• はてぶ
  • あとで
梅雨にしか見られない"神の庭"。雨に濡れる京都「祇王寺」が美しすぎる

毎年やってくる、梅雨の季節。毎日雨が続いてちょっぴり憂鬱な気分になりがちな季節ですが、そんな梅雨の時期だからこそ行くべきスポットがあるのです。今日は、雨の日におすすめの京都「祇王寺(ぎおうじ)」をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

もうすぐ梅雨がやってくる…。

やっと暖かくなってきたと思ったら、もうすぐ梅雨の季節がやってきます。毎日毎日雨続きでお出かけもできないと、気分もどんよりしてしまいますよね。
そんな雨の日、あなたはお家で過ごしますか?それとも、てるてる坊主を作ってひたすら晴れることをお祈りしますか?

毎年そんな6月の休日を過ごしているあなたにご提案。今日は、雨だからこそわざわざ出かけたい貴重なスポットをご紹介します。

雨だからこそ緑が映える「祇王寺」

梅雨にこそ行くべきおすすめスポットは、京都の嵐山にある「祇王寺(ぎおうじ)」です。嵐山駅から徒歩20分の場所にひっそりと佇んでおり、まるで違う世界に足を踏み入れてしまったかのような「緑の世界」が広がっています。

美しすぎる「苔庭」

祇王寺の見どころはなんと言っても、一面に広がる苔庭。この苔が一番生き生きと輝くのが、雨がたくさん降る梅雨の時期なんです。雨に濡れる苔は、まさに日本の侘び寂びの真骨頂を感じさせます。
露が付いてしっとりした苔やシダは、緑がとても美しく、自然の生命力がみなぎっているような不思議なパワーを発しているようです。雨の中もしっとりとしていて落ち着きますが、雨が上がった瞬間はさらに緑が美しいかもしれませんね。

祇王寺は歴史的にも雨がぴったり

平安時代、平清盛は「祇王」という名の踊り子を寵愛していましたが、新たにやってきた「仏御前」という踊り子のあまりの美しさに、祇王を追い出してしまいました。そのショックで、祇王は母と妹とともに出家し、さらには仏御前も後を追って出家してしまう、という悲しい実話があります。
その4人の像と平清盛の像が本堂にひっそりと置かれているのが、ここ祇王寺。そんな悲しい歴史が眠る寺だと思うと、なんだか苔や雨にもさらなる情緒が感じられますよね。

今年の梅雨は、ぜひ祇王寺へ。

雨の多い梅雨におすすめな京都の「祇王寺」をご紹介しました。今年の梅雨はおうちで過ごすばかりではなく、ぜひ美しい京都へプチ観光をしに行ってみてはいかがですか?

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • この時期の天気といえば、雨。そう、梅雨が日本に上陸しています。髪型もメイクも上…

  • 雨がたくさん降り、ジメジメする梅雨の時期は外におでかけするのが億劫になってしま…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する