• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
あの名作はここで誕生したかも?日本の文豪が愛した“老舗温泉宿”7選

日本文学を代表する作品には温泉宿で生まれたものが数多く存在します。現実から離れた別世界に身を委ねることで、日本文学界の文豪たちは創作意欲をかきたてていたのかもしれません。そこで今回は文豪が愛した宿を紹介します。

このまとめ記事の目次

①福住楼【箱根温泉/神奈川県】/福沢諭吉・島崎藤村

神奈川県の箱根にある「福住楼」。創業は1890年で、120年の歴史を誇る老舗旅館です。福沢諭吉や島崎藤村などの文豪から日本画家の川合玉堂や映画俳優の阪東妻三郎などの多くの文人墨客が定宿にしてきた歴史ある宿なんです。
建物は国の登録有形文化財に指定されている数寄屋づくりの純日本旅館です。館内は創業当時からほとんど変わらないままに保たれており、歴史を感じさせる趣ある造りになっています。
温泉は露天風呂や岩風呂・家族風呂など種類も様々です。源泉かけ流しの温泉で、アルカリ性の柔らかい泉質だそうです。
和を基調とした広々としたお部屋でゆっくり休んだり、お部屋から外の景色を楽しむことで日々の疲れを癒やせます。文豪たちが思案を繰り返した部屋でのんびりしながら、小説を読むのもいいかもしれませんね。

詳細情報

bookingで見る 他の提供元を表示5件
  • 神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤74
  • 0460-85-5301

②ふなや(道後温泉/愛媛県)/夏目漱石・正岡子規

愛媛県の道後温泉にある「ふなや」。創業は江戸時代の寛永年間(1624年~1645年)とされており、380年の歴史を誇る現存する道後温泉最古の旅館です。当時から多くの著名人や文化人から憧れの的で、夏目漱石や正岡子規もその1人だったそうです。
ふなやの庭は自然であふれており、四季折々の美しさが楽しめます。足湯や渓流もあり、湯上りの火照った体を冷まして涼んでいる方も多くいるそうです。
お風呂は檜湯と御影湯、そして足湯やエステも楽しむことができます。道後温泉は日本でも有数の温泉地であるため湯治には最適の場所です。
お部屋は和室と和洋室、さらにスイートの中から選ぶことができます。中にはラウンジがついているものや、美しい庭を楽しむことができるお部屋など様々な種類のお部屋あります。

詳細情報

bookingで見る 他の提供元を表示10件
  • 愛媛県松山市道後湯之町1-33 道後温泉ふなや
  • 089-947-0278

③三木屋【城崎温泉/兵庫県】/志賀直哉

兵庫県の城崎温泉にある「三木屋」。創業は江戸時代の宝永年間とされており、300年以上の歴史を誇る老舗旅館です。白樺派と呼ばれていた文豪たちが多く宿泊し、中でも志賀直哉はこの旅館での体験を『城の崎にて』という小説で書き表したそうです。
2013年11月にリニューアルオープンしたので館内はかなり綺麗でモダンな印象になりましたが、当時の面影を感じさせるところはなくなっておらず、歴史と現代が共存している泊まりやすい宿です。
城崎温泉といえば、外湯巡りが有名ですが三木屋の中にあるお風呂もとっても素敵です。外湯をめぐって疲れたり、夜遅くなどは旅館のお風呂を楽しむことができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Narikintonすーいすい水星人

このまとめ記事に関して報告する