• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
世界でたった2つだけ!美しすぎる“モネの庭”が高知県に存在した

モネの絵の世界へようこそ。高知県に行ったら必ず訪れたい観光スポットが"北川村「モネの庭」マルモッタン"。かの有名な印象派の画家クロード・モネが描いた絵の世界が完全に再現されたお庭です。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

※2016年5月19日発生の火災によりカフェ・手づくり工房の営業再開は未定となっています。

かの有名なクロード・モネの”庭”

モネは、1883年からパリの美しい村ジヴェルニーに移住し、ここに家を建て、庭を造成します。家の前には色とりどりの花が咲き乱れる"花の庭"を造り、家の敷地の道路を隔てた隣の土地には「水の庭」を造りました。
"水の庭"には、池を作り睡蓮を植え、池の上にはモネは好きだった日本の浮世絵に描かれたような日本風の太鼓橋が架けました。
実はこのモネの庭が日本にも存在していたことをご存知ですか?今回は知る人ぞ知る、高知県の「モネの庭」をご紹介。あまりの美しさに圧倒されるはずです!

”モネの庭”が高知に実在する?

県東部の北川村にある”北川村『モネの庭』マルモッタン”は画家クロード・モネが愛した庭を再現した世界に2つしかない庭園です。
実はフランス国外で”モネの庭”という名称が許可されているのはここだけ。モネの庭の名に恥じない完成度です。

ため息が出るほど美しい…

ため息が出るほどの美しさ。カメラのレンズを熱心に向ける人や、キャンバスを広げ写生をする人など、思い思いにモネの世界を楽しんでいるようです。
モネの作品で最も有名なのが”睡蓮”でしょう。その世界が広がっているのが”水の庭”です。
色とりどりの花と新緑の緑がとても美しい景色を織りなしています。まるで絵画そのものの世界のようですね。

ここは現実か絵の中の世界か

この庭とモネの絵画を見ていると、ここは絵の中の世界なのではないかという錯覚に陥るほど。なんだか不思議な気分になれる庭です。
高知県の小さな村がつくりあげた”世界に2つしかない庭”。一度足を運べば、きっと誰もがその魅力に心を動かされることでしょう。

”モネの池”を見に行こう。

モネの絵の世界へようこそ。高知県に行ったら必ず訪れたい観光スポットが"北川村「モネの庭」マルモッタン"。あなたも行ってみたくなったことでしょう。

詳細情報

  • 高知県安芸郡北川村野友甲1100
  • 0887-32-1233

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する