• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
訪れた人々を魅了する!「シンガポール動物園」が世界一美しいと話題に

シンガポール動物園が「世界一美しい動物園」と称えられていることをご存知でしたか?北海道の旭山動物園も参考にしたとされる動物園の手本でもあるシンガポール動物園は果たしてどんな魅力があるのでしょうか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

それは世界一美しい動物園!

市内中心部から車でおよそ30分のところにあるシンガポール動物園は、「世界一美しい動物園」と言われています。熱帯雨林気候の特徴を十分に生かした園内には、非常に広く、270種類以上の動物たちがいます。
「世界一美しい」と評されているのは、「檻がない」からです。檻ではなく植物や川、湖などで仕切ることで、暑いシンガポールの気候を活かして生きている熱帯植物の自然の中で生き生きと暮らしています。動物によっては本当に触れられるほど近くに行くことができます。
ぴーちゃん@yukarin0071
過去pic シンガポール 動物園 ホワイトタイガー(「・ω・)「 ガオー かっこいー♡ おやすみなさい✨ https://t.co/IjW5t47dcL

2016-05-19

シンガポール動物園の隣にはシンガポールの名物でもあるナイトサファリがあります。夜のみ開園し、動物の夜の行動を見ることができるので、世界的にも珍しく貴重な動物園です。

シンガポール動物園の魅力!

シンガポール動物園の魅力は檻がなく、のびのびと生きている動物を見ることだけではないんです。そんな数ある魅力をご紹介します。

日本で見られない珍動物!

世界4大珍獣「コビトカバ」の赤ん坊や、なんだか可愛らしい「テングザル」など日本では中ならお目にかからない珍しい動物がたくさんいます。実はこんな動物もいたのか、と勉強にもなりますね。

動物と過ごしながら食べる朝食!

動物園の入り口付近にある「アーメンテラス」というところでオランウータンと食事をすることができます。なかなか日常では経験できませんよね。興味を持った方はあらかじめ予約をしておいたほうがいいですね。

象の背中に乗って散歩!

エレファント・ライドのコーナーに行くと、ゾウに乗って敷地を周遊することができます。これもまた日常では体験できませんし、ゾウに乗ったら東南アジアに来たと身をもって実感できますよね。

実際に訪れた人の感想。

実際にシンガポール動物園を訪れた方々はどうだったのでしょうか?ご意見、ご感想を見てみましょう。

檻がない場所も多いのでこんなところにも動物が!!といった事も多々あり、間近で動物を観察出来るのも魅力です。

出典:www.tripadvisor.jp

真っ暗なのでしっかり動物が見えませんが、カメラを諦めて肉眼で探すのもまた一興♪自然の中を歩いて回るコースもあり、それはもう冒険気分です♪

出典:www.tripadvisor.jp
間近で動物を見ることができるのはポイントが高いですね!ナイトサファリもレンズ越しではなく肉眼で楽しもうという気持ちになれるところが魅力的と言えるでしょう。

日曜日ということもあり、地元の方々が子連れでたくさんいらっしゃり、チケットを買うだけで20~30分待ちました。

出典:www.tripadvisor.jp
混雑を避けるならば、なるべく平日に訪れた方が良さそうですね。

訪れる際の注意点!

そんな老若男女が楽しむことができるシンガポール動物園ですが、いろいろ注意点があります。ぜひシンガポール動物園へ訪れる際には参考にしてくださいね。

時間がかかってしまう!

シンガポール動物園は敷地がかなり広いので、徒歩でまわれば駆け足でもおよそ3時間はかかってしまいます。徒歩とトラムを組み合わせて利用すれば効率良く見て回ることができます。

常夏の国ならではの悩み!

シンガポールは赤道に近いが故、非常に暑いです。常夏の国では当たり前ですが日中の屋外はとても暑いです。事前に対策などをして熱中症に気をつけてくださいね。

夜だから仕方ないけれど。

ナイトサファリに参加する際、夜に行われるだけあって本当に暗いので写真を撮りにくいです。以前ナイトサファリへ訪れた友人に話を伺ったところ、暗くてほぼ見えなかったそうです。しかしフラッシュ撮影禁止なので写真撮影は厳しいです。覚悟していってくださいね。

あなたもきっと虜になる!

いかがでしたか?シンガポール動物園でしかできない体験などがたくさんありましたね。きっとあなたもシンガポール動物園の虜になるでしょう。ぜひシンガポールへ訪れた際には、動物園も立ち寄ってみてくださいね。

詳細情報

guruyakuで見る
  • 80 Mandai Lake Rd, Singapore
  • +6562693411

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

mm_711たぴおかに目がない

このまとめ記事に関して報告する