• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
気分はマリーアントワネット!”ヴェルサイユ宮殿”の一部ホテル化が決定

かの有名なマリー・アントワネットやルイ16世も暮らした、史上最大にして最高の宮殿である”ヴェルサイユ宮殿”。そんなヴェルサイユ宮殿の一部ホテル化が決定しました。今回はそんな2018年のヴェルサイユ宮殿のホテル化を詳しく紹介します。

このまとめ記事の目次

フランス王朝の宮殿”ヴェルサイユ宮殿”

誰しも一度は憧れを描いたであろう宮殿の中でも最高峰の宮殿である「ヴェルサイユ宮殿」。フランス皇帝のルイ14世が完成させた宮殿で、1979年に世界文化遺産に登録されており、フランスを代表とする観光名所として誰もが知る存在です。

豪華絢爛を極めた宮殿内

大きなガラス窓、天井に描かれた絵、金があしらわれた蝋燭台、大量のシャンデリアなど地球上でもっとも豪華絢爛な建造物の1つであるといっても過言ではありません。

ルイ14世自慢の最高のフランス式庭園

ルイ14世は、宮殿と庭園は同じくらい重要なものと考えていました。そのため当時、宮殿建設よりも多くの人員を割き、完成までに40年ほどの歳月を要した庭園は“フランス式庭園の最高傑作”として高く評価されています。

マリーアントワネットやルイ16世も暮らした

ルイ16世とその妃となった悲劇の王妃であるマリー・アントワネットも暮らしていました。「王妃の大居室」はマリー・アントワネットが最後に使用していたという王妃の寝室として今なお人気があります。

ヴェルサイユ宮殿の一部ホテル化が決定

そんな、世界的にも大変有名なベルサイユ宮殿が、なんとこの度一部をホテルに改造し2018年から営業を開始すると決定しました。その目的は財務改善と言われており、ベルサイユ宮殿の収入のおよそ半分は国の補助金や民間からの寄付で賄われていますが、国からの補助金は減少傾向にあるそうです。

ホテルの客室は全20室のみ

ベルサイユ宮殿をホテルとして営業するのは、フランスの高級ホテルチェーン「LOV」で、その「LOV」の計画によると、建設されるホテルには20の客室を作るそうです。客室は現代風なのかそれとも当時の雰囲気を残すのか楽しみですね。

高級ホテルに伴い高級レストランも

ホテルの建設に欠かせないのがレストランの存在ですよね。レストランも最高級のフレンチレストランが入るそうです。ヴェルサイユ宮殿でのディナーは”ディナー”というよりも”晩餐”という言葉が適切なように感じます。

プールなどの娯楽施設の建設計画も

フランス政府が数年前から歴史的建造物を「民間資金による有効活用」を提唱しているうちの一つだそうで、ヴェルサイユ宮殿の改修には、約31億円を使用すると発表しており、客室の他に、スパやオレンジ園などが一望できるテラス、地下にはプールが設建設される予定です。

最後に...

いかがだったでしょうか。2018年までまだ2年近くありますが、楽しみですね、一泊いくらになるのかも見当が付きませんが、自分へのご褒美としてフランス国王や王妃になりきってみてください。

詳細情報

  • Place d'Armes, 78000 Versailles, France
  • +33 1 30 83 78 00

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Narikintonすーいすい水星人

このまとめ記事に関して報告する