• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
「南町奉行所跡」って?跡地に建つ「有楽町イトシア」と、イトシアの完全禁煙なお店のランチも合わせて紹介!

「南町奉行所」というと、歴女?なら七代将軍で有名な「徳川吉宗」に仕えた「大岡越前」を思い出すのではないでしょうか?では南町奉行所跡は何処にあったかと言うと、なんと有楽町駅前でした!今回は「南町奉行所跡」に建つ「有楽町イトシア」とイトシアに入っているお店のランチも一緒に見て行きましょう。

このまとめ記事の目次

そもそも、南町奉行所って何なんでしょう?

江戸時代に制定された奉行所の役目はというと、江戸の町人と江戸に住む浪人に対しての行政(東京都庁)と司法(裁判所)を担当した役所です。江戸には、南町奉行所の他に北町奉行所と中町奉行所の3つがありました(中町は17年間のみ存続し閉鎖となりました)。

南町奉行所跡って言われてもピンと来なくても、有楽町駅前なら解りますね!

ビジネスや商業の中心地として栄えている有楽町界隈、イトシアが出来てもフルーツ屋さんは昔から変わりませんね。実はここに広さが約2620坪(8640㎡)の南町奉行所がありました。表門は東側で、ちょうど有楽町イトシアとなっています。

南町奉行所跡を現在の地図で確認してみましょう!

南町奉行所跡は、都指定旧跡「南町奉行所跡」になっていて、有楽町駅前地区再開発事業が実施されるのに際して、発掘調査が実施されました。

出典:wheatbaku.exblog.jp

大名屋敷の遺構は131基、南町奉行所期の遺構は23基検出され、両時期に伴う多くの遺物が出土したそうです。遺構としては、奉行所表側地境の石組下水溝、穴蔵、井戸、上水遺構など、遺物としては陶磁器や「大岡越前守御屋敷ニ而~ 」と墨書された木札が出土したそうです。

出典:wheatbaku.exblog.jp
南町奉行所は、地図ではオレンジの範囲内だったと思われます。JR有楽町駅と中央口駅前広場、有楽町イトシアのイトシアプラザ全域と丸井の一部ですね。お白州で罪人などが座った公事場があった場所は、イトシアプラザ1Fのマツモトキヨシあたりです。

発掘された石組は、駅前広場で「石のベンチ」として復元されています

有楽町駅前中央口・駅前広場の「南町奉行所跡」碑に到着。発掘された奉行所の石組でベンチが出来て、その背に史跡碑がはめ込まれていた。この碑は「有楽町マリオン」前にあったそうだが再開発後に移設。

出典:squatyama.blog.so-net.ne.jp
出典:youtu.be

有楽町駅前 南町奉行所跡 2015.1.4 Yurakucho Station Tokyo Japan - YouTube

有楽町駅前 南町奉行所跡

駅前広場を再開発する前に、埋蔵文化財の発掘調査が行われ、南町奉行所の遺構が数多く発見されました。出土した南町奉行所の石組を復元させたのが、駅前広場の丸い大屋根の脇にある石のベンチです。奉行所跡を示すプレートも貼られています。

階段を降りた地下広場には、不思議な形をした木のベンチがあります

江戸の町ではたびたび火事が起こっていたが、木造住宅で軒を連ねていた江戸の町では、ひとたび火が出ると延焼範囲が広がることがあった。そのため、貴重品などを収納するために地下に穴蔵を作っていたということで、地下広場でそれを見る事ができる。

出典:yurakucho.today

地下広場にある木製の横長いベンチは、江戸時代の水道管だというから驚く。また、同じく地下広場の木の柱の周りをぐるりと囲むように並べられた石のベンチも南町奉行所跡からの遺構。

出典:yurakucho.today
有楽町駅前から石のベンチのある階段を降り、地下1階広場に行くと、発掘調査で出土した穴蔵や上水道管を木製のベンチとして復元したものが設置されており、サラリーマンたちが休息しています。これらが南町奉行所跡からの出土品というの何人が知っているんでしょうか?

有楽町イトシアをみてみましょう!

有楽町イトシアは、有楽町を代表する複合商業施設です!

2007年開業の複合商業施設。「有楽町マルイ」では快適なショッピングを楽しめるよう、内装インテリアからBGMまでさまざまな工夫が凝らされている。

出典:loco.yahoo.co.jp
出典:youtu.be

「有楽町イトシア」あすオープン 商戦ヒートアップ - YouTube

TOKYO MX NEWS 2007/10/11http://www.mxtv.co.jp/tokyomxnews/

「有楽町の顔」として開発された「ITOCiA(イトシア)」は、新しく誕生するこの街が来街する人たちや利用する人たちにとって「愛しい街」になることを願って「愛しい+ia(場所を表す名詞語尾)」から名付けられました。

出典:www.kanko-chiyoda.jp
有楽町イトシア(ITOCiA)は、有楽町二丁目の有楽町駅前にある丸井を核店舗としたオフィスペースを兼ね備えた複合商業施設です。丸井の上にはオフィスが、地下駐車場はタイムズが運営しています。

丸井には男子禁制フロアがありますね!

丸井が消費者の声を反映、「男子禁制のフロアが欲しい」との声に、5階は下着、水着、パーティードレスといった商品を中心に男性が入りづらい雰囲気を作る予定との事。記事を読む限り、完全に「男子禁制」という訳ではないらしい。

出典:6328.teacup.com
丸井の5Fは、下着やパーティドレスなどを扱う「男子禁制フロア」があります。朝の通勤電車の女性専用車両みたいなものでしょうね。また、各フロアのコンセプトごとにBGMが作られていて、もちろん時間によっても変わるんです。

低層のイトシアプラザが建つ場所は、ほとんどが南町奉行所跡です!

飲食店街の「イトシアフードアベニュー」では気軽なスイーツから本格ダイニングまでが揃い、「イトシアプラザ」には飲食店に加え映画館やアミューズメント施設もある。

出典:loco.yahoo.co.jp
南町奉行所跡のあるイトシアプラザの1F~4Fはカフェ&レストラン、4Fに映画館が入っています。ちなみに有楽町界隈で以前から知られている「マイアミ」や「甘味処 おかめ」も入店しています。

利便性と安全性を備えた地下通路が新たに作られました

イトシアの地下から銀座方面へ抜ける扉を出ると、そこに広がるのがこんな空間です。コンクリート打ちっ放しで味気ない銀座方面の地下道と違い、イトシア直下〜裏の辺りは、天面に木材を使った間接照明を備える、近未来的でなんとも暖かみのある空間が存在するのです。

出典:airoplane.net

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Engosia (QUATTRO)来来亭
http://rairai-tei-fun.blog.jp/
食べ歩きまとめ
http://kasukabe-ramen.blog.jp/

このまとめ記事に関して報告する