• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
京都観光に最適な一日乗車券ってどんなあるの?調べてみました5選

電車、バスなどの一日乗車券ってありますが、これで、京都観光がいろいろ出来たらお得ですよね。そこで、京都観光で最適な一日乗車券ってどんなものがあるか探ってみました。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

一日乗車券の種類は

京都観光の最適な一日乗車券を見つけるには、まず、一日乗車券にどんなものがあるのかさぐりましょう。どうやら大きく分けると、電車やバスが一日、何回でも乗り放題というものとその観光地を目的としたその場所までのバス、電車が乗り放題という二種類があるようです。

1.京都のバスの一日乗車券「市バス・京都バス一日乗車券カード」

京都観光で一番利用するのが、京都市営バスと京都バスです。その京都市営バス・京都バスの均一運賃区間が1日乗り放題になる乗車券が「市バス・京都バス一日乗車券カード」です。料金500円で一日乗り放題です。通常パスに2回乗ると230円×2回=460円ですが、3回乗ると230円×3回=690円。「市バス・京都バス一日乗車券カード」は均一運賃区間内(230円)であれば何度乗っても500円になるんだとか。3回以上乗る方にとってはとってもお得なカードとなっていますよ。

基本情報

【名称】市バス・京都バス一日乗車券カード
【発売額】大人500円(小児250円)
【販売期間】通年
【有効区間】利用可能範囲外の主な観光施設、大原方面(三千院・寂光院など)、高雄方面(神護寺など)、貴船・鞍馬方面(貴船神社・鞍馬寺など)
【発売場所】市バス・地下鉄案内所、市バス営業所、地下鉄各駅窓口、定期券発売所、市バス車内※市バスは売り切れの場合あり
【特典】弥栄会館ギオンコーナー・京都水族館・よしもと祇園花月で優待割引※弥栄会館ギオンコーナーは大人券のみ

2.市営地下鉄の一日乗車券

市営地下鉄1dayフリーチケット

こういったタイプのチケットは3回乗ると元が取れる計算になっているものが多く、往復だけであれば普通に乗った方が安いケースの方が多くあります。ですが、チケットは区間によっては往復するだけですでにお得になるのでぜひ購入をおすすめしますよ。
昔の京都観光は、市電がメインでしたが、今は、市営地下鉄です。市営地下鉄の一日乗車券もいろいろ種類があります。単独での乗り放題のチケットや観光別の一日乗車券があります。行き場所を一つに絞っているなら観光別の一日乗車券がお得でしょう。
【名称】市営地下鉄1dayフリーチケット
【内容】京都市営地下鉄全線が1日乗り放題
【発売額】大人600円、小児300円
【有効区間】京都市営地下鉄全線、(烏丸線、東西線)
【発売場所】地下鉄各駅窓口、市バス・地下鉄案内所、定期券発売所

京都地下鉄・嵐電1dayチケット

京都市営地下鉄全線と嵐電(京福電車)全線が1日乗り放題になったりと便利でオトクなチケットなんです。チケット1枚で京都の東西南北はスムーズに移動することができるので感呼応名所が集まる両沿線を満喫してみてくださいね。
【名称】京都地下鉄・嵐電1dayチケット
【内容】京都市営地下鉄全線と嵐電(京福電車)全線が1日乗り放題
【発売額】1,000円(大人のみ)
【発売期間】平成28年4月1日(金曜日)~平成29年3月31日(金曜日)まで
【有効区間】京都市営地下鉄全線、嵐電(京福電車)全線、ケーブル・ロープウェイを除く
【発売所】地下鉄各駅窓口、市バス・地下鉄案内所、定期券発売所、嵐電(京福電車)各駅

京都地下鉄・京阪大津線1dayチケット

【名称】京都地下鉄・京阪大津線1dayチケット
【内容】京都市営地下鉄全線と京阪電車大津線が1日乗り放題
【発売額】1,100円(大人のみ)
【発売期間】平成28年4月1日(金曜日)~平成29年3月31日(金曜日)まで
【有効区間】京都市営地下鉄全線、京阪電車大津線全線、京津線(御陵から浜大津)、石山坂本線(石山寺から坂本)
【発売場所】地下鉄各駅窓口、市バス・地下鉄案内所、定期券発売所、京阪電車大津線各駅及び三条駅、琵琶湖ホテル、京都タワーホテル、京都センチュリーホテルなど

奈良・斑鳩1dayチケット

【名称】奈良・斑鳩1dayチケット
【内容】京都市営地下鉄沿線から奈良観光にお得なチケット
【発売額】1,630円(大人のみ)
【発売期間】平成28年4月1日(金曜日)から平成29年3月31日(金曜日)まで
【有効区間】京都市営地下鉄全線、近鉄電車(奈良線・京都線・生駒ケーブルおよびけいはんな線・橿原線の一部)、奈良交通バス(奈良・斑鳩・西の京地区の指定区間)
【発売場所】地下鉄各駅の窓口、市バス・地下鉄案内所、定期券発売所

3.京都観光一日(二日)乗車券

京都観光するのにバスだけでは物足りないという方には、市営地下鉄とバスが組み合わさった「京都観光一日(二日)乗車券」がお得です。京都市営バス・地下鉄全線と京都バスのほとんどの路線が一日または連続二日間乗り放題です。優待施設も付いています。

基本情報

【名称】京都観光一日(二日)乗車券
【内容】京都市バス全線、市営地下鉄全線、京都バス(一部路線を除く)に1日または連続2日間有効
【発売額】一日乗車券大人1,200円、小児600円、二日乗車券大人2,000円、小児 1,000円
【発売期間】通年
【有効区間】京都市バス全線、京都市営地下鉄全線(烏丸線・東西線)、京都バス(限定範囲内の路線(ただし,比叡山線・季節運行路線は除く))
【発売所】地下鉄駅券売機、市バス営業所、市バス・地下鉄案内所、京都バスの営業所など
【優待施設】優待施設は京都市内の寺社・観光施設など約60箇所あり、付属のガイドマップに記載

4.私鉄の一日乗車券

京都観光ではやはり京都外から来る場合がほとんどですが、そういう方に京都に乗り入れていいる鉄道会社も一日乗車券を発売しています。京都に来る場合は、利用するとお得です。

近畿日本鉄道(近鉄)の「京めぐり1日フリーきっぷ」

地下鉄・市バスの路線図と京都市内の観光地の優待クーポン券のついたガイドマップがセットになっています。近鉄の奈良方面から京都観光に行くのにお得な一日乗車券です。特急には別料金を払えば乗ることが可能です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する