• はてぶ
  • あとで
実は冬より夏がおすすめ!今年の夏は”白川郷"でのんびり過ごさない?

この夏のおでかけにぴったり。白川郷は岐阜県北部の山奥にある集落です。ここは集落全体が世界遺産とされています。冬の雪のイメージが強いですが、夏も非常に綺麗なところです。今回は白川郷の夏の魅力をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「白川郷」って冬のイメージ…

岐阜県北部にある「白川郷」は、日本人だけではなく、海外でも観光スポットとして注目を浴びているホットな場所です。そして、「白川郷」といえば冬をイメージする人が多いかと思います。冬の晴れた日の空の青色と雪の白色のコントラストが最高に美しいです。

”夏の白川郷”がいいんです

そんな冬のイメージばかりが強い白川郷ですが、実は夏も魅力的!雪の白化粧された景色とは違った美しい光景が広がっています。写真を見て分かるように、緑が美しい白川郷。今回は“夏の白川郷”の魅力を紐解いていきたいと思います。

【夏の白川郷の魅力①】白川郷の新緑は美しい

夏の白川郷の魅力はなんといっても自然が美しいことです。冬は感じることのできない生命の息吹をいっぱいに感じることができます。周囲の山も、田んぼも全てがハッとするような鮮やかな緑色に包まれます。
縁側に腰掛け、新緑の生命力を感じてホッと一息。日陰で夏の空気と歴史にをゆったりと身を委ねるのも良いですね。耳をすませば虫の鳴く声や水のせせらぎなどが聞こえてくるかもしれません。日々の忙しさから解放される一時です。

【夏の白川郷の魅力②】季節の花々が楽しめる

白川郷周辺の地域はとにかく自然が豊かです。そのため四季折々、季節の花を楽しむことができます。夏真っ盛りには夏の象徴的な花、ひまわりが大輪を開かせる姿を見られるかもしれません。黄色が眩しいですよね。
そして、夏から秋にかけて咲くコスモス。田んぼと茅葺屋根とコスモスと。これぞ日本の原風景ですね。心が自然と安らぎます。秋に入るとコスモスとススキ、稲が風に揺られる姿も見ることができます。

【夏の白川郷の魅力③】夏だからこそ美味いグルメ

まずご紹介するのは、白川郷周辺の雪解け水をつかった「白川郷サイダー」。白川郷に照りつける夏太陽のもとで飲むサイダーは最高です。帰りのバスの待ち時間に、冷たいサイダーで身体の火照りを落ち着けることができますよ。
続いてご紹介するのは、「白川郷あいす工房与ぜ」のジェラート。飛騨牛乳のミルクや、どぶろく、とちのみ味など様々な種類を楽しむことができます。冷たくてまろやかなジェラート、暑い夏には最高のスイーツですよね。

詳細情報

3.07 01

そうだ、夏の白川郷に行こう

この夏のおでかけにぴったり。白川郷は冬の雪のイメージが強いですが、夏も非常に綺麗なところです。今回は白川郷の夏の魅力をご紹介しました。ぜひ夏の白川郷へ行ってみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する