• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
旅×本!読んだら思わず旅に出かけたくなるおすすめ本5選

旅に出てみたい。だけどそんな勇気がないという方はいらっしゃると思います。しかし、世の中にはそんな方々の背中を押してくれる本があるんです。そこで、読んだら思わず旅に出かけたくなるおすすめ本を5つご紹介します。

このまとめ記事の目次

① 虹の岬の喫茶店 / 森沢明夫

初めにご紹介するのは、”虹の岬の喫茶店”です。虹の岬の喫茶店は、小説家の森沢明夫によって執筆された小説です。
虹の岬の喫茶店は小さな岬の先端にある喫茶店を経営しているおばあさんと、そこにやってくる心に傷を抱えた人々との出会いを描いた疲れた心に寄り添う、癒し小説です。2014年には、映画化もされました。
写真は実際にドラマの撮影に使われたロケ地です。ロケ地は、千葉県安房郡の鋸南町にあります。こんな素敵な場所は是非一度訪れてみたいです。

② しあわせのパン / 三島有紀子

続いてご紹介するのは、”しあわせのパン”です。しあわせのパンは、映画監督、脚本家の三島有紀子によって執筆されました。
しあわせのパンは、北海道の洞爺湖の畔でパンカフェを営む夫婦と、そこに訪れる客たちとのふれあいを描いた小説です。2012年には、原田知世、大泉洋のダブル主演で映画化されました。
撮影は、北海道洞爺町・月浦にある洞爺湖のほとりで行われました。湖周辺には温泉街があり、彫刻公園や絶品グルメなど、大人も子供も楽しめるスポットがたくさんあるのでお勧めです!

③ アルケミストー夢を旅した少年 / パウロ・コエーリョ

続いてご紹介するのは、”アルケミストー夢を旅した少年”です。アルケミストー夢を旅した少年は、パウロ・コエーリョによって執筆された小説です。
アルケミストー夢を旅した少年は、羊使いのサンチャゴが、彼を待つ宝が隠されているという夢を信じて、アフリカの砂漠を越えピラミッドを目指すという物語です。
アルケミストー夢を旅した少年は、47ヵ国で発売され、全世界で1000万部の大ベストセラー小説です。ぜひ一度、世界中で愛される夢と勇気の物語を読んでみてください!

④ ガンジス河でバタフライ / たかのてるこ

続いてご紹介するのは、”ガンジス河でバタフライ”です。ガンジス河でバタフライは、エッセイストのたかのてるこによって執筆されたエッセイです。
ガンジス河でバタフライは、ふとしたきっかけで平凡な女子大生の高野てるこがインドで一人旅をし、さまざまな体験をする物語です。
2007年には、名古屋テレビ放送で、長澤 まさみ主演でテレビドラマ化された、人気エッセイです。ぜひ、この心躍るエッセイを読んでみてください!

⑤ 深夜特急 / 沢木耕太郎

最後にご紹介するのは、”深夜特急”です。深夜特急は、作家の沢木耕太郎による紀行小説で、1986年5月に1巻と2巻、1992年10月に最終巻が発売されました。
深夜特急は、インドのデリーから、イギリスのロンドンまでを、バスだけを使って一人旅をする日本人の物語で、筆者自身の旅行体験に基づいていて書かれています。
1996年ー1998年には、劇的紀行 深夜特急として、大沢たかおの主演で名古屋テレビ制作・テレビ朝日系列でテレビドラマ化されました。バックパッカーのバイブルと呼ばれるこの作品をぜひ読んでみてください!

心躍る本を読んで旅に出よう!

いかがでしたか?今回紹介した本はどれも心躍るような気持ちにさせてくれる本ばかりです。読んでみたいと思った方はぜひ、読んで旅に出てみてください!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する