗装道路で営業しています。のんびりとはいっても、人が歩く速度よりはかなり早いです。登りで乗るのがオススメ!席は渓谷側(登り利用の場合は左側)を確保しましょう。

基本情報

【住所】山梨県甲府市平瀬町 地図を見る
【電話番号】055-287-2158(昇仙峡観光協会)
【営業時間】9:00~15:00
【定休日】 悪天候日、12月中旬~3月
【アクセス】JR甲府駅からバス約30分「天神森」バス停下車
      クルマの場合 中央道甲府昭和ICから15キロメートル約30分

昇仙峡の楽しみ方② 昇仙峡の核心部、覚円峰(かくえんぽう)の奇観をながめる

遊歩道:昇仙峡の見どころが集中しています。紅葉が映える覚円峰、30mの高さでマイナスイオンをたくさん浴びれる仙が滝があります。大きな石がアーチになっている石門も見事です。

出典:www.tripadvisor.jp

山梨県オススメの観光スポット。川の両岸に様々な模様の岩。まるで中国の山のなかのようなカンジです。

出典:drive.nissan.co.jp
昇仙峡の遊歩道から見上げる覚円峰は、垂直の白い岩肌がとても印象的!観光写真でもおなじみの雄姿は、数ある奇岩の中でも人気NO1です。この周辺は、渓谷と奇岩からなる絶景のオンパレードです!

基本情報

【場所】石門と仙娥滝の間の西側に聳える
【標高】約810メートル
【岩石の種類】花崗岩

昇仙峡の楽しみ方③ 昇仙峡の目玉、仙娥滝に感動する

駐車場から歩いて5分位、遊歩道を下りて行くと仙娥滝が見えてきます。地殻の断層によって出来た高さ30mの滝は雄大で綺麗です。

出典:www.jalan.net

仙娥滝を散策しました。高さ30メートルの壮麗な滝です。 飛び散った水しぶきが岩肌で凍り付いていて綺麗でした。

出典:www.tripadvisor.jp
昇仙峡の仙娥滝は、渓谷の最上流部に架かる迫力満点の滝です。晴れていれば滝壺に虹が架かっていることが多いです。滝だけ見るのであれば、昇仙峡ロープウェイ仙娥滝駅周辺の駐車場から往復するのが簡単ですが、下流から遊歩道経由で訪問するのが断然オススメです。

基本情報

【場所】昇仙峡最上流部
【アクセス】昇仙峡滝上バスターミナルから徒歩約5分

昇仙峡の楽しみ方④ 水晶細工の工房で職人さんの技術を見学する

約1000年前、昇仙峡の奥地金峰山で水晶の原石が発見されたことが、甲府での水晶細工の起源です。鉄板の上に金剛砂をまいて水晶を磨く方法を考案したのが水晶細工の始まりでした。

出典:www.yamanashi-kankou.jp

昇仙峡クリスタルサウンドの入口には水晶原石12tのモニュメントがありその前で写真撮影できるようにカメラスタンドも置いてありました。

出典:www.rurubu.com
昇仙峡ロープウェイ仙娥滝駅から仙娥滝までの間は、昇仙峡の定番土産物「水晶」を販売する店舗が数多くあります。中には、職人さんの工房の見学ができたりミニ博物館を併設していたりする店舗もありますので、ぜひ、覗いて見ましょう

基本情報

●水晶
石英が六角柱状に結晶したもの。普通は無色透明。不純物が混じると、紫・黒・あわ入りなどになる。
昇仙峡周辺は、日本有数の水晶の産地として有名。

昇仙峡の楽しみ方⑤ ロープウェイを使って弥三郎岳に登り富士山と対面する

とても気持ちの良い陽気で、紅葉もとてもきれいでした。ロープウェイで弥三郎岳に娘と行ってきましたが、もう本当に怖い怖い…高いところが嫌いな人は注意が必要です。

出典:www.tripadvisor.jp

頂上駅で降りたら、せっかくですから山梨百名山でもある弥三郎岳に足を伸ばしてみましょう。道標に沿って15分ほど歩けば、最後の急斜面を乗り越えれば、まあるい頂上にひょっこりと到着します。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp
弥三郎岳(やさぶろうだけ)は、昇仙峡ロープウェイパノラマ台駅から徒歩約15分で登れる大展望の山です。頂上は、大きな岩で、ぽっかりと大きな空間ができています。好天であれば、富士山、南アルプスの山々、奥秩父の山々の絶景が迎えてくれます。

基本情報

●昇仙峡ロープウェイ
【住所】山梨県甲府市猪狩町441
【営業時間】4月1日~11月30日上り始発(9:00)・上り終発(17:10)・下り終発(17:30)
      12月1日~3月31日上り始発(9:00)・上り終発(16:10)・下り終発(16:30)
【所要時間】約5分
【運行間隔】20分(混雑時は5~10分)
【電話番号】055-287-2111

●弥三郎岳
【標高】1,058メートル

いかがでしたでしょうか?

昇仙峡は、渓谷美と奇岩の連なる絶景の地です。見た目に美しい水晶は、観光の彩りとなります。この昇仙峡の楽しみ方が、皆様の観光の一助となれば、幸いです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する