• はてぶ
  • あとで
北海道をもっと遊びつくそう!道産子が教える「道東」エリアの魅力10選

北海道は国内人気トップの観光地のひとつですが、実は札幌、函館、小樽、旭川などの道南・道央エリアだけを訪れるひとがほとんど。もっと北海道の大自然を、文化を知ってほしい道産子(北海道出身者)の私がオススメするのが、北海道の「道東」エリアなんです!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「道東」ってどこ?

「道東」エリアとは一般的に北海道の東部、網走・十勝・釧路・根室支庁を合わせていうことが多いです。北海道の玄関口、札幌新千歳空港から移動に時間がかかるため、なかなか知られていない場所が多いのも特徴です。今回はあまり知られていないこのエリアの魅力をお伝えしたいと思います!

1.オホーツク海の大自然(網走市・紋別市・斜里町など)

毎年、アムール川河口からやってきた流氷がオホーツク海沿岸を埋め尽くします。氷の海の絶景を一目見ようと、世界中から多くの人が訪れる観光地です。ガリンコ号にのって迫力満点の流氷クルーズに繰り出すもよし、海岸から蜃気楼を観察するもよし。日本人なら一度は見ておきたい国内の絶景です。
流氷を砕きながら進む砕氷船「ガリンコ号」に乗れば、流氷に閉ざされた海の様子を間近でみることができます。
アザラシやキタキツネ、オオワシなどの動物が待っています!

北海道網走市南3条東

3.50 556

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2.世界自然遺産・知床(斜里町・羅臼町)

日本に4つしかない世界自然遺産の一つ、知床国立公園。「知床」の名はアイヌ語の"sir etok"(大地の突端)からきていますが、まさに日本の最北端の地と言って良いでしょう。

度々地上遊歩道付近にヒグマが出没し、利用が一時的にできなくなることもありますが、この高架木道ならいつでも安全に知床の自然を満喫できます。

知床の魅力の一つはその生態系の豊かさ、そしてその中に人間が入って間近に体験できることです。公園内には高架木道と地上遊歩道があり、安全に野生動物や景色を楽しむことができます(冬季は閉鎖)。これほど高確率でエゾシカやエゾリス、エゾヒグマを目の前で見られるなんて、北海道でもここだけではないでしょうか。今年のオープンは4月20日の予定です。
クマの分布密度が世界で最も高いと言われる知床。運が良ければヒグマに出会うこともできますが、もちろん高架木道から静かに観察しましょう。知床は彼らの家であることを忘れずに。入園前に、地上でクマにはちあわせしないためのレクチャーがあるのでご安心を。
公園内のもう一つの魅力は遊歩道から見られる知床五湖・知床連山の絶景です。天気に恵まれれば、こんなに綺麗に水面に映った連山の姿を楽しむことができます。まるでカナダや北欧の森のような景色ですね。
さらにもう一つ、知床の海の魅力です。知床の海はホエールウォッチングで有名ですが、マッコウクジラやイルカの他にも、こんな北海道ならではの動物たちに出会うことができるんです!
出典:www.youtube.com

シャチ!知床羅臼沖 世界遺産     本田 香川 - YouTube

この動画はAndroid搭載端末からアップロードされました。

シャチはアイヌの人たちから海の神様として大切にされてきた生き物のひとつです。他では絶対に見られない光景ですね。ちょっとこわい気もしますが...

3.本当の極寒体験(陸別町)

※写真はイメージです

日本で最も寒いまち、「陸別町」は道東エリアにあります。そして毎年2月に極寒の陸別町で開かれるのが「しばれフェスティバル」です。「しばれる」とは北海道・東北の方言で「寒い」という意味ですが、このお祭りでは「人間耐寒テスト」というちょっと恐ろしい響きのイベントが行われるんです。
かまくらの中で一晩過ごすというルール。ちょっと恐ろしすぎます。
陸別町の1月の平均最低は気温マイナス20.2℃という驚きの数字!1977年にはなんとマイナス35.5℃の記録が残っています。

4.アイヌ文化を知る(釧路市など)

北海道や東北などの地域の先住民族、アイヌ民族。アイヌの人々の文化が色濃く残るのも、忘れてはいけない「道東」エリアの魅了です。道東地名の地名の多くがアイヌ語由来のものであることからも道東民とアイヌ文化とのつながりの深さかがうかがえす。また阿寒湖温泉街にはアイヌの人々のコミュニティである「阿寒湖アイヌコタン」があり、彼らの文化をより深く知ることができます。
アイヌコタンのゲートはアイヌの神様の一つ、コタンコロカムイ(エゾシマフクロウ)のデザイン。
ユネスコ世界無形文化遺産に登録されたアイヌ民族の古式舞踊も鑑賞することができます。
出典:www.youtube.com

「イランカラプテ」キャンペーンPRムービー - YouTube

女性ヴォーカルグループ「マレウレウ」、高橋知事や著名人が歌うアイヌの伝統歌「ウポポ」とアイヌ文化を紹介するムービーをご覧ください。

現在、北海道ではアイヌ民族の文化保護の見直しがされていますが、「イランカラプテ・キャンペーン」もその一つ。

スポット詳細情報

activityjapanで見る

北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-19

3.13 782

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5.とにかくグルメ三昧!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

irankarapteイランカラプテ(こんにちは)!北海道生まれ北海道育ちの生粋の道産子が、北の大地の魅力をお伝えします!

このまとめ記事に関して報告する