• はてぶ
  • あとで
日本のハワイといえばここ!「八丈島」で過ごす週末南国旅行で夏を先取りしよう

日差しも強くなってきて夏の訪れを感じるようになってきましたが、梅雨入りを前に、まだまだ夏本番は遠そうです。夏を待ちきれないあなたにオススメなのが、週末だけの気軽なハワイ旅行です!といっても、「日本のハワイ」として知られる東京都内にある離島・八丈島だから、とっても気軽なんです!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

今年も夏が待ち遠しい!

GWも過ぎて本格的に暖かくなってきましたが、まだまだ夏本番は遠そうです。「早く夏の海や山で遊びたい!」そんなあなたにオススメなのが、週末で楽しめる気軽な南国旅行です。
しかもそれは東京都内!美しい海や大自然、グルメまで満喫できてしまう南国リゾートって一体どこでしょうか?

都内で「南国旅行」しちゃおう!

それがこちら、東京都の南約280kmに浮かぶ八丈島です。ふたつの火山によってできた八丈島は「常春の島」と呼ばれる温暖な島です。
22:30東京発のフェリーにのれば、翌日9:40に到着!金曜の夜出発すれば、翌朝には南国に到着です。フェリーではちゃんと休めるので、土曜日いっぱいあそんで、一泊して日曜朝発の便で帰るのがオススメです。
宿までの道も南国風!とっても気持ちが良いですね。高低差の大きい八丈島内での移動はレンタカーかタクシー、バスが便利です。
さながらハワイの大自然を思い起こさせる八丈の風景。向こうの山に見える橋からは美しいサンセットも望めます。永く「日本のハワイ」と称されてきたのもうなずけます!

日本のハワイ「八丈島」には魅力がいっぱい

【魅力①】ウミガメに会いに行く

八丈島の透明度抜群の海は、ウミガメをはじめとする豊かな生態系の宝庫です。関東のダイバーにとって、八丈島の豊かな地形と生物の多様性は、気軽に楽しめる離島の海として絶大な人気を誇っています。スクーバダイビングのライセンスを持っていない方でもシュノーケリングで八丈の海を満喫することができます。底土(そこど)海水浴場や乙千代ヶ浜(おっちょがはま)海水浴場で安全に海水浴を楽しみましょう!

【魅力②】トレッキングで大自然を満喫

登山口から1280段の階段を上ると八丈富士の火口に到着。島の絶景を楽しみながら火口を一周する「お鉢周り」が人気です。

【魅力③】絶景温泉でリラックス

島の観光に疲れたら、八丈島のどこまでも青い海を眺めながら天然温泉に浸かりましょう。露天風呂で絶景を楽しみながら、地元の方とのおしゃべりも楽しめます。

【魅力④】島グルメに舌鼓

八丈観光で外せないグルメが、島寿司(べっこう寿司)です。醤油ダレに付け込まれた白身魚をネタに、わさびの代わりにからしが使われているのが特徴です。

週末南国リゾートに出発!

まるでハワイの絶景が待っている、伊豆諸島の八丈島。気軽に行けるだけでなく、楽しみ方もたくさんあるんです!長いお休みが取れないあなた、今度の週末は八丈で南国気分を満喫してみてはいかがですか?

オススメの関連まとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

run_forrest_runアートとねことYouTubeが大好きな道産子ライター。

このまとめ記事に関して報告する