• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
SLに乗ってレトロな旅を!国内でSLに乗ることが出来る人気スポット5選

蒸気機関車を英語で言うと"Steam Locomobile"、略して"SL"です。大人も子どもも惹きつける魅力がSLにはあります。煙を吐きあげ、どこか懐かしい汽笛の音。都会では見られないSLはまた、日本の里山によく映えますよね。そこで今回は、SLに乗ることができる国内のスポットを5つご紹介します。

このまとめ記事の目次

① SLやまぐち号 / 山口県

まず初めにご紹介するのは、SLやまぐち号です。SLやまぐち号は「貴婦人」の愛称で親しまれ、新山口駅を出発し、「湯田温泉」、大内文化の香り漂う「山口」、四季折々の情緒を楽しめる「長門峡」、山陰の小京都、津和野駅までの62.9kmを約2時間かけて、運行しています。
昭和40年代国鉄の近代化・合理化により、昭和48年10月に山口線からSLが姿を消すことになりました。しかし、その後に多くのSLファンや地元市町村を中心にSL復活への気運が高まり、当時の国鉄総裁の大英断で昭和54年8月1日、山口線にSLが復活することになりました。
SLやまぐちは2016年は3月20日(日)から11月20日(日)までの土曜・日曜・祝日の84日間運行しており、新山口駅~津和野駅間で大人は1660円、子供は830円で乗車することが出来ます。

詳細情報

  • 山口県山口市小郡下郷

② SL人吉号 / 熊本県

続いてご紹介するのは、SL人吉です。SL人吉は、熊本駅を出発し、人吉駅までを約2時間半かけて走行します。車内には展望ラウンジやミュージアムもあり、全国屈指の人気列車の1つです。
また、SL人吉号ではフォトサービスがあり、旅の思い出づくりのお手伝いとして、車内では客室乗務員の帽子などを貸し出しています。ご希望の方はスタッフにお声かけすると対応してもらえます。
SL人吉は2016年は11月20日(日)まで毎週金、土、日曜日に運行しています。また、平日にも運行している日もあります。熊本~人吉間で、乗車券が1820円(910円)、座席指定券820円(410円)の合計2,640円(1,320円)で乗車することが出来ます。()は子供料金です。

詳細情報

  • 熊本県熊本市西区小島7-3-13JA熊本市西部

③ かわね路号 / 静岡県

続いてご紹介するのは、かわね路号です。かわね路号は大井川鐵道にてのることが出来ます。大井川鐵道は日本でただひとつ、年間を通してSLを運行している鉄道会社です。SLの年間走行日数はもちろん、総走行キロや現役運行台数も日本一です!
大井川鐵道でのSLは新金谷駅~千頭駅間を約1時間で走行します。運賃は新金谷駅~千頭駅間で大人は乗車運賃1720円+SL急行料金800円=2,520円で、子供は2,120円で乗車することが出来ます。
また大井川鐵道では、2014年の夏から新金谷駅~千頭駅間においてトーマス号に乗ることが出来ます。本物の大きさと蒸気を噴き出す姿は迫力いっぱいです。トーマス号は新金谷駅~千頭駅間を大人は、乗車運賃1720円+トーマス号料金1000円=2,720円、子供は2,220円で乗車できます。ただし、トーマス号・ジェームス号は期間限定運転です。

詳細情報

  • 静岡県島田市金谷東2-1112-2

④ パレオエクスプレス号 / 埼玉県

続いてご紹介するのはパレオエクスプレス号 です。パレオエクスプレス号は、埼玉県北部に路線を有する秩父鉄道が運営しています。パレオエクスプレス号は、熊谷駅から三峰口駅まで約57キロを一日一往復します。
また秩父鉄道では、SLご乗車の方限定で特別整理券&記念証やSL乗車記念スタンプ、缶バッジプレゼントなど、さまざまな特典があります。これもまた乗車とあわせて楽しんでみてください!
2016年は4月から12月にかけて主に土日に運行しています。運賃は熊谷駅~三峰口駅間で乗車になる区間の普通乗車券のほかにSL座席指定券、720円(大人・小児同額)またはSL整理券(自由席)、510円(大人・小児同額)が必要となります。

⑤ SLもおか号 / 栃木県ー茨城県

最後にご紹介するのは、SLもおか号です。SLもおか号は、真岡鐵道が運営しています。真岡鐵道は、SLの通年運行が日本一で、また日本で最初のローカル線として明治45年に誕生した鉄道です。
また、真岡鐵道はSLだけではなく景観を良く見て頂くために大きな一枚ガラスを使用したり、バリアフリーになっています。安心安全な運行のために日々のメンテナンスなど徹底的な管理に力をいれているので安心した旅が楽しめます。
SLもおか号は下館~茂木間を約1.5時間で走行しています。2016年は4月~12月の間、主に土日に運行しています。運賃は下館~茂木間で、大人は普通乗車券1,030円 +SL整理券(500円)の合計1,530円で、子供は1,020円です。

詳細情報

  • 栃木県真岡市台町2474-1(真岡駅)
  • 0285-84-2911

レトロな鉄道の旅に出かけよう!

いかかでしたか?SL独特の蒸気機関の音を聞きながら、どこかなつかしい風景は他では味わえないワクワクする体験ですよね。いろんな風景をバックにSLが走る姿を撮影するのも楽しいですよね。この記事を読んでくださった方はぜひ、SLの良さを体験しに行ってみてください!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する