• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【銀座のできたてホテルを体験!】東京・銀座 おすすめの最新モダンホテル 5選《2016》

観光やビジネス、自分へのご褒美に、できたてのホテルで過ごす東京・銀座のおしゃれな休日はいかがでしょうか? 新しいホテルは得した気分になりますよね。銀座の新規開業ホテルからデザイナーズホテルまでおすすめをセレクト♪ぜひオープンしたての新しいお部屋で、のんびりと素敵な休日をお過ごし下さい。

このまとめ記事の目次

ホテル東急ステイ銀座

jp.hotels.com
東急系列の「東急ステイ」ブランドの最新ホテル。
地上15階建て。1階にカフェ、2階にラウンジがあります。
「銀座」駅A7出口より徒歩3分、「東銀座」駅A2出口より徒歩1分。

レセプションの右側には自動チェックイン機を設置。予約していた部屋のタイプから、自分でフロアや客室を指定できるとのこと。飛行機の座席予約のようで、嬉しいシステムですね。
jp.hotels.com
スーペリアツインの客室。
モダンで落ち着いたインテリア。オープンの棚もあり、使い勝手も良さそうです。
jp.hotels.com
「東急ステイ」の特徴は、滞在型の設備を備えていること。
洗濯乾燥機と電子レンジを標準仕様とし(※一部例外あり)、タイプによってはミニキッチンも付いています。中・長期の滞在にはとても助かりますね。パンツプレス機もビルトインされています。

客室は191室。シングルルームからエグゼクティブダブルまで5種類のお部屋を用意しています。
【開業年】2016年3月
【価格帯】¥10,000前後〜
【住所】東京都中央区銀座4-10-5
【電話】03-3541-0109

ホテルユニゾ銀座1丁目

jp.hotels.com
興和不動産と常和グループが手掛けるハイグレードビジネスホテルブランド。
地上12階、地下1階。白で統一されたエントランスが壮観です。
地下鉄「銀座一丁目」駅10番出口より徒歩1分、「銀座」駅徒歩5分。

宿泊階のみ停止するエレベーターシステムや、セキュリティ付WiFIなどセキュリティも考慮。また12階はレディースフロアとし、専用ラウンジも備えているそう。女性には安心ですね。
jp.hotels.com
ツインルームの客室です。
濃い色味でコーディネートされていて、落ち着いた大人な雰囲気ですね。
jp.hotels.com
1Fには、地中海料理&BAR「バール・ドンピエール・トゥット・フェリーチェ」が入ります。朝食は宿泊者のみ利用できますので、ゆったりと時間を過ごせそうですね。

総客室数は306室(シングル116室、ダブル166室、ツイン23室)。
【開業年】2015年1月
【価格帯】¥10,000前後〜
【住所】東京都中央区銀座一丁目9番5号
【電話】03-3562-8212
2016年6月には、同系列の「ホテルユニゾ7丁目」がオープン予定。
こちらもチェックしてみて下さい♪

三井ガーデンホテル京橋

agoda.com
「記憶に残るホテル」がコンセプトの三井系列のホテルブランド。
地上15階建て、2階にロビーとレストランを設けます。
JR「東京」駅八重洲中央口より徒歩5分。地下鉄「京橋」駅7番出口より徒歩2分。「宝町」「銀座一丁目」「日本橋」駅徒歩5分。
モデレートツインの客室。
パープルをキーカーラーにしており、非常にモダンなインテリアです。窓辺のソファも気持ちよさそうですね。
枕はオリジナルを用意し、マットレスは全米ホテルベッドシェア№1の「サータ」を導入するなど、睡眠にもこだわった客室づくりをしています。
総客室数は233室。コンフォートやデラックスツインなど、8タイプの客室を用意しています。
【開業年】2016年9月
【価格帯】¥15,000前後〜
【住所】東京都中央区京橋1-3-6
【電話】03-3231-3131

ダイワロイネットホテル銀座

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

designX旅と日常にデザインを。

このまとめ記事に関して報告する