• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
京都に行ったらやっぱこれ!絶対にはずさない「生八ツ橋」のお店6選

京都には様々なおいしいお菓子があると思いますが、その中でもやっぱり食べたいのが八ツ橋ですよね。そこで今回は、京都でぜひとも足を運んでおきたい八ツ橋のお店をご紹介します!どれもおいしそうです!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

①聖護院(しょうごいん)八ツ橋総本店 / 丸太町

全国でも圧倒的な知名度を誇るのがこの聖護院ではないでしょうか?よく修学旅行や旅行のお土産で買ったりもらったりしますよね。八ツ橋と聞くともっちもっちの生地に餡が入った生八ツ橋を想像する方が多いと思いますが、初めは上の画像のような焼き菓子でした。

聖護院八ツ橋 総本店

柔らかいモチモチ食感の餅はニッキが香り、中には甘さ控えめのつぶあんが入っています。ニッキだけでなく抹茶、そして最近では様々な味が出て来ているので要チェックです。
・住所  ▷京都府京都市左京区聖護院山王町6
・営業時間▷8:00~18:00
・定休日 ▷無休
  • 京都府京都市左京区聖護院山王町6
  • 0757521234

②nikiniki / 河原町

今までの八ツ橋が見事な進化を遂げたような、オシャレでかわいいニュー八ッ橋が手に入るお店がここ「nikiniki」です。先ほどご紹介した八ツ橋の老舗「聖護院八ツ橋」がプロデュースしたお店です。
生八つ橋には5種類の味(シナモン、ロゼ、アズール、セサミ、抹茶)があり、それらを自由に組み合わせてオリジナルの生八つ橋を作ることもできるんだとか。餡やコンフィは季節に合わせた味もそろっているなど、常識を覆す進化型八つ橋です。クリスマスカラーの八ッ橋なんて新鮮ですよね。
・住所  ▷京都府京都市下京区四条通西木屋町角
・営業時間▷10:30~19:00
・定休日 ▷無休
  • 京都府京都市下京区四条通西木屋町角
  • 0752548284

③元祖八ツ橋 西尾為忠商店(にしおためただしょうてん) / 清水五条

保存料などは使わない昔ながらの伝統ある生八つ橋を味わえます。長い歴史の中で生み出した信頼と実績の味。お店の奥でおばちゃんがひとつひとつ手作りの温かみある八ッ橋は、全て注文を受けてから作っているそうです。
進化し続ける他店の八ッ橋の中で伝統の味を守り続けるこちらのお店。歴史を感じる京都だからこそいつまでも残していきたい王道の八ッ橋です。
・住所  ▷京都府京都市東山区清水2丁目232
・営業時間▷8:00~18:00
・定休日 ▷7月下旬夏休み
  • 京都府京都市東山区清水2-232
  • 0755414926

④井筒八ツ橋本舗(いづつやつはしほんぽ) / 祇園四条

井筒八ツ橋本舗は「夕子」で有名です。みなさんも一度はキャラクターを見たことがあるのでは無いでしょうか?小説『五番町夕霧楼』の主人公なのだそうですよ。お店でいただくこができる生八つ橋は特徴的な形をしており、もっちり感がたまりません。
王道の味はもちろん、季節に合わせた限定メニューが出ています。ちなみに春の四つの味は、二ッキ・抹茶・黒ごま・桜あんの4種類入りです。
・住所  ▷京都府京都市東山区 川端通四条上ル
・営業時間▷10:00~21:00
・定休日 ▷年中無休
  • 京都府京都市東山区川端四条上ル常盤178
  • 075-531-2121

⑤おたべ / 十条(近鉄)

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する