• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
建築の聖地!ヴィトラ・デザインミュージアムって知ってる?

スイス、バーゼルの近郊にあるVitra Design Museumという美術館をご存知でしょうか。実はここ、ファンの間では建築の聖地とも呼ばれる場所なのです!今や超一流建築家として名を馳せている錚々たるメンツの作品がなぜかここに集結。人気建築家たちが同じ敷地内に作品を作るというのは他に例を見ません!また、この美術館、世界の椅子美術館としても有名で、100を超える世界のマスターピースに出会うことができます!建築やデザインに興味がある人なら行きたくなること間違い無しです!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

キャンパス内はあの有名な建築家の作品ばかり

フランク・ゲーリー、ヘルツォーク&ド・ムーロン、ザハ・ハディド、サナア、安藤忠雄と建築ファンなら知らない人はいない有名建築家の作品がずらり。広大な敷地は、現役の工場。その周囲に天才たちの作品がずらりと並ぶ。

Vitra Design Museum / Frank Gehry 1989

何と言ってもこの建物抜きには語れない。ヴィトラキャンパスに入ってまず目につくゆがんだ曲線が異彩を放つこの建物。ヴィトラ社の当時社長フェルバウムの熱烈なラブコールを受け、ゲーリー初のヨーロッパでの作品となった。特別展などが年中開催しています。

VitraHaus / Herzog & de Meuron 2010

ショップやカフェも併設されており、世界の名具に囲まれてゆったりとした時間を過ごすことができます。世界中の椅子がコレクションされており、しかも現在も椅子を製造販売まで行っている。イームスチェアなど有名な椅子がずらり!

Conference Pavilion / Tadao Ando 1993

日本で最も有名と言っても過言ではない建築家、安藤忠雄の作品。美しいコンクリートの壁、周辺環境との調和を追求した安藤建築はヨーロッパでも圧倒的な人気を誇っています。
桜とのコラボも見応え満点です。

Fire Station / Zaha Hadid 1993

今は亡きザハ・ハディドの処女作。当時新鋭建築家であったハディドであったが、作品が新鋭すぎて実現できないとまで言われた斬新なデザイン。デビュー作とは思えない圧巻の外装と内装も必見です。

Factory Building / SANAA 2012

妹島和世と西沢立衛によって設立された建築事務所SANAAが手がけたロジスティックセンター。直径160メートルもある円形の建物は現役の工場として稼働中。金沢21世紀美術館を建築したことで美術館の新たな設計を示したSANAAですが、この工場とは思えないシンプルで、かつよく見ると波を打った壁面が無機質なものに有機性を与えている。

Vitra Campusという敷地内には、実際に椅子を製造する工場があります。世界各地へ家具を発送するための工場がまた斬新すぎる! 

工場内は、ガイド付きのツアーに参加すると見学ができます!2時間たっぷり建築の解説付きのツアーは、専門知識のない旅行者にもかなりおすすめです!

Factory Buildings / Nicholas Grimshaw 1981 / 1983

実は椅子美術館!!世界のマスターピースが見るだけじゃなく買えちゃう!

普段何気なく座っていた椅子も、実は有名なデザイナーのものだった!?どこかで見たことのあるあの椅子も見つかるかもしれません!
椅子の歴史に触れながらデザインの変遷を学ぶこともできます!

Organic Arm Chair / Eames & Saarinen

実際に、触って、座って その確かな機能性と生活感を味わえるのもこの美術館の魅力!

Marshmallow George Nelson

Lounge Chair and Ottoman / Charles and Ray Eames

Panton-Chair / Verner Panton

Wiggle Side Chiar / Gehry

デザイン好きにはたまらないインテリア

建物の中はいくつものモデルルームのような空間になっていて、実際にマスターピースとくつろぐことができます。見るだけじゃない、実際に使ってわかるデザインのこだわりを感じてみてください!

Sunflower Clock / Nelson

Eames Elephant / Eames

Vitra Design Museumへの行き方

バーゼル近郊に位置するこの美術館。実は国境を越えたドイツのWeil am Rhein(ヴァイル・アム・ライン)という街にあります。ちょっとわかりにくいので、行き方も確認しておきましょう!
▼スイス、バーゼルから
Bad Basel駅(ドイツ側の駅)前から55番線。1時間に2本。所要時間約20分。
▼ドイツ、フライブルグから
DB(ドイツ鉄道)で、RE快速バーゼル行き。1時間1本。所要時間1時間。
Bad Basel駅の一つ手前、Weil am Main駅で降車。駅前広場まで歩き、55番バスに乗車し、4つ目のVitraで降車。
もしくは、Basel Bad駅まで行って、同じく55番線に乗車しても良い。

実は街ごと椅子の街!

田舎町Weil am Rhein(ヴェイル・アム・ライン)の人たちにとっても誇りであるVitra社。椅子の街として栄えたこの街にはあちこちに世界の名作椅子が展示されており、散歩しながら椅子巡りをすることもできます。現在街の中にモニュメントとして存在する椅子、その数21脚!!
インフォメーションセンターで地図をもらって、散歩に出かけてみてはいかがでしょう!
美術館というとちょっと硬いイメージですが、生活の一部になっているインテリアのデザインを知るとそれだけで楽しくなっちゃいます。
デザイン好きの皆さん、是非一度足を運んでみてください!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

aki514初めて旅をしたインドの衝撃が人生を変えた。バックパッカーをしながら多くの人に出会い、旅と写真の魅力にのめり込む。現在は学位取得のためドイツに留学中。人間が作り出した文化の違いをより多くの人に伝えたい。

このまとめ記事に関して報告する