• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
上海の夜景が一望できるレストラン&バー7選外灘(バンド)のおすすめ

上海の黄浦江に面した「外灘(バンド)」と呼ばれるエリアは、租界時代を偲ばせる洋館が集中しており、対岸の浦東エリアもよく見える絶好の夜景スポットです。今回は、宝石箱のような眺めを楽しめる外灘(バンド)のオシャレなレストラン&バー7選をお届けします!(※掲載されている情報は2019年10月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

1.黄浦会(ワンポアクラブ)

はじめに紹介するのは「黄浦会(ワンポアクラブ)」です。租界時代の面影が残る外灘には歴史ある建物をリノベーションした建物が多く残っており、そのうちの「外灘3号」というの中に位置しています。お店の素敵な雰囲気だけでなく、創作上海料理が大注目されているレストランなんです。
ランチもいいですが、少しオシャレをしてディナーと夜景を楽しみたいお店。上海でもトップレベルのシェフが作るお料理は、味も満点、盛り付けもとても芸術的で、心奪われること間違いなしです。雰囲気たっぷりのレストランやラウンジで上質な時間を過ごしませんか?

詳細情報

  • 上海市中山東一路3号 外灘3号 5階
  • (021) 6321 3737(要予約)

2.Hakkasan(ハッカサン)

続いて紹介するのは「Hakkasan」というレストラン。アメリカやドバイなどにも支店を持つこのレストランは、リノベーション施設「外灘18号」の5階にオープンしました。ここではモダン広東料理を味わうことができ、芸術的で美しい料理が人々の注目を集めています。
上海にきたのだから中国料理を楽しみたいという方にオススメです。メニューには、ホタテや海老の点心、北京ダックのキャビア添えなど、華やかで味も格別のお料理を召し上がれますよ!もちろんカクテルなどのお酒も充実。窓側の席は予約時にリクエストできますので、ぜひ伝えて、上海の夜景も料理も堪能しましょう!

詳細情報

guruyakuで見る
  • 上海市黄浦区外灘邮政编码:200000
  • +862163215888

3.Bar Rouge(バー ルージュ)

続いて紹介するのは「Bar Rouge」というバー。こちらは外灘18号の最上階にあるハイクラスで賑やかな雰囲気のバーで、テラス席からは上海の夜景を一望できます。また、室内は真っ赤な照明が幻想的な空間となっています。ここは、海外のお客さんも多く、旅行者でも気軽に楽しめるクラブとしても有名なバーなんです。
バーのオープンテラスからは、正面に黄浦江向こうの東方明珠塔を望むことができたりと全方向に夜景を見まわすことができ、最高の夜景を楽しめます。ゆったりと夜景や外灘のライトアップを楽しみたい方は早めに、クラブの雰囲気を楽しみたい方は遅めに、行くのがおすすめです!

詳細情報

  • 上海市黄浦区中山東一路18号7F
  • +86 21 6339 1199

4.VUE Bar(ビュー バー)

続いて紹介するのは「VUE Bar」というバー。こちらはハイアット オン ザ バンド(上海外灘茂悦大酒店)の32・33階にあります。恋愛映画のロケ地にも利用されるほど、内装も風景もステキな場所です。
22階では、デイベッドやソファなどがあり、バーカウンターを中心にゆったりくつろげる空間となっています。また23階は、テラスバーとなっており、ライトアップされたレトロな外灘も高層ビル群も、両方の夜景を堪能できます。リゾート感を楽しみたいバーに行きたい方はココがオススメですよ!

詳細情報

  • 上海市虹口区黄浦路199号 上海外灘茂悦大酒店32階
  • +86-21-6393-1234

5.The Roosevelt Sky Bar(ルーズベルト スカイバー)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Kera思わず行ってみたくなるような記事を目指しています^^

このまとめ記事に関して報告する