大自然に囲まれよう!青森県の人気観光スポットランキングTOP15

青森へ旅行へ行く際にチェックしておきたい、おすすめ観光スポットをランキングでご紹介します。人気の名所やデートスポットなど様々なシチュエーションにオススメのスポットをピックアップしました。旅行プランを立てる際にぜひ参考にしてください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

第15位 青森県営浅虫(あさむし)水族館 / 青森市

15位は青森市にある「浅虫(あさむし)水族館」です。こちらでは約500種の水生動物などが生息しています。注目はイルカのエやりの時間。本当にすぐ近くで見ることができ、その距離おそらく40cmほど! イルカの生体の説明に加え、ジャンプなどもしてくれて楽しめますよ。
イルカショーは毎日開催されています。WEBサイトで年間のイベント予定が見れるので、行く前にチェックしておきましょう。デートにオススメの観光スポットです。

第14位 ねぶたの家 ワ・ラッセ / 青森市

2011年、青森駅すぐの場所にオープンした、ねぶた祭りを体感できるミュージアム施設。ねぶた祭りの由来を聞けたり、広いスペースを使ったねぶた祭りの再現、実際の楽器を試すことができたりなど、ねぶたの魅力にどっぷりと浸かれる空間になっています。
青森駅から徒歩1分ほどと立地も良くいので、多くの観光客が訪れます。美しいねぶたの世界観は、外国人観光客にも好評ですよ。

第13位 八戸屋台村みろく横丁 / 八戸市

八戸市にある「八戸屋台村みろく横丁」は、20店舗以上の屋台が並び、雰囲気もとても良いおすすめのスポット。地元の食材や郷土料理が味わえ、地元の人々との交流も楽しく、青森に来たと実感することができますよ。もともとは環境問題への取り組みを考える場として生まれたというめずらしい形の場所なんです。

第12位 青森県立美術館 / 青森市

「三内丸山縄文遺跡」の発掘現場からヒントを得たという外観が魅力的な「青森県立美術館」。企画展・常設展だけでなく、コンサートや演劇など幅広く行われているアートなスポットです。幅広い世代に人気の奈良美智、演劇界のカリスマ・寺山修司、ウルトラマンや怪獣のデザインを手がけた成田亨など、青森ゆかりのアーティストたちの作品がゆったりとした空間で堪能できます。

第11位 三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき) / 青森市

12位でご紹介した青森県立美術館の建設において、ヒントにもなった「三内丸山遺跡」。長く人が生活した縄文時代の集落跡です。約1700点の遺物が展示されたミュージアムや体験工房、ショートガイドとしてビデオ上映が行われています。教科書で目にした世界が広がりますよ!

第10位 青森県観光物産館アスパム / 青森市

青森のおみやげをたくさん選びたい人はココです。展望台や手作り体験コーナー、パノラマ映画など、すべて楽しもうと思えばかなり時間が必要なスポット。まさに青森づくしの青森観光の拠点施設です。
毎年5月上旬頃になると、アスパム裏の青い海公園の一角には、ねぶた祭りに出陣するために制作の拠点となる“ねぶた小屋”の設置がはじまります。外側からは自由に観ることができ、製作者の方に声を掛ければ中を見ることもできるそう。この時期に訪れる方はぜひチェックしてみてくださいね。

青森県観光物産館アスパム展望台

青森県青森市安方1-1-40

3.14 847

第9位 十和田市現代美術館 / 十和田市

国内外で活躍するアーティストによる作品を展示している「十和田市現代美術館」。草間彌生、ロン・ミュエクなど有名作家の貴重な作品を見ることができますよ。また、見るだけでなく、覗きこむなど体験できる作品も多いのでお子さんでも楽しめます。
アート作品が展示されるスペースは色々な方向に向かって大きなガラスの開口を持ち、アート作品が街に対して展示されているかのような開放的な構成に。明るく、気持ちの良い空間になっているのでぜひ訪れてみて。美術館前でフラワーホースがお出迎えしてくれますよ!

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

KH2015旅ネタをご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する