こんなプリン見たことない!神奈川で話題の“生プリン”って知ってる?

あなたの想像する“プリン”のイメージ覆します。プリンの上に生卵の黄身が乗っているという、今までに見たこともない見た目。今回はそんなプリン“生プリン”をご紹介します。 ※情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。 ※しょうゆ きゃふぇは移転しております。ご注意ください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

プリンといえばやっぱりこれ!

“プリン”ときいて思い浮かべるのはやはり、薄くカラメルがあるなめらかな食感が堪らないスイーツ。プッチンプリンを想像する人も多いのではないのでしょうか。
そんなプリンですが、神奈川県にはご当地プリントも言うべき少し変わったプリンが存在しているんです。

神奈川の観光スポット「エリスマン邸」

神奈川県・元町にあるエリスマン邸は、異国情緒あふれるおしゃれな洋館。周囲にも似たような洋館や自然が広がっていて、デートスポットとしても人気の観光スポットなんです。
外観だけでなく、もちろん内装もまるで外国に来たかのような気分を味わえる雰囲気が漂っています。そして、今回ご紹介したいプリンを提供しているカフェはこの建物内にあります。
その名も「しょうゆ きゃふぇ」。昔厨房が会った場所は喫茶店になっています。ガラス張りのテラス席もあり、美しい森林などを眺めながらのんびりとした時を過ごせます。

こんなの見たことない!今までにない“生プリン”

さあお待たせしました!こちらが今回ご紹介する“生プリン”です。まるでムースのようなブラマンジェの上には、カラメルソースに加えて生卵の黄身がのっています。
上に乗せる卵黄は、3〜4種類の品種から選べるとのこと。新鮮な卵を使っているからこそ成せる技ですよね。
食べ方としては、はじめから黄身を割って下のブラマンジェやカラメルと絡めて混ぜていただきます。混ぜてはじめて“プリン”として完成するのです。
生プリンには、静岡最高級の本山茶で作ったものやバラの花びらをあしらったローズ生プリンなどもあるんですよ。

他のメニューも充実♪

もちろん生プリン以外のメニューも充実しています。開店時間は10:00〜16:30と短いですが、デザートだけでなく食事をすることもできます。
牛フィレと一緒にいただくのはしょうゆパン。お店の名前の通り、生地に醤油を練り込み表面にも醤油が塗られている、お店こだわりのパンなのだとか。
桜えびを使ったかなり濃厚な味を楽しめるフィットチーネのパスタもあります。

“生のプリン”を味わいに行こう!

いかがでしたか?他では見たことない神奈川のご当地プリン「生プリン」。お洒落な建物エリスマン邸・しょうゆきゃふぇでしか味わえない、見た目もインパクト大の味です。ぜひ一度味わってみてくださいね♪

店舗情報

神奈川県横浜市中区元町1-30 フジタビル 2階

3.93 26240
  • ¥1,000〜¥1,999
  • ¥1,000〜¥1,999
※移転先

神奈川県横浜市中区元町1-30 フジタビル 2階

3.93 26240
  • ¥1,000〜¥1,999
  • ¥1,000〜¥1,999

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Beer人間っていいな

このまとめ記事に関して報告する