• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
福島の美しい山「吾妻小富士」を登ってみましょう、グルメ処も紹介!

「吾妻小富士(あづまこふじ)」は吾妻連峰の一つ、観光道路の磐梯吾妻スカイラインの中間地点にあり、溶岩砂がおおう噴火口跡で火口壁まで登れる磐梯吾妻観光のポイントです。吾妻小富士と観光道路、そして周辺グルメの情報を紹介します。

このまとめ記事の目次

「吾妻小富士(あづまこふじ)」ってどこにあるのでしょうか?

福島といったら吾妻小富士の雪うさぎです。福島のシンボルです。毎年雪うさぎがキレイに見られる時期は異なるのですが、今日はフルーツラインからとてもくっきり望めました。

出典:www.jalan.net
福島県福島市にある標高1,707mの山で、吾妻連峰のひとつです。擂鉢状の大きな火口があって、麓の福島市側から見ると小型の富士山のように見えることからこの名が付いたそうです。春の雪解け時には「雪うさぎ」が現れます。

吾妻小富士は、磐梯吾妻スカイラインの中間地点にあります

磐梯吾妻スカイライラインは、高湯温泉と土湯峠を結ぶ全長29km、平均標高1350mの観光道路です。東日本大震災後に福島活性化のために暫定的に通行料が無料となりましたが、2013年7月25日から恒久的に無料開放されました。「日本の道100選」に選ばれています。

では、高湯温泉から吾妻小富士に向かって登って行きましょう!

ここが高湯温泉のひとつ、左の道路を登って行きます

この先の道路左右に温泉街が広がります。その先の高湯ゲート(冬季閉鎖)から磐梯吾妻スカイラインへ入ります。浄土平にかけては、「不動沢橋(つばくろ谷)」「天狗の庭」「かもしか坂」などの雄大な風景が続きながら高度を上げていきます。

「天狗の庭」から下界を眺めると!

高いところにいるというのがわかりますね。ここから約4~5分で「かもしか坂」、吾妻小富士が現れ、景色が激変するポイントです。

もうすぐ浄土平に到着です!

※筆者撮影

※筆者撮影

かもしか坂手前を登り切ると、突然に視界が広がり荒涼とした岩肌の地獄谷などが圧巻です(火山性ガスが発生しています)。このように、初夏の新緑や秋の紅葉で色の変化が楽しめる道路が磐梯吾妻スカイラインです。

吾妻小富士のある浄土平に着きました!

吾妻小富士の登山?の基地となる広い有料駐車場のある浄土平は1階に軽食や土産物、2階にレストランがあるレストハウスや、同じ敷地内に天文台も兼ねたビジターセンターがあります。

吾妻小富士の全景です!

磐梯スカイラインをドライブしていると途中にあるので、休憩しながら火山口周囲を歩きたいのですが、私が行く時はいつも強風でいつも断念してしまいます。

出典:www.jalan.net
この写真は一切経山から見た吾妻小富士ですが、真ん中のジグザグが登山道です。

吾妻小富士に登ってみましょう!

登山とは言っても磐梯吾妻スカイラインを通って車で来て、浄土平の駐車場から整備された階段を10数分登れば小学生でも楽々山頂に到達できるというお手軽さ。火口の稜線も一周約400メートルほどなので1時間もあればOK。

出典:www.jalan.net
この登山道、丸太と丸太の間が開いているので、けっこう足に負担がかかります。できればスニーカーなどを用意して行った方が良いと思います。登山に要する時間は15分もあれば大丈夫でしょう。

山の上に着きました!

※筆者撮影

※筆者撮影

浄土平駐車場から手軽に登山できる吾妻小富士。火口までの登山道は整備されていますがヒールのくつでは大変です。まわりに漂う硫黄のニオイが印象的でした。

出典:www.jalan.net
噴火口底は、このような感じです。明治時代頃まではここに水が溜まっていたそうです。なお、吾妻小富士は活火山なので、いつ噴火してもおかしくない状態にあるそうです。この場所は頂上でないので反対側の最も高いところを目指します。

お鉢めぐりができますので、火口を半周して最高地点を目指しましょう!

※筆者撮影

※筆者撮影

浄土平から歩いて登ることが出来ます。登山道は階段が続きますが、登り易かったような印象でちょっとしたハイキング感覚でした。ぽっかりとあいた噴火口の眺望はさすがに見応えがありました。周囲の眺望も絶景が広がり爽快でした。

出典:www.jalan.net
火口を一周(お鉢めぐり)する時間は約50分あれば十分です。登り方は、「時計回り」「反時計回り」の2通りありますが、時計回りの方が傾斜は比較的緩やかです。と言っても手で岩を掴んで登るところなどはあります。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Engosia (QUATTRO)来来亭
http://rairai-tei-fun.blog.jp/
食べ歩きまとめ
http://kasukabe-ramen.blog.jp/

このまとめ記事に関して報告する