• はてぶ
  • あとで
ヴェネチアングラスが美しく映える島 ムラーノ島

イタリアのヴェネチアにあるムラーノ島。この島はヴェネチアングラスで有名な島です。そんなムラーノ島の見どころやおすすめスポットをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ムラーノ島ってどんなとこ?

7つの島から出来ているムラーノ島は、ヴェネチア本島から水上バスで約15分ほどの距離にある離島の一つです。

ムラーノ島はガラス工芸の盛んな島で、中でもヴェネチアングラスがとても有名です。イタリアではヴェネチアングラスのことを「ムラーノグラス」と呼び、ムラーノ島で作られたガラスだけが本物とされています。

島の中にはガラスの歴史を知ることの出来る博物館や、ガラス工芸店、また美味しいシーフードのお店などが数多くあります。

ムラーノ島の見どころ ①素朴な雰囲気の漂う街並み

本島であるヴェネチアと似たような雰囲気のする街並みのムラーノ島。ムラーノ島と姉妹島であるブラーノ島のカラフルさと比べると少し地味に感じますが、桟橋が架かっていてとても懐かしい雰囲気のする街並みです。

ムラーノ島と言いますが、多分小さな干潟の埋め立てで、小さな島がたくさん集まっている感じです!海の上の橋を渡りながら隣りの島へ、移って行きます!

出典:ameblo.jp

ムラーノ島の見どころ ②ヴェネチアングラス

やっぱりムラーノ島で一番見逃せないのはヴェネチアングラスです。鉛を含まないソーダ石灰を使用し、鉱物を混ぜることでこのような色鮮やかなガラスが出来上がるそうです。

ムラーノ島には、ガラス製品を売っているお店や、工房がたくさんありますのでぜひお気に入りの一品を見つけてください。

価格も手頃なものからとても手の出ない高価なものまで、ガラス製品のバリエーションは本島よりはるかに豊富です。本島からも近いので、ガラス製品が欲しいならここまで足を伸ばした方がいいと思います。

出典:www5f.biglobe.ne.jp

ムラーノ島の見どころ ③サンティ・マリア・エ・ドナート教会

ムラーノ島にあるサンティ・マリア・エ・ドナート教会。この教会は7世紀に建てられ、後の12世紀に改築されました。

美しいモザイクで覆われたこの教会は、聖母像のモザイクや床を彩るモザイク画などが美しく特徴的です。また、シャンデリアはムラーノ島の工芸品であるヴェネチアングラスで作られています。

後陣部分は、12世紀に再建された物だそうですが、何とも美しい!煉瓦の色が大変複雑で、組み方も面白く。上の三角形の部分には、それぞれに浮き彫りの大理石がはめ込まれ。

出典:italiashio.exblog.jp

サンティ・マリア・エ・ドナート教会 基本情報

【住所】Campo San Donato 30141 Venezia
【TEL】 0041-739056
【開館時間】9:00-12:00/15:30-19:00 (日 午後のみ)

ムラーノ島 おすすめレストラン

新鮮なシーフードがリーズナブルなお店「Ristorante Dalla Mora」

ムラーノ島の運河沿いにあるレストラン「Ristorante Dalla Mora」。このお店は新鮮なシーフドのメニューが豊富で、本土よりもリーズナブルなお値段が魅力です。運河を眺めることの出来るテラス席がおすすめです。

大満足のランチでした。ヴェネツィア本島で食べるよりもかなり安かったのではないかと思います。

出典:blog.goo.ne.jp
Ristorante Dalla Mora 基本情報
【住所】Fondamenta Daniele Manin 75, 30141 Murano
【TEL】041 5274606
【営業時間】12:00 - 21:30

お洒落な店内でシーフード料理が食べられる「Acquastanca」

伝統的なヴェネチア料理を現代風にアレンジしたレストラン「Acquastanca」。お洒落で洗練された店内で、美味しいシーフード料理を満喫できます。

店内を見渡せば、とてもチャーミングなデコレーションがされていて、どちらかというと田舎の観光地という雰囲気の否めないムラーノ島とは思えない、洗練された店内です。

出典:stessa2.exblog.jp
Acquastanca 基本情報
【住所】Fondamenta Manin 48, 30141 Murano
【TEL】0413195125

街行く人を眺めながらゆったりランチのできる「Torattoria Busa Alla Torre」

Campo S. Stefano広場にあるレストラン「Torattoria Busa Alla Torre」。広場を行き交う観光客や地元の人たちを眺めながら新鮮なシーフードを堪能できるお店です。

通りすがりに適当に入ったお店でも一応さすがはイタリア。パスタはちゃんとアルデンテ。アメリカとは大違いである。

出典:chibirashka.jp
Torattoria Busa Alla Torre 基本情報
【住所】Campo Santo Stefano 3, 30141 Murano
【TEL】041-739-662

ヴェネチア ムラーノ島への行き方

ムラーノ島への行き方は
【水上バス】ヴェネチア本島 サン・マルコ広場のドゥカーレ宮殿の海側にある水上バス乗り場「St.zaccaria」より乗船。Murano行きへ。約15分。
ヴェネチアのムラーノ島のご紹介、いかがでしたか?色鮮やかなヴェネチアングラス、少し懐かしい感じのする街並み。ヴェネチアに行かれる際は、少し足を伸ばしてムラーノ島を散策してみてくださいね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する